2010/4/25

ランニングアドバイザーとしてRun、前橋シティマラソン  2009-2010マラソン大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示します練習不足だし、年度末からのバタバタで疲れも溜まっているし、さらには午後に開かれるクラブの総会のことで頭が一杯で、まったく戦闘態勢に入っていない今回
戦闘態勢どころか、走る気まったくなし…
ってなことを思いつつ、師匠:山西哲郎先生のいるランニング相談ブースに脚を運ぶと目に飛び込んできた「ランニングアドバイザー」のゼッケン
冗談半分に「これ着て走るかなぁ〜」と呟くと「お願いします!」といつもながらのあっけらかんと言い放つ“アミノバリューランニングクラブin群馬”事務局のスズキさん
でも、何しながら走るの???
テキトーに声掛けながら走ってください! とのことで、面白半分に引き受けてみました

設定ペースは5分/km、ゴールタイムは1時間45分30秒

スタート時から、結構声を掛けていただいて、大体5分位のペースで行きま〜す
でも、スタート〜3km位までは、混んでいて思うようにペースが安定しません
今回から、種目別のスタート時間の変更に伴いコース幅が半分となってしまいました

3km過ぎからやっと本来のペースに
4kmからの上毛大橋の登りでは、喘ぐ参加者に「もう少しですョ〜」その後の下りでは「調子に乗り過ぎないようにね〜」「今キロ5分位のペースで走ってま〜す」11km過ぎから15kmの折返しまでは「ここが正念場、折り返せば下りです!」などと声を掛けながら走ります

折返しを過ぎてからは、追いついたランナーさんに「今、1時間46分位のゴールタイムで走ってます!」と声を掛けます
その声に奮起し、ついてくる多くのランナーさん
ゴール後の皆さんの笑顔は、前橋の陽射しに負けず劣らずの眩しさでした!

いやぁ〜 ランニングアドバイザーとしての仕事ができたかどうかは?ですが、周辺のランナーさん、スタッフの皆さん、応援の皆さんと楽しく交流ができました

キロ4分30秒、キロ5分、キロ6分ペース位にアドバイザーを置くというのも、面白いかも知れませんね

以下、1km毎のスプリットタイムです

号砲〜スタートライン:1分00秒
1km:?
2km:5分15秒/km
3km:5分56秒
4km:4分55秒
5km:5分10秒
6km:4分56秒
7km:4分56秒
8km:4分52秒
9km:4分51秒
10km:4分49秒
11km:4分55秒
12km:4分57秒
13km:?
14km:4分50秒/km
15km:4分53秒
16km:4分48秒
17km:4分47秒
18km:4分47秒
19km:4分49秒
20km:4分41秒
ゴール:4分52秒/km ゴールタイム:1時間45分31秒

運営スタッフの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、そして参加者、応援の皆さん、楽しい一日をありがとうございました

以降、雑感です
今回から12kmから10kmのコース変更に伴いはじめての試みがりました
・10kmコースでは名物「上毛大橋の登坂」がなくなっていまい単調になってしまったとの声を多く耳にした(恐らく産業道路の交通規制の問題からだとは思うのですが…)
・上のことで、市民の応援が少なく淋しい、一方で昨年まではハーフしか見ることができなかった「八木節」の応援を見る事が出来てパワーを貰った
・10kmとハーフのスタート時間の間隔が10分しかなく、スタート前の整列で混乱が見られた
・市民ランナーとしてはさほど遅くもない10kmの走者にハーフの速い走者が、チョッと遅い10kmの走者にやや速いハーフの走者が、追いついてしまう
・上のことで、4km手前の分岐点(10kmは直進、ハーフは右折)の直前に給水所が設置してあり、双方の走者が左に寄ることで直進する10kmの走者の左側から前方も巻くようにハーフの走者が右折する事態が発生し、転倒事故にもなりかねない
・出展している業者さんのお買得商品の品揃えがいまひとつ(最近のランニングブームで売残りが減ったのか?)

今回ははじめてなので、想定していなかったことが他にも起きたのではないでしょうか?
全体的には、参加人数が多い割にはホスピタリティに溢れた運営がされていると感じます
ゲストランナーに、地元出身の時の人を呼ぶなど、群馬ならではの良い天気も手伝い、暖かかさの伝わってくる大会だと思います
素晴らしい景観にも恵まれ、楽しく走ることができます

チョッと生意気なことを書きましたが、楽しませていただいた関係者の皆さんには、深く感謝申し上げます
もちろん、来年も参加しますョ!


0

2010/1/31

復活! 若潮マラソン  2009-2010マラソン大会参戦記

ポカポカ陽気で穏やかな天気、アップをすると暑い位のマラソン日より
しかも、午後からは南西の風になる予報、つまり一番苦しいところが追い風の予報(コース図⇒こちらから)
当に、絶好の気象コンディション!

そんな中、セカンドベスト目指してスタートしました
4分25秒/kmのペース設定です

号砲‐スタート:15秒
いつもなら、人波を縫って前へ前へ行くところですが、今日は目標そのものが高くないので、焦らず進みます

5km:21分38秒(21分23秒:4分17秒/km)
の割には速い入り… このまま行ったら潰れます!

10km:43分05秒(21分27秒:4分17秒/km)
ペースを落とした筈なのに殆ど変わらず、身体が温まってきたのでしょう
このまま行ったら、絶対に潰れます!! 

15km:1時間04分46秒(21分42秒:4分20秒/km)
10km過ぎからは、敢えて意識して周りの人に抜かれるようにペースを落とし、いい具合でペースダウンに成功! 
とにかく、25kmからのアップダウンに備えて、10〜20kmは休みましょう

20km:1時間26分38秒(21分49秒:4分22秒/km)
風が出てきました しかも追い風 絶好の休憩区間となりました
さらなるペースダウンに成功

中間点:1時間31分23秒
自然なペースダウンにより、全然身体にキテません
あれれ〜? 自己新ペースですよォ〜
でも油断禁物 “若潮”はここからが本番です

25km:1時間48分27秒(21分52秒:4分22秒/km)
ここから徐々にアップダウンが始まります
この5kmは22分05〜20秒でペースの維持に務め、作戦通り

30km:2時間10分22秒(21分55秒:4分24秒/km)
さらにアップダウンの激しい区間、しかも向い風
22分30秒で行ければ大成功と思いきや、ペース維持に成功

35km:2時間32分10秒(21分48秒:4分22秒/km)
30km過ぎに最大のアップダウンがあるものの、下り基調の区間
海岸線に戻って来た33km地点、狙い通りの追い風
ここから、一気に勝負!

40km:2時間53分37秒(21分26秒:4分17秒/km)
あと7km、あと6km… カウントダウンしながらペースアップ
クリックすると元のサイズで表示しますあと5km、苦しい… でもこのまま行けば自己新確実! あわよくば2分台…
こんないい条件、滅多にない
この5日間、アルコールも断った
これで復活宣言できる!
いろんな思いを胸に走ります

あと2km、もう限界…
でもここまできたら、何がなんでもペース落とさずに…
遠い遠い2km… 健闘空しくペースダウン
2分台は夢と散りました…
ゴール:3時間03分28秒(9分51秒:4分29秒/km)

今回の収穫
・もちろん、自己ベスト更新
・エネルギー補給系 
 朝食:スタート前3時間前までに、ガッツリと“実家のお雑煮”
 90分前:“フ○パン チョコ入りメロンパン(700kcal)”
 エイド:アクエリアス
 ⇒これで全然空腹感を感じませんでした!
・レース運び
 単に距離だけではなく、起伏・風向きを意識して組み立て、見事にハマりました!

と、いつもこうはいかないあたりが、マラソンの面白いところなのでしょうね。
なんたって今回の自己ベスト更新、最大の立役者は“絶好の気象コンディション”ですから…

余談ですが…
若潮は大好きな大会です 別に生まれ育った地の近くで行っているからだけではありません 理由は↓
・温暖な気候
・綺麗な海岸線、お花畑の風景
・適度なアップダウンで、筋肉を部分的に休ませられる
・地元の皆さんの派手ではないけれど、温かな応援
・運営側のホスピタリティ
全体的に何かのどかでホッとします
30回と続いたのも頷けます
毎年の大会の準備、運営、後片付け… たいへんでしょうが、いつまでも続けて欲しい大会です また来年も行きますよォ〜!

1

2010/1/31


自己記録更新!
3時間03分28秒
詳細は後程…
2

2009/12/6

スランプ 伊勢崎シティーマラソン  2009-2010マラソン大会参戦記

晴天の下で行われた第5回伊勢崎シティーマラソン
心配されていた風も思ったよりも穏やかで、絶好の気象コンディション
調整もそれなりにして、先月の県民マラソンよりも重視して臨んだ大会

なのに…
最悪の結果に頭を抱える
もう、どうしていいか解らない…
トレーニングでの5,000mのペース走、21km持久走でも、昨年同様のタイムなのに、レースで結果がでない
原因は、心肺負荷への恐怖心?
ゴール後、脚は全然余裕なのに、レース中に上げられない…
呼吸が苦しいのが恐い…

レースを終えて数時間、ずぅ〜っと考え続けて、ひとつの答えが!
クロストレーニングの効用ですョ
頸椎ヘルニアを発症する前まで、春〜夏に掛けてはカヤックのトレーニングで自然と心拍数を200近くまで上げてたんですね。
もちろん、カヤックに乗れなくなった分、ランニングで同様のトレーニングをすればいいんだけれど、足首や腰に不安があってついつい逃げ腰に
しかも、走って心拍数上げるのって結構辛いし…
でも、このスランプの出口は、心肺負荷のトレーニングでのみ打開できる筈
1月末の若潮フルには間に合いそうがないけど、来シーズンに向けて取組みを工夫しなきゃいけません

クリックすると元のサイズで表示します5km:20分39秒(4分08秒/km)
10km:41分49秒(21分10秒:4分14秒/km)
15km:1時間03分20秒(21分31秒:4分18秒/km)
20km:1時間25分01秒(21分40秒:4分20秒/km)
ゴール:1時間29分44秒(4分43秒:4分18秒/km)

決して5kmの入りが速過ぎた訳でもなく、しかも決して手を抜いた訳もなく、苦しみもがきながら一所懸命走った結果がこれですョ
この現実に泣きたくなります


0

2009/11/3

ジリ貧 〜ぐんま県民マラソン〜  2009-2010マラソン大会参戦記

いよいよ2009シーズンの始まり
毎度のことながら、準備不足で臨む県民マラソン
怪我だの、故障だの、ここに来ての風邪っぴきで、咳が止まらない(インフルエンザじゃないからね)だの…
更には、突然の今シーズン一番の冷え込み… ♪木枯らし木枯らし曲がり角♪
往きが追い風、帰りが向い風の風向き…
唯一、先日のペース走がいい具合だったのが、好材料

号砲〜スタートライン:5秒
5km 19分56秒:スプリット19分51秒(3分58秒/km)
少し速過ぎ感、後半の向い風に備えてリラックス
10km 40分17秒:スプリット20分21秒(4分04秒/km) 
案の定ここから向い風、しかも集団から離れて、風を受けながら我慢我慢
15km 1時間01分02秒:スプリット20分45秒(4分09秒/km)
5km過ぎから微妙に痛みを感じていた脇腹痛が増加、ペースダウン…
やっと県庁に辿り着きラスト3km、とりあえず26分台はキープしたい
ゴール 1時間26分50秒:スプリット25分48秒(4分14秒/km)

絵に描いたような“ジリ貧”ペース
身体的要因もさることながら、精神的要因が大きいような…
年々、息苦しいのが辛いというか…
追い込めない…
ゴールしてから応援に駆けつけるのに、走ってるんだよね。全然普通に
昔はゴールしてからは、歩くのもやっとだったのに
脚はまだまだイケルのに、気持がついていかない
でも、今回は準備も体調も万全な状態じゃないので、本能的にブレーキが掛かったということにしておこう!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ