2007/4/22

前橋シティマラソン  2006-2007マラソン大会参戦記

昨日までの天気予報では心配された天気も、陽が常に射す下、ラブリバー・JCの仲間と一緒に参加
ッて言うかむしろ暑い… 確かに雲が多く、気象学上では曇空、でも太陽が降り注ぎ気温はグングン上昇。
今春、最高気温(25度超)を記録した一日でのハーフとなる。
心配された天気は、別の意味で心配となるが、心配された膝の具合は…
ウォームアップするまで、まだ走るかどうか決めかねる。
ウォームアップをし、いけると判断、スタートに並ぶ。
今日は暑いし、膝もこんな感じだし、調整してないし、とりあえず1時間30分切れればOKとスタート。
昨年は前半抑えすぎ、後半結構キツかったので、今日は最初から4分10秒/kmペースに設定。
号砲〜スタート:15秒 ハーフ70分のプラカードの下に並ぶが、おいおいおまえ等(オイラも…)、そのペースじゃ70分じゃないだろう…
まずは緩やかな登りを4km、そしてコース中最大の登り(上毛大橋)を1kmで5km。
5km:21分22秒(21分7秒:4分13秒/km)
登りの割に快調。
ここから緩やかな下り、ここで飛ばし過ぎると後が辛い。リラックスして下る。
10km:41分48秒(20分26秒:4分5秒/km)
なかなかいいペース。が、ここからやたらと暑くなる。給水はふたつ取り、口を潤すとともに頭から水をかぶる。
15kmの折り返しが近づくにつれ、上位ランナーとすれ違う。
来年の緑化フェアのハッピを着た日本屈指の山岳ランナー・鏑○選手もいる。
バルセロナオリンピック10000m代表・○十嵐さんは射程距離内。
15km:1時間3分4秒(21分16秒:4分15秒/km)
ここからは概ね下り。若干の向い風だけど、もう1時間30分はかたい。
けど、○十嵐さんに勝つ絶好のチャンス! ペースを維持してラスト2km手前で抜く。
20km:1時間24分5秒(21分1秒:4分12秒/km)
ラスト1kmを過ぎ、ダウンモード。
と、後方からヒタヒタと足音… ○十嵐さんに抜き返される…
オイラはもう、安心モードでペース上がらず…
折角のチャンスをモノに出来ず、でもまぁこの暑さの中、とりあえず1時間30分は切る。
ゴール:1時間28分52秒(4分47秒:4分22秒/km)
膝も問題ないし、良かった良かった!
ゴール後、前橋名物TONTON汁をいただく。
すいとん、鳥団子…、色々入っていて美味しい!
スタッフの皆さん、この暑さの中、コンロを前にスタッフジャンパー姿。
ほんとにお疲れ様です。
その他にもボランティアスタッフを含め大会運営に関わった皆さん、暑い中お疲れ様でした。

ハーフマラソン:1時間28分52秒

◇◆◇ 4月の累計走行距離 ラン 82.5km ◇◆◇
0

2007/3/11

はるな梅マラソン  2006-2007マラソン大会参戦記

お待たせしました(別に待ってない?)。久々のブログ更新です。
今月に入り新規の講習会が3つスタート。さらにはイレギュラーの講習も入り資料作りだの、準備だのでテンヤワンヤ!
さらには先週末からどうも腰が重くイヤな予感。
ここは思い切ってリカバリー期間としてみた。
別に、今日の“はるな梅マラソン”に備えてコンディショニングをしたわけではない。
昨日はレース前日だというのに、ジョギングクラブで90分走のペースメーカーやってるし…

今朝、会場入りした時の天気はご覧の通り雨模様。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、天気予報では快方に向かうとのことだし、空を見ても明るくなってきている。
9:45のスタートに向け、9:30にスタート地点に並ぶ。
雨はすっかり止んでいる。でも代わって風が… これも予報通りだが…
スタート直後に周りに人がいるのを嫌って端に並ぶが、吹き曝しで超寒い…
本日の目標タイムは1時間30分以内。ここは中間点まで距離表示がないのでペース設定ができない。感覚のみで走るしかない。
スタート直後は登り、前半は概ね登りのコースなので飛ばし過ぎないように注意。
でも、最近いろいろと顔を出している関係で顔見知りが多い。
つい見栄を張り、ペースが上がりがち。
4km地点で距離表示発見! なんだこの中途半端な表示は…(とこの時は思ったが、あとで聞いたら1km置きに表示があったらしい)
6km過ぎから徐々に登りがキツクなる。まぁこれはこれで結構楽しい。
今日は、登りに加え向い風のダブルパンチ!
時折の突風には脚を止めたくなるほど。でも「帰りはその分気持いい筈!」と言い聞かせ奮起!
10km:42分46秒。なかなかいいペース。
川を渡り折り返し、今度はここから追風に変わる。少々の登りも苦にならない。足取り軽い。でも、飛ばし過ぎは注意! 残り5kmのアップダウンをナメてはいけない。
あと5km地点:1時間6分16秒。1時間30分を切ることはほぼ確実。
急勾配を下り、コース中最後の長い登り(その後も約3km、小刻みなアップダウンはつづく)。
登っては下りを繰り返し脚の筋肉にダメージを与え続けるものの、追風が功を奏してさほど苦にならない(って言ったら言い過ぎ?)。
あと1km地点:1時間21分2?秒。おっ!? あとは急な下り坂のみ。1時間25分切れる!?
ストライドを広げてガンガン下る。腿がぁ…
ゴール前の直線、時計に目をやると1時間24分50秒を過ぎている。
若潮の再現か?! 猛ダッシュ!
結果は1時間24分59秒
このアップダウンでハーフ自己ベスト!
う〜ン、公認コースじゃないからなぁ… ビミョウ〜
今回は参考タイムということで!
ゴール後は陽もさしてきて、風は相変わらず強いものの春らしい天気となる。
参加した選手の皆さん、大会役員の皆さん、沿道で応援してくださった皆さん、その他大会に関わった皆さん、お疲れ様でした。
おかげで、気持良く走ることができました。

本日の走行距離:ハーフマラソン(約21km) 84分59秒

◇◆◇ 3月の累計走行距離 ラン 28.8km ◇◆◇
0

2007/1/29

館山若潮マラソン  2006-2007マラソン大会参戦記

朝8時頃、会場入り。
天気予報は午前中晴れ、最高気温は14度。
という割には、曇っていて肌寒い。
9時頃から陽が差し、気温もグングン上がりだす。
でも、適度に雲があり、風も収まり絶好のマラソン日和となる。
いつもは、震えながら待つスタートも、ポカポカ陽気で苦にならない。
ますます、言訳材料がなくなる。
昨年の若潮以来、約1年振りのフルマラソンということが最も大きな不安材料。
目標は世界最高(2時間4分55秒)+1時間の3時間4分55秒。
4分22秒/kmペース。30km過ぎのアップダウンのことを考えると、4分20秒/kmペースで30kmまでいきたい。
いよいよスタート、持ちタイム順に並んでいるので年々前の方からスタートできるようになる。
今年は号砲からスタートまでの所要時間は10秒。
リラックスを心掛けて走る。
4km過ぎの折り返し地点で、サブスリーのペースメーカー:早田さんとすれ違う。
差は数十メートル。ちょっと速過ぎるか?
5km:21分37秒(4分19秒)、設定ペース通り。ここで調子に乗らないように。
10km:21分24秒(4分16秒)、多少速くなる。リラックス、リラックス。
15km:21分33秒(4分19秒)、多少アップダウンがあり、2km毎のペースが一定しないが、設定ペースで乗り切る。
20km:21分37秒(4分19秒)、この辺りから人が疎らになり、ちょっと淋しいが、かえってペースは掴みやすい。
25km:21分44秒(4分21秒)、ここから徐々にアップダウンが始まる。大丈夫、30kmまではもつ! それだけの走り込みはした! 残り12kmは気合じゃぁ! と自分に言い聞かせる。
30km:21分35秒(4分19秒)、さらにアップダウンがきつくなる。下り勾配で大腿筋が痛み出す。
35km:21分58秒(4分24秒)、30km過ぎの最大の急勾配(登り)手前で給水を失敗。登りの後の急な下りで大腿筋が音を上げ出す。ピッチを速めて対応。33km過ぎで海岸線に戻るが、風が強い。疲労と重なりかなり強く感じる。あと10kmない、ガンバレ俺! 激しいアップダウンの割にペースを維持。この時点で2時間31分37秒。4分30秒/kmで行けば目標達成! でも脚が…
40km:22分59秒(4分36秒)、海岸線に出てから、こんな登りあったか?というくらいやたらとキツク感じる。萎える気持を抑え必死に腕を振る。もう頼りになるのは腕のみ。でも、自己記録更新はほぼ確実という安堵感もありペースダウン… 一度落ちたペースは上がらない…
この区間、ペース落ちすぎ…
ラスト2km地点、2時間55分30秒を回っている。ヤバ、目標タイム達成できない…
全然ペースが上がらない…
ラスト1km地点、3時間0分15秒。あと1km4分40秒かぁ…、もう5分/kmペースより遅く感じる。必死でラストスパート! 最後数10mの直線、時計は3時間4分40秒を回っている… だめかぁ〜?! 時計を見ながらのゴール! 3時間4分55秒か56秒か微妙なタイミングでゴール、正式記録発表を待つ。
ゴール:10分20秒(4分42秒)
クリックすると元のサイズで表示しますとりあえず自己記録は更新、力は出し切り充実!
約1時間後、正式記録が掲示、結果は3時間4分56秒
目標タイムに1秒及ばず…

なにはともあれメインの大会は終了、来年に向け課題を整理。
●走り込みが12月になったこと、1月に背筋を痛めたことで、レース1ヶ月前が殆ど休養になってしまった。 走り込みの時期を1ヶ月早めて11月にし、12月は距離+スピードを意識したトレーニング、1月はスピードと疲労回復を意識したトレーニングとしたい。
●35kmまでペースを維持できたのは大収穫。週末の走り込みの距離を40kmくらいまで伸ばして行きたい。
●最高スプリットタイム5−10km(21分24秒)のペースで通すと3時間0分36秒。サブスリーが見えてきた!


来年は本気でサブスリーを視野にいれたトレーニングをして行きたい。

フルマラソン:42.195km 184分56秒

◇◆◇ 1月の累計走行距離 ラン 140.1km ◇◆◇


0

2007/1/28

若潮フル速報  2006-2007マラソン大会参戦記

心配していた天候にも恵まれる。
結果は3時間04分56秒、自己記録更新するも目標タイムに1秒及ばす…
嬉しいやら悔しいやら…
複雑…
0

2006/12/10

第2回伊勢崎シティーマラソン  2006-2007マラソン大会参戦記

昨日の雨もスッカリあがり、今日は朝から晴天。
昨年の同大会は「超寒い・・・」という印象しか残っていないので、今年は気持良く走れそう。
チョット風が気になる・・・
ハーフスタート30分前に小学生の3kmの部がスタート。
皆、飛ぶように競技場を後にする。
3kmなので、オイラがスタートの準備をしている間にトップ選手が競技場に帰ってくる。タイムは10分チョットでゴール。速ぇ・・・、勝てない・・・?!

ハーフスタートが近づくにつれ、風が強くなる。
これは風との闘いだぁ・・・
今日は調整もしていないし、持久走の意味合いでスタート。
正確な距離表示もないので、主観的ペース感覚のみが頼り。
ハーフのエントリーは男86人女8人。うち男36人は元オリンピック、世界選手権代表の花田勝彦監督率いる上武大学駅伝部の学生。
昨年に引き続き、ちょっと淋しい参加者数・・・
スタートして競技場を200m、正確な距離がわかるのはこの200mのみ。
ここでとりあえずペースをチェック、200mを51秒、4分15秒/kmペース。
徐々にペースが上がることを考えると、4分00秒〜10秒/kmのペースってとこか!?
競技場周辺を離れるにつれ景色は田園風景に、風を遮るものが無く斜め前方からの強風をモロに受け、走りづらい・・・
後ろにはラブリバージョギングクラブのチームメイトがピタリ。
風除けにされてる・・・
約5km過ぎたあたりで給水。ここから徐々に意識してペースを上げ、彼を引き離す。
あっ、別に君を引き離すために上げたんじゃなくて、もともとここからペースを落ち着かせようと思ってたんだよ。
このコースは周回コースを2.5周する設定。
てことは、向かい風、追い風が交互にやってくる。
向かい風では無理せずピッチで、追い風はリラックスしてストライドで稼ぐ。
前半は陽が射しているいたので体感的には暖かかったが、後半は多少曇ってきて風の強さも加わり、ランパン素足の格好では脚が冷えたか?
ラスト約5km位でハムストリングがプルプル言い出す。
ヤバ、攣る・・・
前のランナーには追いつけそうもないし、後ろから来ている様子もない。とりあえず順位は確定かな?
多少上体を起こし気味に負担を軽減、だましだまし進む。
残り約1km、一度完全に攣る。多少減速し、なんとか順位をキープしたままゴールに辿り着く。
結果は1時間27分46秒。(4分10秒/km)
ちなみに距離は公認ではないので誤差は否めないが、昨年、大会役員に聞いたところでは、短くはないとのこと。
この強風の中では、まあまあいい感じじゃないかな。
順位は9位(上武大学生はオープンだったらしい)、ちなみに6位まで表彰台、惜しい? いやいや全然3人前は見えなかったし・・・
昨年入賞の“ひらりん@夫人”は7位、これは惜しい! と思いきや前は全然見えなかったとのこと。
来年は入賞狙えるかな?

大会終了後、上武大学駅伝部監督:花田勝彦さんと。
クリックすると元のサイズで表示します
監督自身、5kmの招待選手として参加、お疲れ様でした。

今年は2回目ということもあり、運営もスムーズに感じました。
大会役員の皆様、寒風吹き荒れる中、お疲れ様でした。
もっといい大会にするためにも、全体のエントリー数をもっと増やす工夫をしていただきたいものです。
特にハーフは淋し過ぎ・・・
その他、参加者としてチョット気付いたことを記載させていただきます。
・やはり公認コースとして欲しい!
・で、せめて5km毎(理想は1km毎)の距離表示を!
・給水、ハーフで2回は少なくない?


昨年夫婦二人で参加したオイラは、ジョギングクラブを作り、今年は5人でエントリー。
来年はもっと多くの方と参加しますョ!
貴重な地元の大会を盛り上げなきゃ!

伊勢崎シティーマラソン:ハーフ 87分46秒

◇◆◇ 12月の累計走行距離 ラン 89.9km ◇◆◇
0

2006/11/19

ぐんま県民マラソン  2006-2007マラソン大会参戦記

気持いいくらいの失敗レース。
やっぱ練習不足は、そのまま結果につながってしまう。
今日は、この時期には稀な寒い一日。
気温が低いだけならまだしも、どんよりとした曇り空、風も嫌な方向(後半向い風)からやや強く吹いている。
雨が降っていないことだけが救い。
そんな中でスタート。
いけるとこまで4分/kmペースで行こう。
しかし寒い… 体が動かない…
入りの1kmは4分20秒。ヤバ、遅過ぎ…
でも、体が温まるにつれ自然とタイムは上がるだろうとタカをくくる。
5km、20分53秒(4分11秒/km)
寒くてピッチが上がらない…
で、今年も距離表示が1km毎にはない。(隔年設置?)
体感スピードでペースを維持。(めちゃ不安…)
10km、見落とす(あとで聞くに、設置していたらしい)
15km、61分36秒(5−10km 40分43秒:4分05秒/km)
これで自己最高は絶望的。
でも、ここからペースを落とさない走りを心掛けよう。
しか〜し! 平成大橋を渡り終え、刑務所の前に差し掛かったところでトラブル発生!
スタート前から、多少違和感のあったお腹の調子に異変が…
国道17号をくぐるために一旦利根川河川敷に下りる急坂でさらに異変は増す。
どうする!? ゴールまでは4kmない。このまま行くか?
この先には県庁、県庁にはトイレがある筈、そこに寄るか?
そうこう考えているうちに、河川敷から元の道に戻る急な登り坂。
ペースダウンとともに、ついに異変はピークに!
どうする? 仮にこのままゴールに辿り着いたとしても、スグにはトイレに駆け込めない…
結論! タイムも良くないし県庁に寄ろう!
しかし入口が判らない??? 入ったもののトイレが何処にあるか判らない???
焦りながらも結構スグ見つかる。 2分以上ロスした後にレース復帰。
ただここからは、お楽しみモード。
10kmのランナーと併走するので、知合いを見つけては声掛けたり…
それでも時計をみると1時間30分は切れそう…
一応、1時間30分はきっとこうかな!
再びスパート、1時間29分39秒でゴール。
いやぁ、いろいろな意味でいい経験になった。
でも少しくらい寒いからといってペースがあがらないのは、やっぱ練習不足だわ!

ぐんま県民マラソン:ハーフ  89分39秒
 
◇◆◇ 11月の累計走行距離 ラン 110.2km ◇◆◇
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ