2010/12/31  21:38

救急外来に急行  日記

慣れないことはやっちゃあいけないよなぁ。

りんごを丸齧りするには義歯の力が弱くて歯がたたないので四つ切りにして齧るのだが、芯の部分がいやらしい。
それで今日は芯を除くために包丁をいれたところ、左中指の先をグサリと切ってしまった。
果物ナイフのつもりで料理用のステンレス包丁を使っていたのだった。
血が止めどなく流れて左手が血染めになった。輪ゴムを数本束にしてキズ口近くに巻きつけて血流をとめたところ、指先が白くたくなってきた。
硬膜外ブロック注射を10本打ったので、28日から血液サラサラの効用のある「プラビックス錠」を再度服用し始めたのでなかなか止血しないと思い当たったが、年末年始なので医療機関は休みだろうと思案した。
思い立ったのが救急外来の病院だ。幸いなことに住いに隣接しているK病院に飛び込んだところ救急外来があった。今日の宿直は非常勤の整形外科医だったが治療してもらえることになった。17時30分ごろから30ほど待たされた。救急患者が途絶えることがないほどなのには驚いた。

治療の結果、3針縫合した。抜糸には10日ほどかかるようだ。あした、様子見で10時30分の予約となった。「フロモックス」「ロキソニン」「ムコスタ」を3日分処方してもらった。

ところが、深夜受付の担当員がボクの保険証をコピーしてから返却するのを忘れてしまい、所在不明になってしまい19時すぎまで待たされたが、一人では新患の応対や会計でなかなか探しきれずにいるようだ。夜中でも良いから電話するように約束して帰宅した。
普段ならブチ切れてるところだったろうが「デパス」の効用か温厚な対応ができた。

痛々しい包帯姿
クリックすると元のサイズで表示します

まさか、てるちゃんの恨みじゃないだろうなぁ。
0

2010/12/30  21:37

また会う日まで  日記

10時30分からイグナチオ教会ザビエル聖堂(50人収容)で、てるちゃんの葬儀ミサ・告別式をドメニコ・ヴィタリ主任司祭が執り行ってくれた。てるちゃん好みの静かなものだった。
これで、神の御許に帰天できて現世の様々な苦悩から開放されたことだろう。
ミサの間も、いろいろな思いが巡り、涙をとめることができなかった。

遺影の前にいても、一緒に歩いた道も、好きな食べ物を思い出しただけで、涙が流れてきてとまらない。こんなに涙腺が弱かったなんて考えてもみなかつた。
テレビがいちばんのお友達だったてるちゃんがいなくなってテレビのスイッチを入れる毅がしないし、唯一の趣味の読書もページを開いても頭にはいらない。
寂しいからとか悲しいとかではなく、てるちゃんの一生が可哀想で切ない後悔だ。

ザビエル聖堂の祭壇と遺影
クリックすると元のサイズで表示します

告別式の最後に歌う聖歌「神ともにいまして」の歌詞の繰り返し部分がせつなかった。
 1 神ともにいまして
  ゆく道をまもり
  あめのみ糧もて
  ちからを与えませ
 
  また会う日まで
  また会う日まで
  神のまもり
  なが身を離れざれ
 

 2 荒野をゆくときも
  あらし吹くときも
  ゆくてをしめして
  たえずみちびきませ

  また会う日まで
  また会う日まで
  神のまもり
  なが身を離れざれ
 

3 御門に入る日まで
  いつくしみひろき
  みつばさのかげに
  たえずはぐくみませ

  また会う日まで
  また会う日まで
  神のまもり
  なが身を離れざれ


また会う日を信じるなんて、虚しいよ。
0

2010/12/25  23:09

聖なる降誕祭  日記

何年ぶりかで降誕祭のミサに参列した。
今日のヨハネの福音一節がいたくみに沁みた。言の怖さを改めて悟った。

今日の聖イグナチオ教会の祭壇
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/24  23:33

生命まで奪って  てるちゃんへの記

ここ一年ほどは体重も44kg前後に減り、近所に買物に出かけても疲れやすくなってたよね。
相当、体調が悪かったんだ。それでも、主婦としての仕事はちゃんとこなしていた。辛かったろうね。

背中が痛いとか、胸の下がいたいとか言って、シップを貼ってあげてたね。
疲れやすいのは年齢からくるものかと思っていたので、深刻には考えていなかった。

そんな状態の時に、些細なことから言争いになってしまった。
「あんたと喧嘩すると心臓のドキドキがとまらない」と訴えたことはよく覚えてる。
体調が悪いとイライラして、機嫌が悪くなると常々いっていたてるちゃん。そんな時になにかと言いがかりつけて、喧嘩の発端となったんだ。病気の妻を持つ夫としての思いやりが足らなかったのは間違いない。

まさか動脈瘤破裂のレッドサインとは思いもしなかった。12年前の上行動脈瘤の手術の時に下行動脈が4cmになっているといわれたけど、11月29日のCT検査で5cmになってたなんて・・・。12月2日の循環器科の診察で血圧に注意しろといわれ、朝夕、一緒にはなるようにしたっけ。確かに、朝は190を超える日が何日かあったけど。

後悔しても遅いけど、結果的にはてるちゃんの生命まで奪ってしまった。
心から詫びても詫びたらない。

いつかは別れの時がくるのは仕方ないけど、突然いなくなってしまって酷いよ。
0

2010/12/22  12:53

もう2週間だね  てるちゃんへの記

早いもので独居老人になって、もう2週間が経過した。
室内はあの当時のままで手をつけていないので、てるちゃんは留守をしている趣でなまじっか整理して模様替えをしようものなら帰宅してから文句をいわれかねない思いだ。
家の中のことは一切口出しをしなかったので、ものの所在が皆目分からない。困ったものだよ。女性の有難味が身に染みる。52年間も良くやってくれたと感謝の言葉を表現してあげたかったが照れくさくて言えなかった。
てるちゃんの人生は、ボクに費やしてくれたんだよね。アリガトウ、ゴメンネ。

炊事も洗濯も、ちゃんとこなしているから心配要らないよ。
たばこだけは室内で満喫してる、しからないでよ。
ただ、読書をする気力が衰えてきた。

そちらの世界の住み心地は、戻ってこないところをみるといいんだろうね?。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ