2013/11/29  1:25

震度3だけど  日記



テレビ「仕事の流儀」を見ていると、胡坐をかいた尻を数度持ち上げられた。地震だ。上下震から横揺れがひどいと構えていたがそれほどでもなかった。千葉県北西部震度80km、M4.8で当地は震度3であった。

眠っていたらおそらく気が付かなかったことだろう。
1

2013/11/28  18:09

一日が短いのは  日記



目覚めて2時間ほどで日が暮れた。一日が短い。

7時には目覚めたのだが寒さ凌ぎに起きだすこともなく、二度寝と相成った。
起きても食事することもせず、テレビの「相棒」を見ながら夕餉のために冷凍たらの角切りを煮てみた。だし汁・水・味醂・調理酒で適当に味付けしてみたが、まずまずである。

一日一度の食事である。食べたいものがないのであり合わせの物で事足りる。食べたいと思っても自分で調理できないので哀れなものである。

餓死しない程度の食生活ができるのは仕合わせである。
1

2013/11/27  19:08

武蔵 二 (花村萬月著)  読書暦

里に戻った弁之助は、義父から道林坊という住職を紹介される。人を殺したことがあるという陪堂坊主に、剣術指南を請う弁之助だが…。剣豪の青年期をかつてない視点で描く。『問題小説』連載を加筆修正して単行本化。 2011年10月刊行
0

2013/11/26  20:29

14時半から活動開始だ  日記



とうとう一睡もしないうちに夜が明けた。6時を過ぎるころには朦朧としてきたが、陽の射す前に洗濯を終わらせてベランダに干したまででダウン。居間でウトウトし始めたので寝室に移り、図書館と整形外科と内科に行くのが今日の予定なので11時に目覚しをセットして団に潜り込む。11時寸前に覚醒したが、寝たりないので目覚ましを14時にセットしなおして眠りつづける。

午後の診療の開始は15時なので、まで図書館に14時半に出掛けた。この時間がこの日の行動開始である。整形外科の診察待ちの時間の2時間は自宅で待機。呼出がかかって再度でかけたが凄い混雑ぶりで待合室で30分近く待つ羽目になった。内科クリニックに着いたのは18時になっていた。

これから帰宅して夕餉の支度も面倒とばかりに、今月2度目の「酢豚定食」をいつもの店で摂って自宅に帰り着いた時は、NHKの「ニュース7」が始まっていた。

定食は一品減って100円安の900円になったが、間違いなく食材の豚肉の質が落ちている。折を見ていってみようと思っている。
2

2013/11/26  16:54

秘剣音無し (小杉健治著)  読書暦

田宮流抜刀術の達人で三味線の名手・矢内栄次郎が袖を切られ、次いで御徒目付の兄・栄之進も袖を裂かれた。さらに被害者が増えるが、全て栄次郎の関係者だった。気配を断ち相手を斬る魔剣との対決に栄次郎の運命は…。「栄次郎江戸暦シリーズ 11」2013年10月刊行

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ