2015/12/29  16:24

眠りの原因はこれだぁ〜  日記


Facebookに「過去のこの日」というアプリがあり、これを設定しておくと過去に自分が書いたその日の記事等が表示される。

たまたま2011年12月27日の表示された日記のタイトルが「眠られるままに」で、ほとんど眠り続けていたことが記されていた。今も眠りこけた日記をアップすることがしばしばである。「眠り病」はそのころから兆しがあったようだ。

改めて考えてみると、アルバイト勤務をこの年の3月でやめたので4月から腰痛の治療で整形外科に通うようになり、処方された消炎鎮痛剤を常用するようになった。眠気と惰眠はこれが原因のように思われる。怠惰に流されての「怠け病」ではなさそうだ。

4年前の日記を読み返して、変わり映えのしない生活を続けているのには自分ながらあきれてしまった。


0

2015/12/29  12:38

下流老人・一億総老後崩壊の衝撃 (藤田孝典著)  読書暦

「生活保護基準相当で暮らす高齢者、およびその恐れがある高齢者」である「下流老人」が今、日本に大量に生まれている。下流老人の実状とその社会的な背景、貧困に対する自己防衛策などを提示する。 2015年6月刊行
0

2015/12/27  23:23

煙霞 (黒川博行著)  読書暦

私立晴峰女子高校では、理事長の酒井が学校法人を私物化していた。美術講師の熊谷と音楽教諭の菜穂子は、酒井に不正の証拠をつきつけ、退任と教員の身分保障を求める計画に同僚から誘われる。交渉は成功したかに見えたが…。 2009年1月刊行
0

2015/12/25  14:31

犯人のいない犯罪・質草人情物語  (小杉健治著)  読書暦

天野質店は台東区浅草五丁目にある。ここにはとんでもないものを持ってきて質草にしようとする輩が日々やってくる。蒲団、腕一本、一万円札…。そこの父子が姿なき放火犯と対決、小粋な人情ミステリー7篇を収録。 1993年10月刊行
0

2015/12/24  4:17

たった一人でクリスマスイヴ  日記



昨日は10時まで寝ていたが、今朝は4時前に目が覚めスキッと起きられた。

明日までに投かんすれば元日に宛先につくというので、昨日のうちに年賀状を仕上げることができたので、雨があがるのを待って投函に行き、図書館によって年末年始に読む本を借り受けてくることにしている。

どこの家庭も新年を迎えるにあたって大掃除に手を取られるだろうが、我が家は普段から掃除が行き届いているという口実で、何年も大掃除をしたことがないのでこの伝統(?)を守ることにする。

今年から近くのスーパー「ピーコック」は営業をやるので、食べるには事欠かない。それに、ヘルパーが訪れないのは元日誰だから飢えで命を落とすこともあるまい。

クリスマスイヴの今日は聖イグナチオ教会で17時、19時、21時、22時30分の4回、クリスマスミサが執り行われるが、一人で静かに聖なる夜を送ることにしている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ