2017/2/25  21:01

ヨタヨタ歩き  日記



昨年の11月22日に西巣鴨の歯科医院に行って以降、道路を歩いたことがない。近くの医院通いや買物などの用足しはどんなに近くても自転車を使う。だからというわけではないだろうが、このところ立っている時のバランスが悪くなったのを自覚するようになった。

今日はホテルでのランチ会で九段下のホテルまで出掛けてきた。
(主催は、体力と気力の減退で2012年1月9日に立ち上げたコミュニティで同年4月16日から49回続けてきたイベントの幕を下ろすに忍びなく、12月から別人に依頼することにした。)

3か月ほど歩いていないので、地下鉄構内の下り階段がきつい。それと最寄駅から250m弱のホテルまでの距離を歩けるか不安だったが、歩けなくなったら初乗料金が安くなったのでタクシーに乗っても良いかと考えて居た。

それでも、杖を使ってヨタヨタと歩きながらも目的地に着いた。年寄りが杖を使って歩く姿は、みっとも良いものではない。人混みの場所でははた迷惑間違いない。知合いには見せたくない。

今日は素敵な一日出会った。久しぶりの美食と仲間との会話する楽しみは、独居老人にとってはこの上ない癒やしである。
3

2017/2/24  22:38

蛮政の秋 (堂場 瞬一著)  読書暦

新聞記者・南のもとに送られてきた、政界を揺るがす1通のメール。送信したと思われる人間は姿を消していた。真相を追い求めた先にあるものとは…。虚実入り乱れる情報社会を捉えた長編小説。『小説すばる』連載を加筆修正。 2015年12月刊行
0

2017/2/20  22:58

警察回りの夏 (堂場瞬一著)  読書暦

2児殺害事件発生! 犯人は、消息不明の母親か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が、新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する。現代社会を浮き彫りにする、渾身の事件小説。 2014年9月刊行
0

2017/2/20  20:07

風にも負けず・・・  日記



春二番の強風のなか整形外科に行った。風に負けじと懸命にペダルをこいで、目的地に吹き倒されることな到着した。

理髪店に金曜日の予約を入れたら担当者が今日で辞めるというので、整形外科の帰りに顔でも見て帰ろうとして店に寄った。ヘルパー来訪の15時30分まで1時間半の余裕があったので、担当者に最後の調髪をしてもらった。

かねがねヘルパーに痩せたといわれていたが、4か月ぶりの調髪で鏡を見て自分ながらその変貌に驚いた。歳相応な貧相な顔に老いの無情さを恨みたくなった。

2月中に読破したいと思っていた小説を昨日読み終えて返却して、新たに3冊借出した。
3

2017/2/19  14:23

裏切りの剣 (小杉健治著)  読書暦

芸州藩の御家騒動に風神一族が関与しているとの報を受けた市松。謎を追うべく国元に潜入した源四郎は長らく音信不通。芸州浅見家の家臣だと明かされた長屋の隣人・三之助とともに追跡を進めるうち事態は予想外の展開を迎え…。シリーズ「隠密同心 3」 2017年1月刊行
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ