2018/5/8  13:51

片足立ちができない  老い


足がめっきり弱って、片足立ちができない。数日前も起き抜けに寝床から立ち上がる時に踏んばりがが効かず、倒れて押入の襖に後頭部をぶつけた。室内でも何かの拍子に片足になることがあるとバランスを崩すことが再三ある。これでは、いつの日にかは室内でも杖を使わなくなる野かと思うとゾッとする。

図書館の予約してある小説の受取期限が迫っている野ので、雨が上がったのを見計らってでかけることにした。自転車に乗るのは一週間ぶりだ。白内障の影響か視力の衰えを自覚しており、自転車を走らせるか不安だったが無事に往復できた。

老いは確実に進行している。
1

2017/3/16  18:02

老いは厳しい  老い



今日はランチ会だった。
SMSのコミュニティ「ホテルのランチを食べ歩こうカイ」を立ち上げた時から解散時のファイナルイベントは、バイキングを日本で始めた帝國ホテルの「サール」でと思っていた。この思いを後継管理人のJ氏が叶えてくれて実現した。昨年12月から運営を引継いでくれたJ氏、R女史のおかげで、コミュニティは今後も続けてもらえるので、ファイナルではなくなったが願いが叶った。

地下鉄で日比谷駅まで行き、地下道の連絡通路で3分という帝國ホテルまで歩いたが、昇り降りの階段の多さと、目的の出口までの道程に辟易として歩くのがイヤになった。当初は、タクシーの初乗り運賃が410円になったので利用しようとも考えて居たが節約したのが裏目に出た。

帰路はあの地下道を歩く気力がなく、ホテルの玄関からタクシーで乗換駅の神保町まで利用した。
タクシー利用は何年も前以来だ。往路は節約したが帰路は散財した。

歩くのが辛く、急激な体力の衰えを実感した。老いは厳しい。
0

2016/4/13  7:15

125%に拡大した  老い



このところパソコンの文字が見にくくなった。

何でも標準が好みなので100%サイズで使い続けてきたが、画面に顔を近づけないと判読できない。それで、今朝から125%に拡大して使っている。レイアウト的には不細工になったが見やすくなった。

老いもこんなところにも現われるのだなあ〜。
2

2016/2/28  17:00

台詞が聞きにくかった  老い



テレビは画面まで1m足らずの近くで見ている。
ニュースやドキュメント番組と歌番組を見ることが多い。一日のほとんどは見ていなくてもテレビを点けている。人の声がしていると賑やかで寂しさを感じない。それでも、ドラマを見ることはほとんどない。それというのもセリフが聞き取りにくいからだ。

昨日のことだが、明治座の梅沢富美男の人情ドラマ「おトラさん」のチケットをもらったので、近くだからと15時30分から部に友人を誘ってでかけた。近くでも一人では出かけなかっただろう。

集中していても舞台の役者の台詞の1/3くらいしか聞き取れない。日常でも面と向かわないと話のないようを聞きもらすこともあるのだが、舞台から離れている3階席なので小声の台詞はまず聞き取れない。難聴気味なのは意識していたが、相当に進んでいるように思われる。金輪際、観劇することはないだろう。

難聴も老化の現象であるが、日常の会話の機会が少ないから補聴器の使用は考えていない。
0

2016/1/14  21:06

やはり弱者なんだろうな  老い



西巣鴨の歯科医院に出かけた。
巣鴨駅から新庚申塚まで5停留所まで都バスに乗るのだが、今回も4の日でとげぬき地蔵の縁日と重なり年寄りで満員状態であった。それでも、杖を使ってる老爺をみて席を譲ってくれた。治療が終わっての帰りのバスでも、席を譲ってもらった。

杖を使って歩く老爺は、世間は「弱者」とみているのだろう。
自分では健常者と思っていたのだが、それは強がり。

やはり、ボクは「弱者」なんだろうなあ〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ