2009/9/28

目線変えれば・・・  

つい先日、『やがて心を劣化させるもの』というタイトルで日記を書いた。要するに自分の人生のこれまでの負の部分に対する反省と、その陰を持ち続けたことで災いしたこと、自分の心が劣化したという感点から、これからの努力目標を明確にした・・・って感じかな

なので、今までになくわざと読みにくくしてみたり・・・


今日は同じ心に関する気持ちを少し・・・。


結局のところ、『ジタバタしても仕方がない』の一言に尽きる。

Victoria shock以降、

ラーメン屋でナンパしてみたり、
合コンしてみたり、
僕に気がありそうな子とデートしてみたり、
可愛い子を食事に誘ってみたり、

とあれこれやってみましたが、満足な成果を得るに到っていない。

つまり恋人は未だいないってこと。ちょうど昨日あたりで、ビクトリアと別れて3ヶ月くらいかな・・・ 

別れて実はスッキリしてる。このブログではその辺の詳細を一切書いてないし、今後も書く気は無い。本当は記録っていうか、ブログは日記なわけだし、いつか昔を振り返るときに詳細な記録は何かの足しになるのでは・・・?と思うけど・・・何かとても書く気が起きないし、それにムカついたことや混乱したことや、寂しさも虚しさも苦しさも怒りも、そのひとつ一つを丁寧に記せても、それは記憶の記録。情報であって記憶とは
違うから、そんなに意味がないと思う。

多分、僕の頭の中からも、やがてそんな感情たちも風化して、
「そんな気持ちになったっけなぁ・・・」
って情報だけが残る気がする。多分詳細な記憶の記録があっても、数年後に読み返しても、それは本当に情報だろう。


話が少し反れたが、とにかく、ビクトリアとは6月下旬に別れた。そして後悔は一切無い。驚くほど晴れ晴れとした気持ちになった。・・・・・・ような気がする。

んな気がするが、確かに何か解放感のようなものはあった。

英語からの解放、ビクトリアの干渉・束縛からの解放、その他色々なモノから解放された気がした。それは一種の喜びであり、幸福であった。

そしてこの三ヶ月、何かその解放感を更に飛躍させたものにしたいが為にか、僕が色々な婚活に精を出してきたが、上述したように思った結果に到っていない


でも、冷静に考えれば、元カノ(婚約してたが)と別れてまだ三ヶ月。新恋人が出来るにはちょっと早いかもって気になってきた。

そう思えば、きっとビクトリアからの解放感で舞い上がり、ビクトリアに対するあてつけ的な意味で早く新しい恋をスタートさせたかったのだと、今は思う。

そんな浮付き加減で上手くいくわけ無いじゃん!!! もちろん恋人と別れてもすぐに新しい恋人が出来る人はいるけど、僕はそういうことが出来るタイプじゃない。

「別に別れたショックでー・・・」とか、「寂しさのあまりー・・・」とかは無かったけど、何かしらの形で、僕の心の正常な形を歪ませていたのは事実だろう。


んで、そんなことを冷静に考えられるようになって、立ち止まって、一呼吸ついたら、「そうそう恋人探しに必死にならなくても良いかな〜・・・」って気持ちが緩んだ。なんか肩肘張ってた感じが無くなった気がする。

冒頭にも書いたが、多分ジタバタしても仕方ないよ。
友達とかに頼んで女の子紹介してもらって、携帯番号やメアド交換して、デートしても、多分上手くいかない気がする。・・・ってか今までがそうだったし


ついこの前までは、
「この不治の孤独が永遠に続くのでは・・・???」
なんて考えて、怖くなって、焦っていたけど、僕の場合は人と違うっていうか、多分同じでは無いと思う。だから、周りの人たちと同じ様な人生のあり方を求めても辛いだけだ。自分は自分、他人は他人。中学からの友人のカネの御陰でそう思えるようになれた。

この孤独と寂しさはしばらく続くと・・・覚悟は決まった。

それは多分2〜3年なんて優しい単位で終わってくれないと思う。

だから、自分を磨くことにした。トレーニングや合気道を続けて、乱に強い精神と、シャープで研ぎ澄まされた肉体へと自分を磨き上げる。ベースやギターをもっと頑張って、感性豊かな技のある大人に自分を磨き上げる。そして読書だって今まで以上にして、知識と教養の泉に自分を昇華させる。それから、資格試験の勉強を頑張って何とか30代前半の頃には取得して転職したい。後、お洒落にもっと気とお金を使いたい。

・・・とまぁ、そんなところかな。
そう思えたら、少し元気も出てきた。やることいっぱいだし・・・。



・・・でも、


・・・・・・そうやって、頑張れば頑張るほど、女性が自分から遠のいていく気がするのは気のせいだろうか?


あぁ〜でも、今はそんなこと気にしてもしょうがない!!!!
これからずっと孤独であることはもう明らかなわけだし、それにその覚悟は決めたわけだし。くよくよしない。

0

2009/9/21

やがて心を劣化させるもの  

幼い頃からそうであったが、無駄に大きなプライドがあり、そのくせ負け勝負はさきに投げ出すようなところがあり、でも負けたままはプライドが傷ついたままだから、余計で不遜な一言を言い放ち、周囲に不快感を与えるのが得意だった気がする。馬鹿にされたり、ぞんざいな扱いをうけることに腹立たしさを感じていたが、馬鹿にされたときに道化を演じることで、周囲とつながっていられるなら・・・、と寂しさに負けて、自分を卑屈な方へと追いやってきた過去がある。「無視されることより、馬鹿扱いの方がまだまし・・・」ということだろう。しかし、市民権を取り戻せば、他人との距離の取り方にも知恵がでてきて、そうすると、また余計なプライドが顔を覗かせる。口が達者なのか、それとも頭が良いのか?ただ利口では無い。この世には言わなくても良い一言っていっぱいある。自分の存在を軽く扱われたくなくて、あまり賢いとはいえない牽制をこれまでに数々言い放ってきた。そして多くの人々に不快感と怒りを与えてきたのだと思う。少年時代も大人に成ってからも、どこに身をおいても大体は軽く扱われてきた。『人から尊敬されたい』『僕のことをもっと大事にしてもらいたい』なんて思うのは啓雲先生が仰るとおり家系の血筋かもしれない。大事にされない。軽く扱われるのは、その程度の人間だってことなのに・・・。でも大事にされると調子に乗る。不遜な発言も出てきて、周りから大事にされなくなるというサイクルは現在進行形で存在してる。以前は『生命の価値が同位置に存在してないから、自分と異質なものへの抵抗感』と考えたりすることもあったが、畢竟するに他人から大事にされるほどの精神(魂)をまだ持ち合わせていないということだろう。目には目を、歯には歯を・・・で、やられたらやられっ放しは悔しいからって、相手を怒らせる一言をいちいち言っているうちは、まだまだ魂の練成の精度が低いということ。笑って無言でその場を流して乗り切るくらいの心の余裕が大切だと思う。頭にきたからって、一矢報いてやろうと相手を怒らせるようなことを言うということは、やがて心を劣化させるものだと肝に銘じたほうがいい。悪意や憎しみのこもった言霊は魂の成長を遮るのではなく、その行為そのものが魂の、心の劣化になっていると知るべきだろう。例えその目の前にいかなる人が現れようとも、心を劣化させる言動は慎むべきだ。忍耐が人を深くする。礼節の徹底が人を大きくする。人は少しづつしか変わっていけない。心の在り方の徹底と、それの地道な積み重ねで、やがて誰からも尊敬される、そして愛される心を持ちたい。

0

2009/9/15

この世の原則の上で  

昨日は、ちょっと気持ちが上向むいたよ

きちんと挨拶できたので・・・。
そういうのって大事だなって・・・思ったよ。
何か自分の中でも、小さいけど確かな一歩踏み出せたと思う。

それって・・・、決着をつけたとは違うと思う。
でも、前進したんだと思う。


こんな稚拙で、なんの益体にもならないようなこの気持ちが、いつか何かの足しになるのかなぁ・・・。


しかし、ほんとに良い娘さんです。あの人は・・・。
いつかきちんと忘れられるんだろうけど・・・、忘れたくないなぁ・・・。

この気持ちが風化してしまう時には、僕の大事なものも同時に風化させて失ってしまうようで・・・、怖い。そして苦しいし、かなり切ない。



そうやって今まで、いくつもの想いを失ってきたんだろうけど・・・、それらを失って僕は何を得たんだろう?


0

2009/9/14

まとめると・・・  

「攻めるのは得意、でも守るのは苦手。」

当たってますね。

「テンションのアップダウンの波が激しい。」

言われてみると・・・確かに。

「それは変えたくてもなかなか難しい。家系的な問題。」

ほぅ、そうなんだ。

「はっきり言えば少し変わってる。もう少し具体的に言えば、みんなと違う文化を持ってる。」

なるほど、なるほど。

「そういう変わり者は、相性の良い人の範囲がかなり狭い。」

うなずける。

「結果、家族・・・親や兄弟に似た人とは相性が良い。」

それは受け入れ難いかな〜。

「今までの経験を思い出してみて、失敗したパターンを分析すると、少し見えてくるはず。」

そうなの?

「それから、自分が好きってのと、自分に合うってのは別物。君の場合は好きなタイプが相性から考えて少しズレてる。」

・・・・えぇ〜、返す言葉が御座いません。

「君は一見すると普通。何も問題無い。でもよーく観察すると、やっぱり変な人。」

ありゃりゃ・・・やっぱりね。

「クラスに必ずいる無視されてたりする奴・・・、そういう奴らと無関係じゃない。分類すると近いところにいる。」

なに!!!聞き捨てならない。




なんてことを啓雲先生と話しました。

感想・・・、鋭い。

身近にいる人の中で一番的確で鋭い意見だと思います。


それで、率直な感想としては・・・、
『自分という人間をもっと客観的に捉えて、正確に把握しながら、変えるべきところは少しづつでも改善できるように努力していこう。』と思いましたね。

項目としては・・・、
@ 意識して意識しない
A GGしない

とかをまず念頭に・・・。


どこまで変われるかな・・・?
なんか変わってみたい。違う自分に・・・。この厄介な想念に苛まれることがないクールでいて穏やかな安定した精神状態を持ちたい。


せっかくここまで書いたから、もうっちょっと・・・。


現時点としては、
身内に近い雰囲気の人とか言われても良く分からない。

ただ、一緒にいて穏やかで優しい気持ちになれる人と一緒になりたいですね。
それでいて心から笑えて、心から一緒に楽しめる価値観を共有できたら最高ですね。


でも、デートのときに辞書を使うのはもうヤダな。




PS
 啓雲先生は最後にぞっとすること言ってました。
 「エヴァン●リオンや鬼束ち●ろを好きな人は変わり者が多く、アスペルガーとかを疑った方が良いよ。」


だって・・・・


悪い人だ。
0

2009/9/13

なめらか・・・?  

とうとうここまできてしまいました


草食or肉食系男子

スイーツ男子

なめらか系男子


なんですか・・・?

このなめらか系ってけったいな響きは

なんか〜、ウェブによると、

『「なめらか系男子」とは、いわば肉食と草食の間の、バランスのいい男性のこと。「好みの男性のタイプ」のアンケートでは、「草食でも肉食でもない、その中間」と答えた人が、64.6%にものぼったのだ。』


・・・だとさ。

草食系やら肉食系という男子の分類化までは笑って許せたが、ここまでくるとイラッとくる・・・。
ま、なめらか系も分類の細分化でしかないのかもしれないが、その再分化から現代女性の浅ましさと厭らしさが透けて見えるがムカつく。

ウェブの記事はさらにこう続く

『「引くときは引いて、押すときは押せるような臨機応変に対応できる男性がかっこいい」「優しさも大事だけど、強引に連れ去ってほしいときもある!」という意見が目立ち、複雑な女ゴコロを反映する結果となった。』

あきれた!!!

要は、生理のときは草食男子で家来のように優しく尽くね。
でも、デートに出かけるときはカッコいい彼になっててね。

って言ってるようなもんでしょ???

阿呆ですね。

そんな男いません。


言い方変えてみましょう。

男目線での女性の分類化です。

@妹系女子・・・基本背が低くなおかつ年下で、可愛らしくて、甘え上手。料理なども男のために健気に頑張る。

Aお姉様系女子・・・バリバリのキャリア系、知的でクール。でも意外に弱い一面もあり、特定の異性の前では女になる。スタイルはモデル系。でも出るところは出てる。

Bお袋系女子・・・言ってしまえば友達以上恋人未満の同級生的な位置にいる女子。しかし基本世話好きで、だらしない男は何かと放っておけないタイプ。家事は全般に得意で、将来は良妻賢母型のひと。


はいはい〜、分類おしまい。即席分類わずか3分っす。

んで、男目線で言えば・・・、

この3分類デルタの真ん中に位置するようなバランス感覚の良い女性が最近はぐっときますね〜。仕事はバリバリできて、なおかつ結婚後は共働きOKで、私生活では僕の面倒をちゃんと見てくれて、お弁当も作ってくれる人。そしてデートに出かけると可愛い妹系になれる感じ・・・。妹系は甘え上手って言っても、ブランド物を強請る子はNGですね」
・・・なんて言ってるようなモノです。

女性の方はこういう言われ方されればムカつくでしょ???


「この男・・・何様???」

って思わない?


でも、このなめらか系男子を通して、世の女性が、世の男性に求めているのって、上記したデルタ系女子を求める馬鹿系男子と一緒じゃないの???




って、俺は思う。


違うなら違うでも良いけどさ。
咲く花が違うだけで、根っこは一緒ですね。


どうせ、バランス感覚の良い男が仮にいたとしても、

「『引くとき引ける、押すときは押せる』の引くはもっと引いてほしい・・・、私の意見をもっと尊重して。んで、押すときってそんなに頑なじゃなくてさぁ・・・、もっとこう・・・etc」

ってなるんですよ。馬鹿系女子は・・・。

わがままが通れば、その欲求がもっと大きくなっていくんだから・・・。




なんか面倒くさい。
0

2009/9/9

更に悶々と  

どうやら外は雨が降ってきたようです。


「この雨は、僕の涙かな?」


・・・なんてセリフを僕が言うと笑いになるな
気分的には泣きたいんだけどね。

大人になると不自由だね。泣きたくても涙が出なかったりする。


今日は、今日でちょっと苦しいというか・・・切ない事があって、何か・・・やりきれない感じが苦しいというか

やっぱり大人は不自由だ。



実をいうと、今年の夏が始まる頃、かなり若い娘さんに恋をしちゃったんだけど、もうこういう歳の子とは、どう間違っても関係を持っちゃいけないわけなんだよな!!!!って気付いた時、自分が歳をとってきたんだってことをリアルに実感して・・・、妙に虚しくなった。

歳を取るのは嫌いじゃないし、以前は早く30代に突入したいって憧憬を持っていたのに、今では少し怖い。

いや、実際今でも充実感を噛み締めながら、ゆっくり歳をとることになんの抵抗もないのだが、この歳になる頃にはしっかり掴んでいたかったものを手にしてないのに、何か大事なものはスルスルと抜け落ちるように、自分から失われている感覚が妙に怖い。

それは自分が自分でありながら、自分らしさを失うような感じだ。

代価を一番払いたくなかったモノで、無理矢理払わされた感覚がある。それが痛みに変換されてくれると、幾分楽にも為れただろうに・・・。

月日は痛みすら与えてはくれない。


どうなんだろう・・・?

僕がもっと無能なら、諦めがついただろうし、
僕がもっと有能なら、そこに辿り着いただろうし、

僕の感受性がもっと鈍かったら、こんなに苦しまなくてすんだだろうし、
僕の感受性がもっと研ぎ澄まされていたら、きっと違う道を見出しただろうし、

僕がもっと物分りが悪い人間なら、誰かが面倒を見てくれただろうし、
僕がもっと利巧だったら、誰かがついてきただろうし、

僕がもっと悪い人間だったら、もっと異才な魅力を出したかもしれないし、
僕がもっと良い人間だったら、ここまで放置されずにすんだだろうし、


・・・なんてことを考え出したら切りがないけど、今は考えずにはいられない
親友あたりからすれば、迷惑な話だろうが、10年この問題に悩まされてる。もういい加減卒業したいし、いい加減報われたい。

いじけてどうにかなるなら、いくらでもいじけるが、そうそうことは簡単でも甘くもない。
だが、ぶつけ様のない表現しようのない感情が心にしこりを作ってしまい、今までどおりでいられない。


いつか終止符を打つ日が来るのだろうか・・・?

それともこのまま終わるのだろうか・・・?

自分は変えていけるのだろうか?
そもそも変わる必要はあるのだろうか?
無理矢理変化を求めず、このまま待ち続けた方が良かったりしないだろうか?
そもそも待って答えがやってくるのだろうか?
もっともがいて、ジタバタした方が近道を見つけられるのではなかろうか?
それとも覚悟と諦めの境地から、自分をG線上の上に存在しないモノと位置づけるべきだろうか?
そもそも自分は幸せになっていいのだろうか?

そんな資格はあるんだろうか?

そんな権利はあるんだろうか?

そんなこと許されるのだろうか?
0

2009/9/8

代価の先払いか?  

2日連続投稿

誰も読んでないかと思うと気持ち良いなぁ〜、なんか誰彼にどう思われるとかを、まったく気にしないで書けるって最高です。

・・・ってそれなら、SNSやWEB公開型ブログを使うなってお叱りを誰かからは受けそうだが、余計なお世話だってね。

だって便利なんだもん

昔の記事なんか読むと、

「へぇ〜、この頃はこんなこと考えてたんだ」
みたいな発見もあるし・・・、誰かに話しかけるような文体で書くのが面白いし、メッセージ性もあるし、頭の中の考えがまとまったりするし、書く練習になるし、第一、日記作成ソフトとか使って毎日ちまちま書くの味気ないし。


こういうので丁度良いんです。

意見がある人は、ネット上でコメントでください。攻撃的なものでも、応援的なものでもネット上なら何でも歓迎ですよ。

ここの日記読んで、次会ったときにネチネチと、人の思想や精神的思考にイチャモンつけるのだけは止めてください。アンフェアですよ。




さてさて、それはそれとして、今日は昨日の続き・・・


久しぶりのショックを引きずったまま今日も仕事してきました
色々と後遺症が出て、職場の皆には結構迷惑をかけましたが・・・。

それで、本日も終了・・・って感じの6時頃 よく、いろんな話をする、業者の事務の女性と、電話してたときの話です。

ぶっちゃけカミングアウトしてみました。

「実は僕・・・、日本人の女の子と・・・、ちゃんと付き合ったことがないんだよね」

その人はびっくりしたというか、コメントしづらそうな感じで、

「大丈夫ですよ。きっとピッタリくる人が、そのうち現れますよ。」

・・・と。


結構勇気付けられました。


でも・・・


そう言われて、もう10年になるんです。


ま、そりゃ〜その10年のうち2年半位は英国人と付き合っていましたが、それも昔の話!!! 相変わらず日本人連敗記録は更新中・・・。

なんとも悲惨です。


自分で言うのもなんですが、別にルックス的には並!!っていうか普通だと思うんです。 そりゃ・・・多少変わり者的な扱いも受けますが、性格的にも特別おかしいとは自分では思わないし・・・。パチンコや競馬の類も一切やらないし、タバコも吸わない。友達は大事にするし、酒癖の悪さも少しづつ良くなってきたし、合気道で精神と身体の鍛錬に励んでいるし、ベースを通して感性の世界も極めようと奮闘してるし、読書もするし・・・・・


なんかこれといって、日本人の女の子にウケない理由が自分で思い浮かばないし・・・、はっきり言って分からない。


ほんとに、自分にピッタリくる女性っているのかなぁ・・・???
そして、それはどんな人なんだろう・・・???

なんか答えを求めてしまう。


なんか、自分はこのままずっと一人かも、と思うとぞっとするけど、変にリアルがそこに横たわってる。


この前、お客さんのところで知り合った71歳のスーパー爺。
女は40歳からが色っぽい・・・、30代まではまだまだ子供・・・、と言い放ち、実際40歳の看護師と付き合っていて(奥さんは健在)、バイアグラを常備しているスーパー爺がこんな興味深いことを言ってました。


「女は、ちょっと悪そうな、ちょっと不良な男が好きなんだ。俺みたいな・・・。あんたみたいに真面目そうなのは、つまらなく見えてしまい少しも興味がわかないもんなんだ。」


ですと。


言ってくれますよ、このバイアグラ爺は


でも言ってることは、いいとこ突いてる気がする。
確かにお笑い芸人の歌にもあったけど、佐賀県だけでなく田舎はヤンキーがもてるし・・・。


だけど、今から僕が悪ぶっても全然だめでしょう・・・。多分不自然だろうし。女にモテたくて自分の生き方変えるのなんて考えられない。さすがに僕はそういうことができる人間じゃないし、ありのままの自分で勝負していきたい。

つまらない男と思われるなら、それもまた人生。


とにかく自分極めだ。短所をなくし、長所をのばす。

業者の事務員さんや、親友が言うように、そのうち僕の良さに気づいてくれる素晴らしい女性に逢えることだろう。





・・・たぶん
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ