あしたば仲間、油壷歴史散策140708  

あしたば仲間、
“三浦一族終焉の地”油壷歴史散策



あしたば仲間7月度例会は二年がかりで悪天候で中止になっていた念願の“三浦一族終焉の地”油壷歴史散策がやっと実現しました。
参加人数も8名全員と新たに仲間入りとなった1名を入れて総勢9名の参加でした。
前日雨だったというのにこの日は暑かったが好天の中で気持ちの良い散策が出来ました。


 ■日時  :7月8日(火)午前10時集合(時間厳守)
京急バス 三崎口駅前 10時04分発 油壺行きに乗車

 ■集合場所:京浜急行)三崎口駅 駅前広場

 ■行程  :油壺ハイキングコース、約2Km、70分
       三崎口駅前→(バス)→油壺バス停→新井城址→新井浜→胴網海岸
       →三浦道寸墓→油壺マリンパーク→油壺バス停→(バス)→三崎口駅前

 ■昼食  :胴網海岸

  ■持ち物 :昼食、飲み物、シート、帽子、カメラなど
       飲食物は各自で用意、またアルコール類はほどほどに願います。

 ■解散  :午後2時ころ、京浜急行)三崎口駅にて



今回は前々から行って見たかった高野山真言宗飯盛山三浦大師、妙音寺まで約1時間余早くついて散策がてら参拝して来ました。
残念なことは裏山にある大日如来像の周辺に自生しているやまゆりの咲いているところへは時間的に無理があり断念しました。
★画像をクリックし大きくして見てください。


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山妙音寺入口
神奈川県三浦市、高野山真言宗妙音寺


クリックすると元のサイズで表示します
三崎口から飯盛山妙音寺まで一人ぶらり歩きで歩いた軌跡


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山三浦大師妙音寺(1)


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山三浦大師妙音寺(2)
望遠で撮った大日如来像


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山三浦大師妙音寺(3)
仁王像、山門


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山三浦大師妙音寺(4)
本堂


クリックすると元のサイズで表示します
飯盛山三浦大師妙音寺(5)
四国八十八カ所 お砂踏み巡礼

お砂踏みとは、四国八十八ヶ所霊場各札所の「お砂」をそれぞれ集め、その「お砂」を札所と考えて「お砂」を踏みながらお参りすることです。
そのご利益は、実際に遍路をしたことと同じであるといわれています。


クリックすると元のサイズで表示します
三崎口駅前
高野山真言宗飯盛山妙音寺詣りに約一時間ほど散歩して戻って来ました。
仲間達の半数以上は集まっていて、時間通り全員が集合しバスに乗り油壷バス停へ


クリックすると元のサイズで表示します
油壷バス停


クリックすると元のサイズで表示します
油壷海岸散策の軌跡
時計回りで初めは樹木のある散歩道から海岸へ出て歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
油壷マリンパーク
うっかりして突当りにある油壷マリンパークまで来てしまったが、引き返してハイキングルートに沿って散策開始。


クリックすると元のサイズで表示します
油壷散歩道(1)
樹木のある散歩道は涼しく快適でした。
左側が油壷で歩いて行くと樹木の隙間から油壷が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
油壷散歩道(2)
油壷湾が見える高台に歌碑が立っている。
ここが1516年新井城に籠もった三浦一族は北条早雲の大軍を相手に3年間にわたって奮戦するも、三浦義同(道寸)を始め将兵は討死に、残る者は油壺湾へ投身し、湾一面が血汐で染まりまるで油を流したような状態になったので後世「油壺」と言われるようになったとされる。
(wikipediaより)


クリックすると元のサイズで表示します
胴網海水浴場(1)
ここへ来たころは波も静かでしたが帰るころにはかなり波が高かった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場(1)


クリックすると元のサイズで表示します
岩場(2)
黄色のゆりが咲いていてパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場(3)
岩場散策中。


クリックすると元のサイズで表示します
胴網海水浴場(2)
例会場所は胴網海水浴場の樹木の日かげに場所を確保する。
トイレは海の家が開いていて1回100円で利用できるようで都合がよかった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場(4)
例会場所も午後になると台風の影響か波が大きくなり早めに片付けて今回の目的地、三浦導寸の墓へと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
三浦導寸の墓
導寸は三浦義同(よしあつ)と言い、出家後三浦導寸と言われ、平安時代から続いた豪族・相模三浦氏の事実上の最後の当主。
京急油壷マリンパークの北側の山の上にあり、その奥は断崖になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
自宅から油壷までの軌跡


この日に歩いた歩数: 18,130歩(約11.8km)
仲間達と歩いた距離は約3〜4km位だと思います。

ここへ訪れて来られる皆さん、
たまにはあしたば仲間散策例会に体験参加しませんか?
散策していると足腰も丈夫になるし、新たな発見もあるし、仲間達と交流しているうちに自分にない知識も増えて脳の活性化にもなりますよ。

青葉の百姓 2014.7.8記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------------
プー太郎さん
2014年07月09日 10時14分
お仲間たちとの 第一火曜日のウォーキング例会ですね。
3年先には、参加できるかどうか?

青百
2014年07月09日 14時07分
私が居ないかもしれませんが、健在なら頭の片隅に入れておきます。
来月になった富士山登頂の事で頭がいっぱいです。
一人ではなく仲間数人連れて行くため、当日の天気具合を予期して登頂実行するか否かを判断しなければならないのが大変。
好天を祈るのみです。


青葉の百姓 2014.7.8追記


------------------------------------------------------
さぬきふじさん
2014年07月10日 08時41分
台風の前に出掛けられてよかったですね。
みなさんお元気に闊歩出来てる様で・・・・
お天気もいいし、お遍路お砂ふみも有るのですか。
富士山登頂予定。  頑張りますね。
お天気に恵まれますよう祈っております。

青百
2014年07月10日 09時10分
おはよう!
あしたば例会の前日も雨、翌日も雨、当日だけ素晴らしい天気に恵まれ仲間達と三浦半島油壷まで散策してきました。
海辺で食事をすると潮の香りが漂い良いものですね。
例会前に一人ぶらり歩きで高野山真言宗飯盛山三浦大師、妙音寺まで行って来ました。
四国まで行くことが出来ない方のためにお遍路お砂ふみも有りましたよ。
大師様は全国に広めた高僧で日本のどこにでも足跡があります。
お天気祈願、有難う。 富士山登頂は天気次第。
何とか山頂お鉢からのダイアモンド富士、輝く夜空、それにご来光が見れれば最高ですが・・・。


青葉の百姓 2014.710追記




2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ