2009/10/16  23:52

1st July 2009 at Glasgow  THUNDER

2度飛行機を乗り継ぎ、当日7月1日お昼ごろに着いたGlasgowは『ここは日本?』と思うぐらいの暑さで、ScotlandやUKは涼しいと長袖を主に持ってきたことを悔やむ(^^;
本当に汗がにじむ位の気温で30度にはなっていないだろうけれど、日差しが肌をチリチリ焼いて痛い。 

だけど、暑い(熱い)のは気温だけじゃなかった(笑)
Glasgowのこの会場でTHUNDERを観るのは何度目かな?
いつも前のほうで観てオーディエンスの歓声が大きすぎて耳を塞がないといられないほどで、盛り上がる会場だけど、この日はその類ではなかった・・。

一曲目の’Back Street Symphony’でオーディエンスのそのすさまじい騒々しさにバンドがまさしく目を真ん丸くする。
Bennyなんかは冒頭からジャンピングキック(^^)
本当に異様なほどの空気感で前座のLogan?が結構良い終わり方をしたのも手伝ってか、最後のDirtyLoveあたりの大騒ぎ。
Dannyがファンの呼び込みでGlasgow公演の追加が決まったことにお礼を告げると、歓声が鳴り止まなくなる。
本当にこれにはバンドもびっくりしながら感動している様子で、Dannyはその歓声を浴びるようにしばらく舞台中央で胸に両手を当て目をキラキラさせていたのが印象的でした。
歓声がいつまでたっても鳴り止まないので、Lukeがバンドの合図を送り2曲目のDirty Dreamの前奏を鳴り響かせ強行的にスタートさせる。
自然に発生した『Wo! Wo! Wo!!』の掛け声で会場が一体化する。
今回LIVE3公演レコーディングをして帰りに受け取れるCDを販売するそうですが、
この時すでに、「なぜ?この日を録音しなかったのか?」と頭をかすめる。
「早い(笑)」とつい、思ってしまった’Higher Ground’3曲目にして気持ちの突っ支い棒が外れる(苦笑)
心の中で「Bennyがこうしてギターをかき鳴らすツアーは最後なんだ」とも思う。
今冷静にPCの前にいるから書けるんですが、日本公演時よりかなり引き締まって、特にお腹がすっきりしたBenny。
演奏している表情を見ていると、気合いというか・・明らかに『最後の演奏』を心積もりして立ち向かっている・・そんな気がしました。
Low Life In High Places会場が一体化して見事に歌い上げる。
Dannyはなにも煽らないのにこんなに大合唱したこの曲を私は記憶がないくらい。
正直いつもDannyが引っ張るあれは無くてもいいのにといつもは感じるんですが、そんなこと・・・一瞬もチラつかなかった。
でもそのDannyの声。本当にこんなに歌える人が辞めようとしているなんて・・;
その類まれな(笑)大騒ぎのままいつもだってこの曲は大盛り上がりだけど、Gimme Some Lovin尋常じゃない(><)

「でも〜Benny〜〜〜Keyboardの両横のそのスピーカー・・顔が見えないんですけど;」
(ちょうど顔の両脇をかぶせるように立っていて正面からでないと弾いているBennyの顔は見えません;
ねぇ〜普通顔見せて何ぼでしょ?本当に変わったミュージシャンです。(苦笑)
もうこの段階で(もっと前だったかも^^;)滝に打たれたようにバンドはみんな汗でビチョビチョ。(私たちもだけど;)

クリックすると元のサイズで表示します
撮影時間から推測するに;おそらくMY Fevorite Song'LIKE A SATELLIE'で両ギタリストが並んだところビチョビョ感わかりますでしょうか?

白いシャツから素肌が透ける状態のBennyが目の前でスライドギターを響かせ始めたRobert Johnson’s Tombstone。
ごめんなさい、このあたりから記憶が飛んでいます。

とにかくみんな滝のように汗を流して演奏していて・・両ギタリストのギターが大雨に降られたように幾筋もの汗の雫が流れていて・・光っていたなぁ〜と。
確か・・「次はSexyなやつだ。今気分がSexyな人手を上げて!」とDannyの質問から始まったThe Devil Made Me Do It。
一度音を無くして急にまた大きくして盛り上げる曲なんですが、その部分で一旦止めた後、
ステージ前の足元のスピーカーの間から突然!と・つ・ぜ・ん(苦笑)ファイヤ〜〜〜!!!!!のけぞってびっくりするとはこのことで(;_;)
あっぁぁぁそれで、ピットがいつもより開いていたのね。
注意書きが表のドアに張ってあったんですが、そののけぞってびっくり仰天するオーディエンス(私たち)をステージ上からなんとも嬉しそうに眺めるバンド(^^;;
あの、いたずらっ子そのもののDannyとBennyの瞳が妙に焼きついてるんですが・・
でも、本当に怖いほどの炎で、煙が残るステージ・・;文字通りぎゃぁぎゃぁ〜悲鳴が背後から聞えてくる(自分が一番騒いでいたかもしれませんが・・くぅ〜;;)

何度も書きますが、この日の興奮度は未体験ゾーン。
自慢じゃないですが、この段階で100回近いTHUNDERのSHOWは観ていますが、こんなに我を忘れて観たのは多分初めてだったと思います。
全部観終わって、今はもうTHUNDERはありませんが、最後の最後のフェスティバルも含めて、この日が一番じゃないかと思いました。
少なくともDVDが晴れて発売になったLONDON Hammersmith よりも私はこの日が良かったと思います。
列車パス等の関係で費用がかさむため、追加が出た時は悪態をついた私ですが、
まだ明るい白夜の空を終演後眺めた時は、つくづくTHUNDERのファンで・・そして、本当に金額的にはつらかったけれど、
『来て良かった・・』と晴れ晴れしたなんともすがすがしい興奮を覚えずにはいられませんでした。
きっと、何十年たった後でも、あの空を思い出して懐かしむんだろうな・・と思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
4

2009/10/15  1:28

THUNDER Ferwell Japan Tour -Part3-  THUNDER

*注 もう3ヶ月前になりますが7月・・Londonに滞在中書きかけたものです。
  日本公演のこと・・正直忘却の彼方(大汗)多分;
  締めの言葉を書いて終わりにするはずだったと思うので、UPしようと思います。
  そのため中途半端な書き終わりにどうかご容赦を・・。

******

かなり間が空いてしまいましたが、Part3を。
えぇ、かなりあの時から時間がたってしまっているので、忘れていることも多々なんですが、
確か少しDanny側寄りのLukeとの間くらいの位置に陣取った筈。
Benny側が結構込んでいて、(以前はLuke側から埋まったものですが;)
『右に(Bennyサイド)行かなくていいの?』と友人に突っつかれながら(笑)
そのBennyがかき鳴らし始まった、久しぶりのWelcom To The Party、必死で『F☆ck You!!!』を叫んだOn the Redio、Everybody Want's Herあたりまでは普通に楽しく騒いでいたんですが・・;
まだ4曲目のI 'm Deaming Againで捕まる(苦笑)多分一番多く観た"The Magnificent Seventh"のツアー。
色々思い出も沢山蘇ってきて、ボロボロこの段階で涙が出る;
Davil Made Me Do Itで少し持ち直したんですが、ほぼ泣きっぱなし(−−;
笑顔も自然に出るんですが(どっちかにしろ!の泣き笑い状態)、目から涙があまり乾くことは無く(およょょ・・・;)
一番好きなHigher Groundでは両ギタリストが左右にかっこよく並んで立つ”見せ場”もかすんで見えないほど(><)
頭の片隅に追いやる努力はするものの、『この曲もあの曲も日本で演奏するのは最後』というのが頭から離れなくて・・;
自分自身、本国のFerwell Tourを全部観るので、”今生の別れ”ではないのに。
どの曲の時だったかは忘れましたが、おそらくアンコール時、最前列で観ておられた男性がメガネを外され涙をハンカチで拭っていらっしゃったのをさすがのLukeも目撃し、辛そうな表情をしていました。
元々バンドマスターのように気丈ではないはずの、フロントマン。
前のほうでかなりのオーディエンスが泣いているのが見えたでしょうに、まさしく目を見開いて歯を食いしばって、気丈に演り通したDanny。
だけど、Bennyの前で最前列でご覧になった方に終わった後伺うと、Dirty LoveでのDanny『汗の中に涙が・・』だったそうで、そういう話をしながら終演後ご一緒にラーメンを食べたのですが、みんな丼の中に涙がポタポタ。
ここ最近泣いたことなんか、無かったのに;この日は本当にボロボロでした。


にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
4

2009/4/28  1:18

THUNDER Ferwell Japan Tour -Part2-  THUNDER

さて(笑)
4月18日(土)川崎 CLUB CITTA'の1日目です。
やはり、昨日までの会場と違い大きな舞台にバンドも嫌でも気合が入るだろうなぁ〜と、
フロア―両サイドに掲げられた大きなスクリーンで彼等の勇姿を眺めながら、ぼんやりそんな事を考えました。
初日'She's So Fine'2日目'Backstreet Symphony'と、1曲目がきたから、
多分残りは'Welcome To The Party'と'Loser'(^^)
私は発売順じゃないかなぁ〜?と大阪が終った時に考えていましたが、
この日は後者の'Loser'でした。
きっと、日本人のリクエストは'Welcome To The Party'の方が多かったんでしょう。
私はこの日の1曲目はおそらくTHUNDERを観た中で一番多かった1曲目なので、
思い入れはこちらの方が沢山あります。
まぁ〜歌詞的には『どうよ?』って気持ちもありますが、
唯一来日を果たせなかったアルバム『Shooting At The Sun』
もしかしたら私は一番THUNDERを想いつめながら(苦笑)彼等の演奏をUKや一部のEURで聴いていた時期だったかもしれませんね。

'On The Radio' 'Miracle Man'と新曲を続けて大騒ぎしながら聴いて、
『このアルバムの純粋なツアーを観たかった・・』と(大阪は'Stormwater'との3曲を披露されましたね)
初日の大阪から思っていた事を、改めて痛感しました。
個人的な話になりますが、4歳になる姪っ子にBang!を聴かせるとOn The Radio' 'Stormwater'の頭2曲に物凄く反応して、お尻を振ってダンスをします。
正直THUNDERのアルバムの中で一番聴き込まなかったアルバムでしたが、やはりLIVEを観ると何かが化学反応を起こすんでしょうねぇ〜。
いつものようにそう、自分を悔い改めるんです(笑)姪っ子の方が先入観がない分素直に良い物を嗅ぎ分けるのかもしれませんね☆

大阪で喉の具合が悪かったDanny。
'Low Life In High Places'も演奏されたけれど、あの日とこの日は全く別物でした。
CITTA'の素晴らしい照明でキラキラ輝きながら歌うこの人が歌う事を辞めようとしているなんて・・
複雑な気持ちに、なりました。

まぁ、LIVE中はそんなに思い詰める暇は与えてくれませんでしたが(笑)
前作のシングルカット曲、タイトルチューン、一番のお気に入り曲と3曲立て続けに聴いている時は、ほんとそんな哀愁吹き飛んでいます;
今そう・・書いていて、思い出しましたが、前作私アルバム聴かずに; Sheffieldでいきなり先にLIVEを観たんだっけ;;
(HMVから外盤が期日に届かずに;)
タイトルチューン'Robert Johnson's Tombstone'はそうじゃないですが、
'The Devil Made Me Do It' 'Dirty Dream' 共にバンドが4人ずらっと並んでハーモニーを聴かせる時、ほんとゾクゾクします。
初めて観たあの日もゾクゾクしたなぁ〜・・本当に格好良くって・・。

でも、この日の私にとってのハイライトはやはり'Don't Wait For Me'でした。
貴重な'Fire To Ice'も有ったんですけど・・;
Dannyの一切フェイクのない歌いっぷりにも、勿論目を見開くほど感激しましたが、
4人の演奏。
特にLukeのソロ。
今まで私が観た同曲の演奏の中で一番でした。
私はミュージシャンの中でBen Matthewsが一番好きだと言い切れますが、
一番好きな音を奏でるミュージシャンはLuke Morleyじゃないかな?と。
『心が震える演奏』
あの時はそんなことまで考え及びませんでしたが、
私は音楽を聴く時、歌を聴いているのではなく演奏(メロディ)を聴いているのだと、
今強く感じています。
だから、大体ファンになるのは殆どがギタリストで(笑)
ボーカリストは少ないんだな(汗;)と。

ところで、私今オフシャルのセットリスト見ながら書いてるんですが、
大阪と最終日のアンコール間違ってますね・・。
前回の日本公演も間違ってましたが・・だれがThinnyに知らせているんだろう??
5曲もアンコール最終日だって、してないのに;
Very Britishといえば、そうなんですが・・。(むむむ・・)


後半にしてpart2までにしようと思っていましたが、
part3に続きます。

P.S.
1年ほど更新が無かった間に(大汗)Blogが色々と目新しくなっていますね(ひとごとかいっ!!;)
拍手機能があって何拍手かいただいていて・・嬉しいやら、恐縮するやら(^^;
でも、ありがとうございます。
9

2009/4/26  1:02

THUNDER Ferwell Japan Tour -Part1-  THUNDER

終って・・しまいましたね・・。
一応、感想をと・・キーボードを久しぶりに叩く気持ちでおります。

私は、4公演全て観ましたが、19日(日)川崎クラブチッタと、その他の3公演はやはり全く違うものでした。

辛(から)い言い方をさせていただければ、初日の大阪公演は・・あくまで、肩ならし(苦笑)ウォーミングアップぐらいの気合でした。
DannyはM&Gで『空調が・・』と、喉の調子が良くなかったとを仰っていましたし、
Harryの体調が明らかに悪かったこと。
ドラミング・パフォーマンスに表れている事を、観ている時から個人的に思っていました。
おまけに、ヤケクソ気味なのか(苦笑)右端でBennyとChrisはピックの取り合いをして;
遊んでいるし・・。
個人的に地元大阪の最後の演奏・・観ている側の気持ちとは、明らかに裏腹な気持ちの空回りする公演でした。

隣の住人がペア応募して、当たってしまい入った、サウンドチェックの方が・・
出来が良かった気がします;
聴きたかった、'Rader Love'を演奏してくれたし☆
そんな中でも、日程の関係で遠征組みがおそらく少なく・・純関西人が多かったであろう、
オーディエンスは大歓声を送り、辛抱強く呼びも戻しの拍手をしました。
だから・・もう少し余韻を楽しませてくれても、いいんじゃないか?
と、『終ったから、帰れ!!』と叫ぶ会場側のスタッフに、追い立てられながら少し悲しくもなりました。

入り具合を本当に気にしていた、名古屋は打って変わって、そんな心配はただの危惧だったと、思わせるくらい気持ちのいいLIVEでした。
一時は、隣の住人と・・『フロアーで縄跳びが出きるんじゃない?!?』と自虐(???)ギャグを言い合ったくらいでしたが・・。
まぁ大入りでは勿論無かったですが、前回の同じ会場のときもそうでしたが、大きさがこじんまりしているせいか、
もしくは熱心な遠征組みが多いせいか;?、本当にDannyはオーディエンスの『歌声』に大満足の様子でした。
「Nagoya〜〜〜Lovely Place〜〜〜!!!」と、目をキラキラさせてニコニコでした☆
それと、セットリストがガラッと変わり、一番大好きな'Higher Ground 'が演奏されたことが私の気持ちを一気に頂点に持っていたことは否めません(笑)
何度も言った事だと承知していますが(笑)
両ギタリストが左右にギターを抱えてハーモニーを奏でる瞬間は、何度遭遇しても、私にとってスペシャルです。
大阪のところで、書き忘れましたが、良かった'Stormwater'名古屋でも素晴らしく、'I'll Be Waiting'も格別でした。
勿論愛しのBennyのキーボードも良かったですが、Luke Morleyファンの頃の気持ちを思い出したくらい(笑)
ちょっと、ウットリしてしまいました(ははは・・)
Harryのドラムソロ(元気になったようで安心してとても嬉しかったです)が圧巻だった、'An Englishman On Holiday'。
バンドはHarryを置いて、長いソロに呆れて(大笑)スピーカーの後ろに隠れてしまいましたが・・。
その様子も本当に和んで、THUNDERはこうでなくちゃ!!と一人で納得していました。
Dannyが最後まで歌いきった'A Better Man'では『、最後なんだ・・』と痛感させられましたが、
日本で自分にとって初めて'Dirty Love'で終らないLIVEを心の底から楽しみました。
M&Gの会場側の仕切りがいまいちで、追い立てられるように済んでしまい;
大阪で渡したけれど『お直し』でオフに持ち帰ったプレゼント、Bennyの帽子(キャップ)
被った姿の写真を一応撮ったのですが;フラッシュを焚くのを忘れ;ピンぼけ;;
どなたか私の後でずっと被ってたらしい(?)Bennyのあの日の写真ちゃんと撮られた方、
いらっしゃいましたら是非ご連絡ください・・。(2ショットでも一向に構いません!)
宜しくお願いいたします。

と・・書ける(苦笑)範囲の感想の前半戦は一応これくらいかな??
続きは書くつもりでおりますが・・
期待しないでお待ちください(A^^;
5

2008/5/10  15:22

一安心  Peter Shoulder

久しぶりにCheck(^^;したTHUNDER のオフシャルメッセージボード、
Other Music 『Peter Shoulder』のスレッドを読み、
21GunsがMy Spaceでデモを短いながらも発表していることに先ほど気が付きました・・。
5月6日にだった・・みたいですね;。
一応Peter自身のMy Spaceは良く音を聴きに行っていたけれど、
フレンズの書き込みまでは・・読んでいなく、21Gunsのページは以前の音があまり好きになれない私は、
なんとしたことか・・音を絞ってみていたもので・・全然Peterの美声に気付くことも無く;
スルーしていたようで・・
いやはや・・4日間も素晴らしいものを聴き損ねていたんですね。
まぁ今更、彼の歌声をどうや・・こうや・・と、私なんかが解説するつもりも無いですし、
すっかり傾倒している身では、公正な(笑)書き方も土台無理でしょうけれど。
21Gunsの元々のファンの方に、喧嘩を売るようで心苦しいのですが、
おそらく元Thin Lizzyのギタリストの方が作る曲が、果たしてPeterに相応しいものか?!?
がPeter Shoulderのファンとしてはそこが一番重要課題でありました。
華々しく公の場に出て、何とか彼に成功して欲しいと思う傍ら、
彼自身のルーツや趣向を崩してまで・・と、勝手な葛藤が馬鹿なファンはあったのです。
加えて、ボーカリストとして入った彼に、ギタリストであるScott Gorham氏がギターを弾かせるのか?
いや、言い換えましょう・・リードギターを弾かせるのか?
実は21Gunsの話を聞き、一番最初に私の頭を駆け巡った心配はそこにありました。
まぁ裏返せば、心のどこかで、Winterville以外のバンドでPeterが歌うことに正直心の整理ができていなかったのかもしれません。
ソロになって、自分のバンドを作るのだろうとは思っていました。
が、まさか・・既存のバンドにボーカリストとして加入するとは夢にも想像していなかったからだと思います。

上手い具合に事が運んで、将来21GunsのShowを観ることとなった時・・
万が一、センターマイクの前で手ぶらでPeterが歌い出したら、
迷わず、物をGorham氏に投げつけてやる!!
・・とまで(苦笑)思ったほどでした・・。

ThunderのDanny Bowes氏がよく褒め(^^;言葉でPeterの声を称して、
『カバーデルばり・・・喉をかき切ってやりたい・・』とよく言っていましたが、
私は・その声以上に歌う、感情を込めることが出来るあのギターサウンドに心底参っています。

ですが・・そんな心配は無用だったようです。

今21Gunsのページでデモの2曲目の『THE WALL』に、明らかにPeter Shoulderの弾くソロを聴く事が出来ます。
あの黒いギブソンでルーツであるBluesを滲ませて・・。

どこを切ってもPeterではないかもしれませんけれど・・
新しいこのデモはPeterの一部には違いないでしょう。

そんな気持ちとは裏腹に、最近彼のアコーステックギターでの歌声しか耳にしていなかった身としては、
小躍りするくらいRockに戻って来てくれたのは嬉しいのは確かです。

ほんと・・痛いファンとはこのことだな・・;
と、自分でも理解していますが、どうしようもないです。
すみません。;
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ