左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2008/5/7

農産物高騰 各国の対策  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
インターネットにおける公開情報を機械翻訳で読みながら世界の流れを知るのは重要です。

投機資金が農産物分野に流入して予想できなかったほどに高騰しています。
東南アジアでは米価格が2倍になり、石油輸出国機構のような国際組織を形成して価格統御を企図する方向もでてきているようです。

農産物の輸出禁止制限もでてきているようです。

USでは、現在建設されているバイオエタノール燃料工場が全て稼動すればトウモロコシの海外輸出分に匹敵するほどの生産量になるそうです。

国際的な投機資金が農産物分野には入れない仕組みも模索され始めているようです。
資金の自由な運用を制限する。という模索は、世界が新たな秩序を必要とするほどに一体化して、格差が拡大しているという現実認識の共通化が広がっているからだと思います。

韓国のインターネット情報では、耕作可能地への作付け拡大・燃料化可能なアブラナの増産などが政府方針としてでてきたようです。

採算性が悪かったり、生産調整の観点から耕作させない行政指導が行われたのは日本だけではありません。

インターネットで国際情報に直接触れましょう。

新燃料研究所

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ