左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2008/10/23

日本のBDF規格の流れ  BDF歴史・関係書籍・論文
日本におけるバイオディーゼル燃料の規格化の流れを画像で掲載します。

個々の節に到達する経緯を調査するのは時間もかかり、多方面の知識も必要です。

バイオディーゼル研究の入門・初心者段階から前進したければ必須と考えます。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


当初、品質確保法がガスクロ分析の有用性を理解していないというカラムメーカーや分析現場の声がありました。現在は試験方法に追加されています。

個々の項目は今後改正される可能性があります。

特に強制酸化における時間はヨーロッパにおいて延長される方向にあり、日本でも数年以内に現在よりも厳しくなると考えています。

水分に関して、従来からドイツなどの業界団体は自主基準でEU規格を上回っているようです。日本では水分の数値見直しはほぼないと考えています。

ここで特記しておきたいのは品質確保は目安の指標であり、さらなる品質向上が生産所には必要です。品質確保法では安価な各種測定機器での判定ノウハウなどは反映されていません。

さらに指摘するならば生産技法における埋め立て廃棄物の発生や、洗浄毒水などの処理などは主旨が異なるので何も規定されていないということです。


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ