左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/1/10

早速の実験  BDF品質評価
年末年始に多くの文献を読んで、早速の実験となりました。
実験準備を終えたとき、タイミング良く滋賀810さんが来訪されて見学です。

試験管を洗いながら、こいつが自動車故障の隠れた重要な原因と疑っていると説明。
他の原因と複合して発生する場合が多く、今回のようにほぼ単独と考えられる事例は珍しい。

燃料フィルターに付着する茶色スラッジ状物質は予想どうりの条件で消失し、予想どうりの条件で変化しませんでした。対照実験が見事に成功です。

物質名特定は仮説で間違っているかもしれないけれど対策はとれると確認しました。
念のため燃料フィルター濾紙の切片を試験管に入れて再確認しました。

吸着剤系を使用しない技法なのにスラッジが燃料フィルター内に発生する事例のひとつに関する話題です。


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ