左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/11/9

不思議なBDF 引火点  BDF品質項目の解説
排出権取引に関する制度が整備され、J-VER制度に申請が増えています。

バイオディーゼル燃料の場合は ポジティブリスト E004 として定められています。

http://www.4cj.org/jver/project/anken01.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

不思議なBDFがありました。

クリックすると元のサイズで表示します


引火点 40.0℃ とあります。

一般的には 引火点が低い場合には 残留メタノール 酸化劣敗 が疑われます。

しかし、それらは問題ない数値となっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

動粘度が規格範囲であるものの、 やや小さい のが気がかりだけれど、

引火点の低さの理由が理解できません。

どうして、こんなに低い引火点になるのだろう。

現実問題として、引火点が低すぎて自動車燃料には使用できないのではないかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

上記の分析表における 水分 がやや多く検出されていますけれど、

非水・無水系ではないようなので、実用上には深刻とは思えるほどではありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何かの添加剤を使用されているのだろうか?

原料油脂には問題ないように読みました。


この事例だけでなく、

J-VER申請において不適切な数値で申請される事例や、添付書類不足の申請があるようです。


分析表の数値への理解が無いのか、方法論 E004 は骨抜きの飾りになってしまうのか。。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ