左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/10/24

植物油の賞味期限の延長  BDF歴史・関係書籍・論文
油の賞味期限が延びたそうです。

食用油の容器を改良することで酸素の影響を小さくさせたそうです。

樹脂は小さな分子を通過させることがあると知る人は少ないようです。

水や液体は漏れないけれど、空気の一部は通過するのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


クリックすると元のサイズで表示します


引用

シリカ蒸着PETボトルの導入

容器の最も重要な機能は、内容物の保護です。お客様に、油を少しでも長くお使いいただくためには、油を劣化させる要因である酸素をいかにシャットアウトするかが課題です。

空気中の酸素は、PETボトル内に少しづつ入り込んで、油を劣化させます。

例えば、PET樹脂の厚みを厚くすれば、ガスバリア性が向上し、問題は解決できるかもしれません。

しかし、これでは樹脂の使用量が増え、環境に対して大きな負荷となってしまいます。
従来の容器よりもガスバリア性が高く、かつ、必要最小限の環境負荷で実現できる方法が必要でした。

とりわけ、ギフト製品は、贈られたものをすぐ使うのではなく、しばらく保管してから使うケースが多く、更なる長期保管を実現することが求められていました。

この問題を解決すべく、2005年中元から、シリカ蒸着PETボトルを導入しています。

シリカ蒸着とは、ボトルの内面に酸化ケイ素(SiOx)の薄膜を蒸着する方法です。

まず、ボトル内部を真空にして、その中に膜の原料となるガスを満たします。

次に、このガスをプラズマのエネルギーで分解し、酸化ケイ素の薄膜を形成させます。

この膜は、無色透明でガラス状の極薄膜(PETボトルの約2万分の1の厚み)で、高い酸素遮断性をもち、食品容器として使用した場合の内容物の安全衛生性も確認されています。

この技術を利用することによってPETボトル内への酸素透過を抑え、
賞味期限を1年から1.5年に改善することに成功しました。

http://www.nisshin-oillio.com/company/envi/images/05kankyo.pdf

第 13/28 ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

油の酸化を約30%カット 酸化ブロック製法

http://www.nisshin-oillio.com/oil/sankablock/


油Q&A 酸化ブロック製法って?

http://www.nisshin-oillio.com/q_a/3_q3.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

シリカと知って、ドキッとした人もおられることでしょう。

BDFの知識が拡充してくれば シリカ の問題が幾度も、あれこれ でてきます。

   水洗浄しない人も、水洗浄するひとも シリカ には悩まされます。

   知らないと、全く何も悩むことなどありえません。。。。。


知らなければ良かったのか、知って対策をとっているから良かったのか。。。。

そこんところが 初級者から脱皮 だと思います。



新燃料研究所



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ