左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/8/17

酸化による水の生成  化学構造や反応
BDF製造の夏季休止後の注意です。バイオディーゼルと水の話題です。

盆休みの間、高い気温によってBDFに含まれるカルボン酸が空気によって酸化され、

水ができていないか注意しましょう。

アルカリ残留による 水の生成 は過去から繰り返し解説しています。

今回は、好気性反応として一般的な反応式での注意です。

ブロワーで空気を送り込んでいるのでないから心配はいらないとも考えられます。

しかし、

排気ガスがテンプラくさいならば、カルボン酸の多さも疑えると考えています。

数日間の静置によって、浮遊していた水分が沈降しているとも考えられます。

以下の反応式を理解できたら、

BDF貯蔵タンクの底部沈降部を引き抜いて、点検する必要性があると知ることでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します



過去の 水の生成 と比較して、それほど心配が無いと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クリックすると元のサイズで表示します

2013/2/7 バイオディーゼル BDFの問題点

誤解の結果、水の生成が見落とされています。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3737.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新燃料研究所が間違う事はありえます。

 新燃料研究所は、科学的であろうと常に努力しています。

 新燃料研究所は、インチキ・ウソツキ・錯覚・思い込み を常に点検しています。

 ・・・・・・ 間違ったら ゴメンなさい。 そう言える強い心を持っています。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ