左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/1/4

2015年は新しいBDFトラブルが増えてくると予想しています。

CLEAN クリーンディーゼル車を、CLディーゼル車として記述します。

CLディーゼル車でバイオディーゼル利用が増えて、トラブルも増えると予想しています。

具体的には電気系・センサー類におけるトラブルが増えると考えています。

過去のエンジン不良の多くはアルカリ残留、白土成分由来、不純物生成などが有名です。


  過去にはシリカによる問題を公開しています。

  ケイ素による表面への被覆や固着は類似ですけれど、別です。

  今回はガス化して接点不良になる危険です。


車載用ECUの位置に関する、沖エンジニアリング株式会社の2011年の資料は従来素材の

配置場所変更による問題発生を解説しています。


今回、新燃料研究所がシリコーンを取り上げているのは原料の調理油に添加されている

消泡成分が原因となって接点不良を発生させる危険についての話題です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の予想 : 2015年に増えるBDF故障原因 シリコーン 】

業務用調理油のブリキ容器に貼られているラベルに、シリコーンと表示があります。

-------------------------------------------------------------------------

 引用

   シリコーンは、ケイ素樹脂のことです。
   ケイ素を含む有機化合物の総称で、天然には存在しません。
   シリコーンは、油状、ゴム状、樹脂状などの物理的形状のものがあり、
   潤滑油、接着剤、シーラント、コーティング材などさまざまな用途に
   使われています。


   シリコーン工業会

   http://www.siaj.jp/ja/silicone_world/faq.html

-------------------------------------------------------------------------

 引用


   その使用基準については,食品,添加物等の規格基準により消泡の
   目的に限り食品1kgに対しシリコーン樹脂として0.050gまでの使用
   が認められている。

   加工食品中のシリコーン樹脂の残留実態調査
   福岡市保健環境研究所保健科学部門

   http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/25270/1/32-p078.pdf

-------------------------------------------------------------------------

 引用

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


製品の小型・軽量化による接点障害の解析事例
(低分子シロキサン解析) 2011年7月12日

沖エンジニアリング株式会社 環境事業部 高貫 智久


http://www.oeg.co.jp/Exhibition/pdf/11sio.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の ケイ素関連 公開研究日誌 

2013/3/10 ケイ素の化合物

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3767.html


2012/10/19 イオン状シリカ けい酸

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3644.html


2012/10/15 水道水 硬度成分 ケイ素

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3640.html


2009/10/25 発泡油膜 BDF冬じたく  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2580.html



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ