左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/6/11

溶接ロボット  
新燃料研究所は元気です。

栗東工場の溶接ロボットに時間をとられていました。

朝6時頃に起床して取り組み、土曜も日曜も取り組んでいました。


入院や怪我でもしたのかとお問い合わせありました。

   全くの元気です、腰痛は別ですけれど・・・・


ロボット担当者のD氏は7年以上の経験あるものの、過去の動作データーを改変しすぎて、

5関節溶接ロボットが機能不全になっていたのを修正しました。



クリックすると元のサイズで表示します



起動スイッチを押せば、30分以上も連続で溶接作業をします。

作業ステップは200以上であり、

溶接電流 溶接電圧 移動速度 座標 などの指示を再現します。

トーチ角度やワークとの距離などで溶接結果に差異がでます。


  溶接電流は 180Aから200A程度を指定しています。
        
        180アンペアという大電流です。

  溶接電圧は  20ボルト程度です。

  シールドガスは  炭酸ガス です。



全ての機能を活用できるわけではないものの、旧式のティーチングペンダントを

パッツ パッツ ポン と操作できるようになりました。



20年近く前に講習を受けているものの、ほぼ ド素人 からのスタートでした。

溶接ロボットのティーチングができるようになりました。




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ