左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2017/7/9

品質検査装置の開発  BDF燃料使用トラブル参考情報集
予定の10倍以上の時間と、想定外の費用がかかりました。

現在、最終的に 3回路 の比較検討しています。

この3回路は、予算に対応して決定されるだけでないという素晴らしい特性がある。


     トランジスタ オペアンプ ダイオード 入手できない公開情報が多い。

     代替選定の計算や、型番が知りたい。。。ねん!


実際に部品を購入して回路を構成しています。

画像をだす予定です。


書籍を書いている先生が・・・ アヤシイ  とも感じます。

本当に回路組んだ?




  優秀 : 回路構成がとっても単純で、電子部品の入手単位数量や 購入価格妥当。

       光学的特性を判定する電子回路として、どれにするか決定します。

       現在、書籍・文献で公開されているなかから、 

       BDF品質判定に関して、 3電子回路に絞りました。


       今後、この3回路を基幹とすると感じます。



いろんな文献・書籍、情報では 入手できない電子部品での構成が公開されている。

あるいは、入手や代替困難になった電子部品の回路が公開されている。


   動作・作動ができない誤植・ミスプリントがある。


   
BDF品質判定装置を近日に販売します。

ガム質関係は、今回除外です。 ガム除去フィルターの効果はでています。

ガム質は、光学系での判定が 予備処理なくしては無理のようです。


電子工作に関しては、中学校1年前後で 京都寺町 リフレックスとか、

   1970年 京都 寺町には とんでもない電子素材と人脈あり。 ひえんど・・

   わかるかたには ウソ者 でないと わかっていただけたら 協同しましょう。

   普通に進歩しているだけで、貢献者を裏切る口実にする技術進歩なんか。 ない。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ