左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/5/10

FAME 海外情報 USA 軍隊燃料 B20  ヨーロッパのBDF情報
海外情報シリーズ 今回は USA 軍関係におけるBDF参考情報です。
CID-A-A-59693A

信頼性を何より優先する軍用物質の基幹である燃料にB20が利用されている
ようです。

クリックすると元のサイズで表示します

下記画像の記述によれば 4月1日〜 10月31日までB20で使用できる
ようです。低温対策剤の副作用を回避する信頼性優先対処でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

********  引用   ******

C16.27 FUEL, BIODIESEL (B20) (DESC APR 2005)
In the event that a Federal, State, or local environmental requirement is more stringent than a specification contained in this contract, the Contractor shall deliver product that complies with the more stringent requirement. Supplies delivered under this contract shall conform to all Federal, State, and local environmental requirements applicable to the geographic location of the receiving activity on the date of delivery. Offered product shall conform to the following requirements that define a fuel suitable for use in automotive diesel engines:
(a) PRODUCT COMPOSITIONAL REQUIREMENTS. Product shall consist of a blend of 20 percent (plus or minus one percent) mono-alkyl esters of long chain fatty acids derived from virgin vegetable oil blendstock and/or yellow grease blendstock conforming to the requirements of ASTM D 6751 and 80 percent minimum low sulfur diesel fuel oil conforming to ASTM D 975, grade low sulfur number 1-D or grade low sulfur number 2-D.
(b) PRODUCT PERFORMANCE REQUIREMENTS. The finished biodiesel blend shall conform to CID-A-A-59693A, dated January 15, 2004. The specification is modified as follows:

TEST METHOD VALUE

1. Carbon Residue on 10% bottoms, mass % ASTM D 524 0.35 max.

2. Density @ 15oC, kg/L or API Gravity @ 60oF ASTM D 4052 Report
ASTM D 1298

3. Distillation Temperature, oC ASTM D 86
10% point, oC Report
50% point, oC Report


(c) BLENDING. Product shall be blended prior to delivery. Manifold blending at time of delivery and blending in the receipt tank is not permitted. The resultant blended product must meet all performance requirements specified in the contract.
(d) ENVIRONMENTAL PROTECTION AGENCY (EPA) REGISTRATION. B100 product must be EPA registered in accordance with 40 CFR Part 79, Registration of Fuels and Fuel Additives. The Contractor shall provide a copy of the EPA registration letter to the Contracting Officer at the time of offer.
(DESC 52.246-9FEL)

********** 引用終わり *************

無料機械翻訳で読んで見て下さい。
2年前には陸軍にわかりやすい記述があったような気がします。
見つけられませんでした。海関係 空関係もそれぞれ規格あったと思います。

世界最大の軍隊がB20使用規格を持っているのに何故 噴射ポンプメーカーは
B5までしか保証できないと声明だしたんだろう?

どう思います?

2006/5/11  22:42

投稿者:本人
なるほど・・・・納得できる解釈ですね。

軽油に発生するガム物質を除去して常にピカピカの
燃料タンク内にしておける利点もあるかも?

他に何かないかな?

潤滑オイルの交換ができない状況での過酷な条件での連続稼動なんかでもB20ならば軽油より優秀なので採用理由になるかな?

他にないかな?

2006/5/11  22:01

投稿者:・810
軍隊はたとえばハンビーで斥候中に攻撃を受けたとき、エンジンを打ち抜かれたときにも、車両を廃棄する覚悟で100mでも基地に向けて車で戻ろうとします。
ほふく前進で進む距離が少ないほど生存確率が上がるのです
当然質の低い耐久性の低い燃料は絶対入れません
B100だと少し寒いときの始動性などありB20にしたのでしょう
エンジンオイルが抜けてもシリンダー内の潤滑でBDFを混ぜて方が最後の数百メートル多く走れるのでしょう。多分B20のほうがB5より優れてるはずです

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ