2009/7/31

焦るなと、焦らなくて良いと  覚書

焦って録な事があった例がない。
焦らなくて良いは=何もしなくて良いではない。

やらなきゃならないけれど、しっかり考えろという事。
0

2009/7/31

不甲斐ない  覚書

自分がされて嫌な事だったはずなのに、同じ事をしてしまうなんて。
しかもずっと我慢させてきたなんて。
0

2009/6/21

そろそろ  覚書

そろそろひとりになる準備をしよう。

受身を辞めて、向かっていくように。
言い訳をしないように。
同じ位置に立てるように。
ちゃんと祝福できるように。

決して流されないように。
0

2009/6/21

『今夜ウォッカが滴る肉体』  

『今夜ウォッカが滴る肉体』望月 佑/著 講談社

今まで読んだ本の中で、一番著者の内面を感じた気がする。
エッセイでもこんな感じがした事はない。
体験談でもない。

うまく言えないけれど、そのままぶつかられた様な、そんな感じ。
表現するのは難しい。
それを伝えるのはもっと難しい。
思っている事を口にするのは難しい。
それが自分に正直であればあるほど、難しい。
難しいと言うより、正直恥ずかしい。

勇気があるというより、すごい度胸だと感心してしまった。

現実離れしている気がするのに、何だかすぐ近くで起こりそうな程生々しい。
0

2009/5/28

昔はよくやったものだけれど・・・  覚書

大勢の人を前にして、「手を挙げる」という行為をする事は、非常に勇気のいる事らしい。
不特定多数の人に対して、自分の内面をさらけ出す度胸はすさまじいものだと思う。

演技然り、文章然り。

それができる人、それを職業とする人、それを目指す人。

そんな人達を見る時の自分は少し複雑な心境だ。
尊敬もする。けれど、どこか冷めた風に見ていたり。

けれど、自分で自分を綴った文章を人に見せる事を躊躇する限り、彼等はやっぱり凄いのだろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ