自由な時間へ飛立とう!  

高校時代からの同級生を中心に結成された山の会です。
既に30年以上一緒に登っているので今さらと言う話が有りましたが記録に残す意味からも価値が有るかと思い又自由な時間が出来たので立ち上げました。
0

2009/1/27

test  

test
テスト
0

2009/1/27

変更します。  

新アドレス。
http://green.ap.teacup.com/bunko/
0

2008/4/6

円高進行  旅行

帰国後の時差ぼけで本調子に戻っておりませんがテレビ等でスーパーなどが円高差益還元セールを早くも催しているニュースを聞き又不正請求などが無いか旅行中のクレジットの請求を確認してみました。
旅行中に円安になることが多かったのですが今回は初めて円高進行で僅かな期待を持っていました,23日間旅行でしたがレートで大分違いが出ております。

最高:98.848円/一ドル
最低:105.859円/一ドル

僅かな話ですが昨年旅行中は約120円以上でしたのでお得感は大きいですね!!

0

2007/12/18

富士山  文化・芸術

先日の16日で富士山大噴火から300年が経過します,いずれは又大噴火が起こるであろう事は否定出来ないようです。
西暦1707年宝永4年の大噴火から想定される被害対策は溶岩,火砕流の危険ではなく降灰の被害が一番大きく,降灰量が45〜60センチで木造家屋の30%が全壊し60センチ以上なら60%が全壊する予想が出ております。

作物の被害の方が深刻で畑作で2センチ,稲作で0,5ミリ,牧草地で2センチの降灰で約一年間収穫が期待できない,人体には2センチ以上で目、鼻、気管支で異常が出てくると言う予想も出ています。 又精密機器の動作に影響が出てパソコンが使えないかも知れない,今は電子機器が全ての制御に使われているから制御不能に陥るかも知れませんね。

さて大噴火が有ったら如何しようか,那須の別荘にでも逃げるか?
イヤイヤ福島に疎開するか?
0

2007/10/13

雁ヶ腹摺山  

連休初日、五百円の富士と知れ渡っている雁ヶ腹摺山に行って来ました。
午後は雷雨との予報が有り午前中は良い眺めを期待して登ったが時折パラツク生憎の天気で頂上近くでは雪混じりなった。
其れでも頂上から強風で青空が望めました。残念ながら富士は観えませんでしたが茅との向こうに富士が有る事にして下山しました。
大峠で朝食を摂っていると雨が落ちてきてうたた寝して様子を伺い小止みになって出発する,頂上近くでは雪もチラホラ約一時間弱で到着。 暫くすると青空ものぞき強風で雲も飛ばされ期待されたが殆ど富士は顔を見せてくれませんでした。 コンナ遠望がとパチリ!!
0

2007/9/16

峰床山  

京都左京区に有る峰床山で遭難した47歳の男性が8日ぶりに救出されたそうです。
今月7日にハイキングに出掛け山中で道に迷い約10mの滝壺に落ち左足を骨折して動けなくなっていました,2日間は持参のおにぎりや飴で飢えをしのぎその後は水だけで救助を待っていた。
警察の捜索は14日に打切られたが家族や知人の捜索の結果昨日(15日)になって発見された,病院に運ばれ家族と生還を喜んだそうな。ヨカッタ・ヨカッタ

皆さんも,低山であっても侮る事無く日頃の鍛錬を怠らず慎重に活動してください。
1

2007/9/3

高尾山  

会の発足式を兼ねて今は東京住まいが多い為丹沢ではなく手軽な高尾山と致しました。
高尾山口集合が10:00でしたが,前夜の盛上がりも有って一部遅れた方も有りましたが10:15には出発,今日は琵琶滝コースから城山まで足を伸ばし昼食後尾根コース経由で下山の予定です。
幸先良く残暑厳しくなく曇り空の中順調に歩を進め城山に到着残念ながら冨士は望めずが,ビールで乾杯し昼食を取りゆっくり話しながらの下山で15時過ぎに高尾山口到着。


先日八王子市の広報に下記の記事が載っておりましたご参考に!

ミシュランと言えばフランスのタイヤメーカーとして有名ですが、観光地やレストランを、星の数で格付けしているのをご存知ですか?そんなミシュランが初の日本版旅行ガイドを発売しました。
4人の担当者が日本各地を約2ヶ月ずつ訪問した結果、最高の三つ星に選ばれたものの中にはなんと高尾山も!
都心から交通の便がよい上、大都市近郊に豊かな自然が溢れているという点が、選ばれた決め手のようです。
フランス人も認める三つ星観光地「高尾山」にぜひお出かけください!
0

2007/8/24

発足会  

第一回打合せ会決定!

9月1日:17:00
場 所:新宿西口 居酒屋”庄屋”
参加者は31日までにメールで結構ですのでご連絡下さい。

又ブログ作成記念登山として9月2日に高尾山ハイキングを計画しておりますので参加お願いします。
               以 上
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ