2007/3/3

Chai!  紅茶
ちょっと、チャイを飲みにいってきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライスプリンもビミョーに美味しかった。
0

2007/2/2

英国ショコラを、機内でもいただける  中国茶・台湾茶

“アーティザン・ドゥ・ショコラ(L'artian du Chocolat)”のクチュールコレクション4。
英国発のショコラ達。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あまーい香りの金毫政和工夫・禮品(福建省・紅茶)でいただいた。
英国にも美味しいショコラがあったのですね!

If you are flying from the UK with British Airways in Club or First classes in 2007, you wll be treated to a box of our chocolates. だって。

0

2007/1/28

SALON DU CHOCOLAT2007  番外編
今年もいってキマシタ。
午前中だったので、まだ人は少なめだったのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、事前にチェックしていた商品が最終日に近いことまあって、
“売り切れ品”続出状態。
自身も含め、お目当ての商品を探す目はヒッシです。
クリックすると元のサイズで表示します
オーナーみずから店頭にでばったりしてます。
ナマでこんなに何人にもお目にかかれるなんてスゴイ。
フランスのベルナシオンは国外初出店らしい。
↓3代目オーナーのベルナシオン氏か(だとおもう。)
クリックすると元のサイズで表示します
一度日本撤退したものの、昨年に復活した1857年創業ノイハウスの
ダニエルストラート氏(だとおもう。)
クリックすると元のサイズで表示します
あとオモシロイのは、
和泉さんとこのイノシシ。
マダムセツコの着物柄。などなど。
おもわずかぶりつきたくなってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
オーナーのサインなんかももらってニヤニヤしまくりでした。
メゾンフェルベール(フランス)のフェルベールさん、マゼ(フランス)のディジョンさん、ファブリス・ジロット(フランス)のジロットさん、ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
宝物が増えました。
0

2007/1/1

新年快楽!  中国茶・台湾茶
“吉祥!”&“如意!”
2007年もどうぞよろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します
↑決して怪しいモノではありません。↑
0

2007/1/1

7582と鉄餠  中国茶・台湾茶
とっておきの黒茶を淹れてみた。
左⇒7582大葉青餠(雲南省孟海・黒茶・1975年頃)
右⇒中茶牌簡体字鉄餠(雲南省下関・黒茶・1974〜79の間)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
両方とも生茶タイプだけど、茶葉は、30年以上を経て、
じっくりと育っていい感じに落ち着いています。
7582の水色は明るい栗紅色で飲むと生特有の青っぽさの面影が感じられ、
鉄餠の方は、水色は少し濃く深栗紅色、香味は熟に近く、ホッとする。
共に体の血流が良くなるような茶でしたよ。
1

2006/12/31

今年一番のお気に入り茶は7542(93年)  中国茶・台湾茶
少し気を抜いていたら、いつの間にか大晦日を迎えてしまいました。
今年も多くの方々にお世話になりました。
本当にありがとうございます。
年初に買った雲南七子餠7542(雲南省・黒茶・93年製茶)も、
少しずつ頂いて、内飛の周囲に茶葉が残るだけになってきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
比較的若い(13年くらい)にも関わらず、なかなか良い風合いに育っていて、
様々な場面で重宝しましたヨ。
2007年も茶葉の消費にセイを出さねば。。。
0

2006/11/12

タルトは続く-渋みをつよくごこうで  日本茶
一六タルトは定番化してるけど、六時屋のものも結構イケるようです。
それ以外にも様々なお店からいろんなタイプが売られてます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
“私はタルト”なんていう主張してるやつも。。。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、食べ比べ。(というか、単に食べたかった)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
キメの細やかさは一六、シットリさは六時、普段用には句里ってかんじでしょうかね。
キューピーは食べれません。
お茶には、ごこう(日本・緑茶)。
玉露や抹茶に使われることが多い品種だそう。
少し濃い目にガツッといただきました。
0

2006/11/5

“たらこ”ならぬ“たると”キューピー  中国茶・台湾茶
一六本舗の一六タルトを買いにいった。
見た目、ロールケーキなので、『これタルト??』って思うけど、ポルトガル語でロールケーキを意味する“torta”に由来するそうだす。
今ハヤリのキューピーもデビューしてました。
クリックすると元のサイズで表示しますた〜ると〜、た〜ると〜、たぁっぷりぃ、た〜ると〜♪
そして、pierre Marcoliniのぼんぼん。
クリックすると元のサイズで表示します
あわせた(あわせられた?)のは、とっておきのイタダキモノ鳳凰単叢(広東省・青茶)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
しばし、贅沢な時間をすごしました。
0

2006/9/10

ヤギとリンギアS/F  紅茶
山羊のミルクでおなじみnicoのロールケーキ。
ふんわりやわらかいスポンジと表面にぶつぶつついた糖のサクサクが妙にマッチ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
茶はおくらばせながらダージリンセカンドフラッシュ(インド・リンギア農園、FTGFOP、紅茶)。
オーガニック栽培だそう。
しっかりとした甘い香とコク。水色もきれいなオレンジ。
ヤギもよろこんでましたよ。
0

2006/8/22

寒い!夏  お茶

氷のテーブルとグラス。
ABSOLUT ICEBAR TOKYOに連れていかれた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
マイナス5℃の店内で防寒着と手袋を装着してカクテルを飲む。
グリーンティーベースのカクテルをいただいた。
つかの間の納涼感を味わえたですよ。
外に出たとき、思わず「あったかい!」。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ