2007/3/20

明日の私  
明日はどうなるのか?そのまた明日は?・・
体調はだいぶ回復してきている。
社会復帰もした。
しかし希望はどんどん遠ざかっていく・・

毎日メディアから届く弔報。
無念の死を遂げたもの、力尽きたもの、自ら望んで逝ったもの。

しかしその人生の幕の閉じ方はどれも悲哀に満ちている。

美しい人生の閉じ方・・
どうすれば美しく逝けるのか・・

逝ってしまっていいのだろうか・・
0

2006/10/13

生きていくこと  
生きていくことはそれだけで辛いことである。健康を損ねて初めて健康であったことがどれだけ幸せであったかということに気づく・・

幸せに慣れてしまって、幸せを幸せと気づかなくなってしまうのは自分、いや人間の常なのか・・

以前はまったく思ってもみなかったただ単に普通であったことが、どれだけ幸せな事であったか・・

将来的なことを考えると心配事が多い。

生きていくこと・・生きていくこと・・

試練はまだまだ続くのであろう・・
0

2006/9/10

自信  
先日の通院にて11月復帰の話が出た。
体調は以前に比べてだいぶ良くはなってきているのだが、

自信がない・・

ちゃんと朝起きて出社できるのだろうか・・
仕事は出来るのだろうか・・
その前に仕事があるのかどうか・・

考えれば考えるほど不安はつのる。

たとえ復帰したとしてもポジションは下がり、収入も下がるだろう・・
生活も切りつめていかなければならない。

置かれるであろう処遇に自尊心が耐えられるのだろうか・・

転職も考えてみるが現実は厳しい。

成長していく息子、この先誇れる父であれるのか・・

人生のリセット・・出来るものならしたい。
情熱をもって何かに取り組んでみたい。

かなわぬ希望なのか・・
0

2006/6/16

焦り  
この天候のせいでもあるのだろうが、ここ数日すこぶる体の調子が悪い・・
持病である腰痛までもが悪化してくる。

気分の低下はさらにひどく、まるで休職直後にもどったかのようだ。
いらいら感は募り、もっていきようのない感情は妻に向けられる。

昨日も何かに取り憑かれたように妻に毒づいてしまった・・
自身に向けられた悲しげな表情に我に返る、次に来る自己嫌悪・・

その日はそのまま会話もなく就寝、寝付きはひどく悪かった。
今日になって昨日のことをあやまり、自身の胸の内をさらけだす・・

妻は何事もなかったかのように耳を傾け、理解を示す。
素直にありがたいと思う。

でも・・焦っているのだ。焦らなくていいと言われれば、言われるほど、
どんどん窮地に追い込まれていくような・・

考えれば、考えるほど自我が崩壊していくような感覚・・
こういった状況では薬は何の助けにもなってくれない。

精神力・・そう以前はたしかに持っていたあの精神力をください・・
0

2006/5/20

外出  
今日は久しぶりに良い天気。まるで夏を思わせるようだ。
かるく近所を散歩してみる。気分がいい。

なぜか衝動的にメガネを作ってしまった。

そういえばここのところだいぶ外出できるようになってきた。
昨日も映画を見に行ってきた。

渡辺謙主演の”明日の記憶”。若年性アルツハイマーをテーマにしたもので、夫婦の絆を描いている。この病の恐ろしさと悲しさを奇麗事ではなくリアルに描写してあり、涙を誘う。

なんか自分の姿とだぶってしまい、不覚にも館内で号泣してしまった。
どうも最近、家族物、難病物の映画、小説に弱い・・

以前はそれほどでもなかったのだが・・涙腺がゆるい・・ちょっとしたことで
すぐ泣いてしまう・・自分の神経が繊細になったとは思えんが・・
病気のせいか、それとも年のせいなのか(笑)

明日は日曜・・また天気がいいといいな・・
なんせ休日は堂々と散歩できるからな(笑)

0

2006/5/11

あ〜ダルい  
ダルい、ダルい、ダルい、なんでこんなに体がダルいんだろう・・
とにかく体を動かすのさえ億劫なのである。

体調最悪・・最近眠剤もあまり効かず少々寝不足ぎみだし・・
なんか休職初期の状態にもどったかのような感じ・・

どうしちゃったんだろう・・
こんな状態じゃ復職なんて・・

運動不足が原因なのかな〜 今はほとんど引きこもり状態だからさすがに体も
おかしくなるわなぁ〜

とりあえず外出!まずは歩くことからでも始めなきゃ!
でも昼間の外出って結構勇気いるんだよね(近所の目もあるし・・)

でもそうも言ってられないし、がんばろう!
って決断したら,今週天気悪いじゃん・・orz

0

2006/5/8

GW  
今年のGW・・
父が70才になり古希の祝いということで、妹夫婦と共に家族全員で都内で食事。
昨日は息子と東京ドームで野球観戦。

普通に考えればいい連休といったところだが、いかんせん今の状態は・・
特に両親は大変心配している・・

こんな年になってまだ両親に心配をかけるとは・・
また息子はこんな父を今どんな風に思っているのだろうか・・

先の見えない過酷な現実・・

何年か後には”あの時は大変だったな〜”などと
笑って言えてるのだろうか?

笑っていたい・・笑って過去を振り返っていたい・・


0

2006/4/25

時間  休職
最近時間を持て余す。

つい最近まで考えられなかったことだ。

一日中憂鬱な時間と不眠、過眠を繰り返していた頃から比べると
多少なりとも回復に向かっているのか?

もうすぐGW 早いものである・・
ついに立ち上がることができず、床に伏せったのはクリスマス前だった・・

この約5ヶ月の間失ったもの・・得たもの・・失ったものの方がはるかに多いな・・
この失ったものの回復には、いったいどの位の時間と努力が必要なのか?

気が遠くなる・・

いや、やめよう・・過去を振り返ったところで得るものは何もないし・・
前だけを向いて行くことを考えるように・・しよう・・と思うのだが・・

まだ無理だな・・

現実は厳しいのだ。
0

2006/4/11

復職日  休職
休職してから約4ヶ月が過ぎた。もう復職日を決めなくてはならないのだが・・体調はまだ回復したとは言えない状況・・

医者の意見はリハビリ出勤をしながら体を慣らしていくのが望ましいとのことだが、会社の体制としてリハビリ出勤は不可能のようだ。と言うことは初日からフルタイムで勤務をすると言うことになる。

会社の意見は完璧に直して出勤してほしいとのことだが、かと言ってあとどのくらい休めば回復するのか見当もつかないし・・

遅くとも5月には出勤したいとは思っているのだがはたして体が動いてくれるのか・・
出勤した以上は少なくとも無遅刻、無欠勤、ごくごく社会人としてはあたりまえのことなのだが最低限これだけは守らなくてはならない。

しかし現段階ではまだ自信がないというのが本音。
いったいどうすればよいのか・・でもどこかで腹を決めなきゃならないし・・

日中そんなことばかり考えて時間が過ぎて行く。

”復職は焦ってはいけない”あるWEBでそんなことがかいてあったが、実際は焦るのが本当だろう?焦らないのやつなんているのか?などと思ってしまう。

あぁ〜焦る、焦る、焦る、どうにかなっちゃいそうだ。

散歩に行こうにも天気は悪いし・・そう言えば免許の書換も行かなきゃいけないし、とりあえず医者に行こう、でも復職可能の診断書ってかいてもらえるのかなぁー

なんかとりとめのない文章になってきた。とりあえず今日は寝よう明日は良い風が吹くかもしれないし・・
0

2006/3/29

キャッチボール  
先週末のこと、息子が寄ってきて”お父さん、キャッチボールしようよ”と言う。
”そうだな やるか”と答える。何年ぶりだろう・・息子とのキャッチボール。

グローブに受ける力強い球に息子の大きな成長を感じる。
キャッチボールとはいいもんだ。最中、会話は少ないのだが、
なにか心に通じるものを感じ、なんだか感傷にひたってしまった。

息子は中学に入ったら野球部に入部すると言う。どうやら野球がとても好きだったらしい。受験などで今までやれなかった分、思いっきりやりたいのだと言う。野球に接していれば球拾いでもいいのだそうだ。でも勉強も頑張ると言う。

まだまだ子供だと思っているが、そうやってだんだん青年へと
変わっていくんだろうな。

息子よ、部活も勉強も一生懸命、自分のやりたい事、時間一杯頑張れ。

お父さんも頑張る。

追記、翌日たまにした運動のせいか、全身筋肉痛で苦しむ・・
情けないやらなんやら・・(笑)またジム通いでもぼちぼち始めるかな。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ