2016/8/15

小川山キャンプC  クライミング道

最終日。
朝食を終えて、テントを撤収。

この日はクラックを目指して兄岩へ。
クラックは大盛況で出だしで時間がかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
(八王子の右にあるクラック)

・八王子ルートの右のクラック 5.7 OS NP

八王子ルート1P目の右に短いコーナークラックがあります。
グレードは5.7くらいでしょうか?
登りは難しくないけど、緊張しました。

クリックすると元のサイズで表示します
(八王子ルート1P目)

・八王子ルート1P目 5.9 FL NP ★

他のパーティが登るのを見ていて、前半はバック&フット、後半はクラックの中のチョックストーンが鍵であることを知りました。
前半のバック&フットは、私でもけっこう安定しました。ただ、プロテクションが一部イマイチで怖い思いもしました。
中間で立ちこんでプロテクションをきめると、いよいよ後半の核心部。
登りは難しくないものの、レイバックで息があがり、けっこう苦しいです。
なんとか、大きく開いたクラックの中のチョックストーンを掴み、キャメロット#3.5をきめて、まずは一息。
その後は、慎重に登り、終了点へ。
なんとか一撃できました。
このクラックはもっと練習して、もっと楽に登れるようになりたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
(最高フレーク 5.9)

・最高フレーク 5.9 RP NP ★

このクラックは、以前、わりと楽に登れた記憶があります。
しかし、今回はけっこう苦労しました。
4日間のクライミングで疲れていたからでしょうか?
なんとか落ちずに登りました。

このあと、しばらくルートを見たりして、弟岩下部に移動。
登り出しで雨が降ってきて、終了としました。

帰りは、中津川林道を走りました。
想像していたよりも道は良かったです。
渋滞なく自宅まで走れました。

2016/8/14

小川山キャンプB  クライミング道

日曜日になり、帰り支度をする人が目立ちました。
夕方には駐車場もだいぶ空きがありました。

この日は姉岩へ。調べてみると12年ぶりでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(た・タンか 5.10a)

・た・タンか 5.10a RP

はまりました。2本目クリップしてからのムーブで迷い、怖くなってテンション。
ちょっとスリリングだなぁ。
2便目もけっこうギリギリ。
これは5.10bくらいのような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
(牛脂ライス 5.10b)

・牛脂ライス 5.10b FL

これもけっこう恐怖感のあるルート。
上部はボルト沿いに登りましたが、そのように動くのが恐いです。
クリップも怖い。

・グラッシオ 5.10b FL ★

このルートは登りやすいし、長くて面白いです。
上部では花崗岩らしい高度感があります。

クリックすると元のサイズで表示します
(Ojos Asi(Eyes Like Yours) 5.11b)

・Ojos Asi(Eyes Like Yours) 5.11b RP ★★

下部はアプローチですが、落ちられない箇所です。
核心のハングに入る手前のボルトのクリップも、特にマスターだとけっこういやなところ。
核心に入る前にレストできるので、登りやすいルートといえるでしょう。
核心は手順があって、いやらしい持ち替えと、足上げができればしめたもの。
最後のフィニッシュもちょっと緊張します。
1便目でムーブを作り、2便目でレッドポイント。
けっこう嬉しかったです。
12年前は、たぶん見ただけで終わったルート。登れて良かった。

・JINRO 25 5.10d FL B+NP

最初のフェイスは、左壁なし?上部は右壁を忠実に?
と、疑問があるのですが、楽しく登って良かったかな。
途中、細い木にスリングをセットするのと、水平クラックにカムを使いました。
水平クラックは浅くて念のためカムを2つセットしました。

・yamashi 5.10b RP ★

短いけれど、楽しめる垂壁。
あんまり記憶がないけれど、12年前にも登ったと思われます。

この日は、計8便と、調子よく登れました。

キャンプ場に戻り入浴。
混んでいたけれど、タイミングが良かったので、わりとすんなり入浴できました。

キャンプも最後の夜となりました。
人が減って、すっかり静かになっていました。

2016/8/13

小川山キャンプA  クライミング道

キャンプ場の駐車場が満車になっていました。
あと、駐車場付近の道路が陥没していて、通過に苦労する車が多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食を食べ、裏烏帽子に向かいました。
二年前に道を間違えてたどり着けなかったことがあった場所。。。

50分くらいかかって岩場に到着。
じっとしていると涼しくて快適でした。

クリックすると元のサイズで表示します
(登攀のすべて Part 3 5.10c)

・登攀のすべて Part 3 5.10c NP+B 3x ★★

シンクラックからスラブに出るところと、スラブが核心です。
シンクラックはエイリアンサイズで、クラックが浅くて緊張します。
3便出したものの力尽きてフォール。
緊張感が続いて、核心で体力が続きません。
もっとクラックに慣れて再挑戦したいです。

クリックすると元のサイズで表示します
(裏烏帽子レイバック 5.8)

・裏烏帽子レイバック 5.8 RP NP ★

登りはやさしいものの、プロテクションのセットで緊張します。
キャメロット#3*2、#3.5、#4を使いました。
#3よりも、#3.5か#4があと一つくらいあった方が安心できる感じがしました。
クラックが平行ではなく、内部が広がっているため、どちらかというと大きめのサイズがいいでしょう。上部にいくと右側の細いクラックからもプロテクションがとれます。

登攀のすべてを3便出してくたびれました。
RPはできなかったものの、クラックを練習できて、よい一日でした。

キャンプ場に帰って入浴。昨日より遅い時間になったこともあり、けっこう混んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は焼きそば。
毎日満足の食事でした。

2016/8/12

小川山キャンプ@  クライミング道

お盆休みは小川山へ。

初めての長期滞在、3泊4日。
お盆休みということで、どれだけ混雑するのか心配でしたが、
ラッキーなことに、テント場も駐車場もとてもいい場所を確保できました。

この日の状態としては、広場駐車場は9割くらいの入り。
林道沿いは満車でした。

テント設営し、一休みしてから岩場へ出動。

クリックすると元のサイズで表示します
(ジョイフル・ジャム 5.8)

・ジョイフル・ジャム 5.8 RP NP ★

以前一度登っていますが、10年くらい経過しているので、ほぼオンサイトトライ。
けっこう緊張してしまいました。
クラックって、まだまだ難しいな。

・無名ルート 5.10a OSm

ままこ岩の左のルート。
まずまず楽しめるルートです。

・ままこスラブ 5.10d OSm ★

出だしでキャメロット#3を1つセットしました。
スラブ的なフェイスルートで、緊張感が持続します。
比較的マイルドな内容ではありますが、けっこう楽しかったです。

・じゃんがら 5.11b 1x ★

核心は短いですが、登りにくいカンテ。
なんとなく分かりましたが、1回で止めました。


クリックすると元のサイズで表示します
(春の雨上がり 5.9)

・春の雨上がり 5.9 OSm ★

ジョイフル・ジャムの90°左側にルートがあるのに気づきました。
小川山劇場3P目かと思って登ったのですが、春の雨上がりのようですね。
けっこう恐いフェースで、カムを使いながら登りました。

下山して入浴し、16:30ごろから夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

焼肉でお腹いっぱいになりました。

テントに入り就寝。
にぎやかなキャンプ場でしたが、私は熟睡しました。
最近ではとてもよく眠った夜でした。

2016/8/7

八方尾根を下山  山登り

クリックすると元のサイズで表示します

あまり眠ることができないまま朝を迎えました。
朝食前に日の出を見ました。なかなかきれいでした。

山小屋の食事はけっこうおいしくて、前日も含め、けっこうたくさん食べました。(帰宅すると2キロほど太っていた・・・)
白馬のバイキング方式の食事もよかったし、唐松のご飯とみそ汁はおかわり自由もよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

八方尾根の下山路は、緩やかで歩きやすく、落ち着いて楽しみながら行動できました。
白馬方面、五竜方面、そしてお花畑と美しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

八方池からは見事な白馬連山の景色を見ることができ感動しました。

下山の最後はリフトとゴンドラになりました。
歩いて降りるルートもあるようですが、あまり快適とはいえないようですね。

早い時間に降りられたので、余裕をもって入浴し、帰宅することができました。

快心の縦走だったと思います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ