dubdub雑記帳

テレビ,本などの感想を書いてます。ツイッターは,@GoDubDub。過去記事は,DUBDUB一覧表(http://superdubdub.web.fc2.com/)で。メールは,dub_zion@yahoo.co.jpまで。

 

カレンダー

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dubdub
DHさん こんにちは
えらく時間が空きましたね。

 さて,まずは殺人についてですが,当然死刑制度廃止の観点からは殺人の残酷さの度合いが異なろうはずがありません。重要なのは事件の後に,更に国家による殺人を生じさせることの是非でしょう。

>見方を変えれば、こんなふうに言えるので
>はないかとも考えています。
>⇒死刑廃止国においては、当該国の国家権
>力が国民に対して
>「無念はわかるが、命だけは助けてやれ」
>と命じているわけです。

 これはそうでしょうね。
投稿者:DH
こんにちは。
随分間が空きましたが、

>再犯を防ぐために(どんな犯罪でも)ことごとく死刑にすべき

もとよりそのようなことは主張しておりません。

>つまり,再犯をどうやって防ぐかという問題として正面から議論すべきでしょう。

その通りです。存置、廃止を問わず等しく考えるべきことです。

ただ、

>多くの殺人の被害者は,予告無く殺されます。
しかし,死刑囚は,死刑を宣告され,逃げられない環境に監禁され,抵抗できない環境で殺される訳です。

この記述からすれば、同じ殺人という行為であっても死刑囚が犯した殺人よりも、死刑の方が残酷であると判断されているわけですね。どちらも残酷だと言うのであればわからなくもないですが・・・

>しかし,それと加害者の命だけは保証されるというのは,根本的に異なる議論だと思います。

貴方の信奉する廃止の理念に立脚すれば、そうかも知れませんが、現象面に着目すれば明らかにそうなります。

見方を変えれば、こんなふうに言えるのではないかとも考えています。

⇒死刑廃止国においては、当該国の国家権力が国民に対して

「無念はわかるが、命だけは助けてやれ」

と命じているわけです。

http://blog.auone.jp/minzda
投稿者:dubdub
DHさんへ
 情報ありがとうございます。無期懲役の運用に伴う問題でもあると思いますね。

>少なくとも上記の人たちによる再度の犯行は防げるのではありませんか

 いえ,死刑制度のある状態で起きたことですから,存置したから解決するとはいえないですよね。つまり,殺人で無期懲役の判決が出る以上,防げないということになるのではないですか。

>「別に議論する」として具体的にはどのように御考えなのでしょう。
 なので,死刑を存置すべきか否かについての判断材料にはなりません。これを言い始めると,例えば傷害致死前科がある者がその後殺人をした場合なんかも問題にしなければならなくなるでしょう。つまり,再犯をどうやって防ぐかという問題として正面から議論すべきでしょう。
 再犯を防ぐために(どんな犯罪でも)ことごとく死刑にすべきという見解は文明国では不可能ですから。
投稿者:DH
御返信ありがとうございます。

1993年から2005年までの被執行者47名のうち7名が以前に無期懲役に処せられたことがあり、他2名に殺人の前科がありました。


>死刑を存置したからといってこういう問題は解消しないですよね

少なくとも上記の人たちによる再度の犯行は防げるのではありませんか。


「別に議論する」として具体的にはどのように御考えなのでしょう。



http://blog.duogate.jp/minzda
投稿者:dubdub
DHさん こんにちは

>これまでに執行された死刑囚の中には、殺人等で一度無期懲役に服したのち仮出獄が許され、再び殺人等を犯して死刑判決を受けた者が無視できない数で存在します。

 どのくらいいるんでしょうね。どちらにせよ,死刑が存置されている状況で無期の判決が出た訳ですので,死刑を存置したからといってこういう問題は解消しないですよね(極端に厳罰化すれば別ですが)。

 とすれば,やはり死刑制度とは異なる分析と対応が必要になりますよね。

>更生の可能性を信じて、その程度のリスクは受忍する
 これを受忍しない(こういうことが発生すること事態を許さない)とすると,殺人事件については,死刑以外の刑を課すべきではないということになりますよね。
 でも,それだとまた極端ですよね。

 ということで,ご指摘の事例は,死刑の存廃とは別に議論すべき問題だと思います(いかに再犯を防止すべきかの問題,これは殺人だけではなく,例えば傷害罪なんかでも考慮する必要があるでしょう。)。

投稿者:DH
わたしは死刑廃止を頭から全否定するつもりはありません。

ただ、現行の刑法から死刑を削除するとすれば、最高刑は無期懲役刑になるわけです。

これまでに執行された死刑囚の中には、殺人等で一度無期懲役に服したのち仮出獄が許され、再び殺人等を犯して死刑判決を受けた者が無視できない数で存在します。

これに対しては「矯正プログラムの欠陥」「受け入れようとしない社会の側に問題がある」等の主張が予想されますが、この点dubdubさんはどのように御考えなのでしょうか?

私としては「あくまで更生の可能性を信じて、その程度のリスクは受忍する」ことはできません。

(なお小生は以前takaとして投稿させていただいた者です)

http://blog.duogate.jp/minzda
投稿者:dubdub
takaさん こんにちは
要約のとおり,私の論理の基本は,「人が人を殺すべきではない」ということです。

しかし,それと加害者の命だけは保証されるというのは,根本的に異なる議論だと思います。
誰であろうが人を殺すことは許されないのであって,その結果,人を殺した者であっても国家が殺人までは犯さないということです。

逆に不思議なのは,殺人を非人道的であると国家法秩序の段階で否定しておきながら,なぜ国家が命までも奪う(殺人を行う)のかです。

いずれにせよ,死刑を廃止するとtakaさんの言うように結果から見れば加害者の命だけは保証されているように見えるのは事実でしょうね。
ただ,罰則は当然あるわけですので,国家すら犯さない殺人を犯した者として帰責性は強くなりますので,まさに命だけの保証ということにはなりますが。
投稿者:taka
はじめまして。早速で恐縮ですが一言御許し下さい

結局のところ貴殿の論理は
「人が人を殺すべきではない」
ということになるわけですね。死刑は国家による
「殺人行為」であるから廃止すべきだ、と。

でもそうなると結果としては
「殺される方は残念ながら仕方がないが(既に起こってしまったから)、殺す方(=殺人犯)の命は<絶対的>に保証される」
ということになるわけですよね。如何なる非人道的な犯罪行為を実行しようとも加害者の命<だけ>は必ず保証されるというのが廃止論の実体でしょう?
投稿者:bluewolf-yuzu
こんばんは。TBありがとうございます。
TB返しさせていただきました。
ブログは議論の場とは思っていないのですが、折角なので改めて考えを書き連ねてございます。
どうぞよろしく。

http://bluewolf.exblog.jp
投稿者:SAGU
実は、池田小の犯人が処刑されたと知らなかった、
あるいは知ってたかもしれないけど忘れてた。
なんかの間違いだろう、と思って、慌てて
調べてもみたんだけど、ほんとに処刑されてて
びっくらこいた。
だって、早すぎる。
ショックで気持ち悪くなった。
死刑制度の存在を印象づけるための「見せしめ」
ってことだよね。
だけど、あの事件の異常性や特殊性を考えたら
そんなすぐに殺しちゃったら、今後に活きない。
現に、例の17歳の小学校襲撃事件なんてのが
起きる。
他にも、何件か、続いてたと思うんだけど、
なんでこんなことが起きるのか、体系的に
研究すべきなんでないのかなぁ。
池田小の犯人だって時間が経つにつれて、
もっと客観的に事件を振り返るように
なったことでしょう。
臭いものに蓋かい。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ