2017/6/3

伊藤和夫先生の先見の明  英語勉強法

TOEIC200問を2時間で最後までは解き切れている人の割合を示すデータは存在しませんが、990点満点のTOEICで900点以上とれていれば最後まで解き切れていると仮定すると、全体の2%となります。しかし、900点と言っても90点間違ってしまっている訳で、「速く、正確に」読めている人の割合は、おそらく1%でしょう。

TOEICに限らず大学受験でも英検でも、英語を指導していて感じるのは、英文を速く正確に読める以前に、ゆっくりでも正確に読めている人が少ないということです。スピードばかり意識して、ただ単語の意味をつなげているようではいつまでたっても読めるようにはなりませんし、点数や偏差値も上がりません。語学はそんな単純なものではありません。「話す」力やコミュニケーションのための英語力などと言うもっともらしい美辞麗句に踊らされ、従来の「読む」力が軽視されてしまった最近の英語教育の趨勢が、英語を読めない人を生み出しており、それが、日本人の英語力の低下を招いているようになってしまったのは、皮肉なものです。

大学受験英語の指導で先駆的に一時代を築かれた伊藤和夫先生の言葉を、FBの友人が紹介されていたので、私も手元にある伊藤和夫先生の『英文解釈教室』のはしがきを読み直してみました。そこには、すでに数十年前に、現在の状況を予言したような言葉があります。
「訳読中心の学習法を批判することは戦後の流行である。(中略)最近の文法軽視の傾向と相まって、現在の英語教育の成果はかつての訳読中心時代のレベルにも達していないのではないか」

英語学習者よ、今こそ目を覚まそう。

聞き流すだけで英語力が上がれば誰も苦労しません。英単語を覚えただけでも英文は正確に読めません。「話す」力が英語力の頂点にあるのではない。単語だけ覚えても英語力は上がらない。きちんと読めない人は話せません。

安易な道に走らず、確固たる文法力に裏付けされた瞬時に英文構造を見抜く力をつけるべきなのです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



2017/6/4  18:57

投稿者:福澤 健一

♪ドラえもんさん♪
おそらくTwitterの写真だと思いますが、TOEICのパート3と4の音読を各1セット、それぞれ10回ずつ声に出しての音読を日課としています。日々のルーティーンを庭で出来るなんて、私にとっては至福の時ですね。

私は The Japan News の中の Los Angeles Times や Washington Post を読むのを習慣としていて、最近は英語の原書は読んでいません。

何に至福を感じるか、そして何を読むかは人それぞれだと思います。そして、TOEICを卑下した言い方にも違和感を覚えざるを得ません。

2017/6/4  17:52

投稿者:ドラえもん

読むことが大切、ということはよくわかります。
先生の、最近の愛読書は何ですか?
実は先日の「至福の時」というお写真を拝見してドキっとしたのです。
なんで、TOEIC の問題集なんだろうっ?て。
その時間があったら内容のある原書を読むほうが至福ではないでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ