2017/8/11

夢を公言する  閑話

夏・甲子園・・・。今日は実話をご紹介します。目標を公言する大切さ、言葉が夢を実現する力のお話です。

私と大学・学部も一緒で、就職した先も同じ銀行という、同期のYさんがいます。私は5年4カ月で辞めて留学しましたが、帰国後しばらくしてから、Yさんも銀行を辞めて教育の道を志すため、青山学院大学の大学院に通い、教員免許を取得し、中学校の先生になったという話を聞きました。

そのYさんが教員として中学校で臨んだ卒業式。ある男子生徒が

「先生とみんなを甲子園に連れて行く‼︎」

と宣言し、同級生と別れたそうです。

それから3年後の2017年夏。最後の夏に挑んだ高3の彼は、長野大会で結果を出せずにもがきながらも「先生‼︎ありがとう。オレ頑張るから‼︎」と、昔から変わらない素直で感謝の言葉を忘れない姿で、野球と向き合っていました。そして、彼は先日の甲子園1回戦で、松商学園の主将・4番として、チームの気持ちをつなげて甲子園で躍動し、1回戦を突破。そして、Yさんも約束通り、甲子園でその雄姿を目の当たりにしたのです。

教育に携わっているものにとって、生徒が夢や目標を口にし、行動に移す姿ほど感動するものはありません。もちろん、結果を残すことも大切ですが、目標に向かって行動し始める姿は最も眩いのです。

夢を公言することで、行動につながります。卒業式の日、みんなの前で夢を公言できるまでに成長した彼の姿は、Yさんにとって言葉では表せないほど、頼もしく感じたに違いありません。
クリックすると元のサイズで表示します
生徒の成長こそが、教育に携わる者にとっては最高の報酬。夢に向かって邁進する生徒を育てていきたいと、気持ちを新たにした瞬間でした。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ