2009/1/23

アーカイブ・スタック  

このブログは、「with Love from Far East to Far West〜遥かなるアイルランドへ」の05年2月から09年1月までのアーカイブ庫です。
09年1月以降の記事は、以下のブログにて随時更新中です。

FC2ブログ with Love from Far East to Far West


2009/1/18

ブログ引っ越し  


どんどん空き家になるAOLブログ…。とうとう引っ越しを真剣に考えた。

今までのブログを画像ごと残すには、AOL推奨の移行先 Autopage.teacup に引っ越すしかないので、とりあえず、そこをアーカイブ庫として存在させて、新たに以下のブログを作ることに。

ということで、以下が引っ越し先です。お手数ですが、お気に入りブックマークの変更をお願いします。

with Love from Far East to Far West(09年1月〜)
こちら

飛ばなかったらこちら。
http://eire09.blog81.fc2.com/
1月分の記事は同じに投稿してあります

これからものんびりアイルランドの動向を眺めていきます。改めてどうぞよろしくお願いします。


さよならAOLダイアリー。

2009/1/17

ブライアンのお土産  アイルランドのこと


AOLブログのサービス終了まであと半月。実はこのブログの他にもうひとつ管理しているAOLブログがあるので、いくら最後まで使い倒してやろうと思っていても、そろそろ考えないと…まあ、あと半月あるか…、と思っていたら、なんとシステムエラーで49時間もPCからブログの管理画面にログインできない事態が発生した。早く出て行けと言われているようなもの。49時間も立ち往生だと「直す気があるんだろうか」と疑い、腹が立ってくる。ホントに考えよう。

アイルランドの首相ブライアン・コーウェンが企業家たちをひきつれて来日していた。慶応義塾大学でアイルランドの外交に関する講演会が開かれるというお知らせがあり、無料だし行ってみようかと思っていたら、すでに満席…「そんなに小さい会場なのぉ?」と不満タラタラに元塾生のオットに聞いたら「今の学内施設はわかんないもん…」と寂しそう。そりゃそうだ。

さて、ブライアンの旅の成果は、4,600万ユーロ(55億円)の商取引と150人の雇用。
雇用は、アイルランドに進出している2社、「ウイルスバスター」のトレンドマイクロ社とオンラインコミュニティ構築のガーラ社が地元で雇うということらしい。

新たに日本企業と取引を始めることになったのはボタニー・ウェイビング社。1934年にアパレル業からスタートしてガーダやアイリッシュ・ポストの制服、交通車輛のシート生地やカーペットなどを扱っている企業だが、今回JALの新型ボーイング787ドリームライナーの内装ファブリック納入が決定したそうだ。

「日本にも経済危機はあるが、非常に豊かで、アイルランド企業にとってチャンスが溢れている」そうだ…。現在105社が日本との取引を行っているが、それを今後2〜3年で拡大していきたいとか。

アイルランドの経済状態がどん底なのか、日本はどう転んでも金持ちなのか…。


一昨年、母から春菊の苗とともにもらってきて育てた名も知らぬ野菜。花を咲かせて種をとり、再び秋口に植えておいたら、間引きするくらいまで育った。間引き菜もしっかりいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

不景気の自衛手段のひとつ…自然の力はありがたい。


2009/1/12

ニュース、いろいろ  アイルランドのこと

経営破綻したウォーターフォード・ウェッジウッド社は、アメリカのファンド、キャピタル・パートナーズに買い取られる気配。アメリカ資本か…。テレビのニュースで流れたロンドンの街角でのインタビューで、「わが国が誇る伝統が失われて…」云々というコメントがあったけど、アメリカ以前にすでにアイルランドの企業になっちゃってたんだから嘆くのも遅すぎじゃないのと思った。英国民にしてみれば、隣の元植民地の資本になるのはそれほど悔やまれることではなかったのだろうか?

アイルランドに工場を持つ国際企業の人員整理のニュースが相次ぐ中に、「ダブリンバス、ハイジャックにあう」というものが。図体の大きいダブリンバスをハイジャックしても、どこかに逃走するにも時間ばかりかかるわなあ…と思っていたら、特に計画的なハイジャックではなかった。午後9時半、まずは乗客と運転手が口論になり、運転手がガーダ(警察)に通報しようとしたところ、その乗客がドライバーを引きずり出して殴った。バスはそのまま、他の乗客がハンドルをコントロールするまでコーク・ストリートを南下した、という顛末らしい。運転手は腕を2カ所骨折及び重症の打撲。災難…。

もう1つニュース。ダブリンにIKEAができる。ただ、すでに店舗は完成しているように見えるというのだが、店舗周辺の交通渋滞を防ぐために、ダブリンの環状道路M50のバリーマウント・インターチェンジの改修工事を優先するということになり開店が遅れている。インターチェンジの工事のタイムリミットは2010年。IKEAは今年中にオープンしたいと願っていて…。そして、失業率も高くなる中、早く開店して雇用を増やしてほしいと願っている人もいる。IKEAのオープンで500人の雇用が見込まれるそうだ。
IKEA側は、内装はまだ完成していないというし、年末までに開店できたらいいところかな、と思う。





2009/1/6

荒れ模様  アイルランドのこと


新年明けましておめでとうございます。

紅白でのエンヤのアイルランドからの中継はご覧になったでしょうか。何が驚きって、すんごい良いお天気だったこと。晴れてたもんね、空が。エンヤよりも晴れ渡った空を正座して見ちゃったくらい。ちなみに中継地は北アイルランドとの国境近く、カウンティー・モナハンにあるキャッスル・リズリーという17世紀のお城だったそうだ。

年が明けたら、途端にアイルランドは大荒れ…お天気ではなく、ウォーターフォード・ウェッジウッド社の経営破綻。

いつからウェッジウッドがウォーターフォードと一緒になってたの?!というのが、まずニュースを聞いた時の素朴な驚き。そして、ウォーターフォードの名前が先にきているのでまた驚き。早速Wikiで調べちゃう。

かいつまんで言えば、英国が誇る世界最大級の陶磁器メーカーのウェッジウッド社が、敵対的買収をされそうになった1986年に、アイルランドのウォーターフォード・クリスタル社をホワイトナイト(ライブドア事件の時に有名になったあれですよ)として合併、ウォーターフォード・クリスタル社の傘下に入り、ウォーターフォード・ウェッジウッド社が誕生した…ということ。
で、昨日経営破綻。資金繰りが行き詰まったらしい。

そして、今日覚えた単語は「receivership=破産管財人管理下にあること」

新年早々暗いニュースで先行き不安なアイルランド。今年もどうぞお見守りください。来週には首相のブライアンと副首相のメアリーも来日するしね。



2008/12/27



みなさま、クリスマスはいかが過ごされましたでしょうか。
今年のわが家はお客もなく、オットとふたりでウチご飯を食べて終わり。といっても、前日から仕込んだサーモンとたっぷり野菜のマリネと、朝のうちにちょろっと圧力鍋で30分ほど煮込んだスペアリブと、これまた午前中にドドッと焼いたベイクドチーズケーキと、チーズとハム数種とワインとバゲットで「プチ・クリスマスごちそう」。午後から打ち合わせがあって、帰宅が7時過ぎるとわかっていたので、前日と当日の朝は、この夕飯の準備でてんてこ舞いだった。

…で、写真も撮らず…。

さて、年末には紅白歌合戦にアイルランドの歌姫エンヤが登場、といってもNHKホールに来るんじゃなくて、アイルランド北部にある300年以上の歴史を誇るマナーハウスからの中継だそうだ。彼女の代表作「オリノコ・フロウ」と3年ぶりのニューアルバム「And Winter Came(雪と氷の旋律)」から「Dreams Are More Precious(ありふれた奇跡)」の2曲メドレーだそうだ。「Dreams Are More Precious」は、1月8日放送開始のフジテレビ系ドラマ「ありふれた奇跡」の主題歌でもあるそうだ。23日にも日本テレビでエンヤが歌ったみたいだけど見なかった。アルバム発売の時って、必ず来日するんだな…。
アマゾンで試聴してみたけど、11曲目の「My! My! Time Flies!」がエンヤっぽくなくておもしろい。「My!」は「おやまあ」みたいな間投詞で、訳せば「おやまあ!光陰矢の如しだわ!」という意味だけど、「Million Years(百万年)」の「My」と解釈してもおもしろいかなとシロウト意見。

で、もうひとつ。このブログでスター扱い(?)されているアイルランドのブライアン・コーウェン首相(カウエンと発音に近い表記をされることが多い)が、年明けに来日!アイルランドの起業家を引率して1月12日から東京、名古屋、大阪と巡るらしい。
せめてテレビ東京の経済ニュースくらいでは、ブライアンの顔を見てみたいわ、NHKのニュースにはならないのはわかっているから…。

年末まで仕事に追われているので、年内はブログの更新ができないかも知れない。ので、

Happy Holiday!




2008/12/17

ベーコン&キャベッジ  


毎年、年末になるとオットの姉が2kg以上あるベーコンブロックを送ってくれる。アイルランドに行く前は、すべてスライスして冷凍庫で保存して焼いて食べるのが精一杯だったけど、アイルランドから戻ってからは、必ずこれ!

ベーコン&キャベッジ、マッシュポテトと粒マスタード添え

クリックすると元のサイズで表示します
キャベツの緑の外葉はロールキャベツに使ってしまったので、彩りのインパクトに欠ける一皿になってしまった…一緒に人参でも煮てしまえば良かった…。

レシピはブログのお勧め書籍にも載せている松井ゆみ子さんの『アイルランドのおいしい毎日』を参考にしているが、日本のベーコンは塩気が全然きつくないので、塩抜きはいらないし、水とベーコンと、ベーコンの味が淡白なのでチキンコンソメキューブを1個いれて圧力鍋で15分くらい、その後キャベツを入れて5分くらい煮ておしまい。すっごい手抜きである。アイルランドのキャベツはちょっとやそっとじゃ柔らかくならないけど、日本のキャベツは気をつけないととろとろになって影もカタチもなくなるからそこだけ注意。

ギネスを出す前にオットが平らげてしまいそうな勢いだったので、キリン一番搾りとともにとにかく撮影。
そういえば、ギネスの輸入販売権がサッポロからキリンに移るらしいね。

さて、ベーコンのかけらとキャベツのとろけた破片が浮かぶスープは、翌々日まで美味しくいただける。寒い朝の熱々スープにもなるので重宝♡



2008/12/11

リスボン条約の再投票  アイルランドのこと


今日の朝日新聞に、アイルランドでリスボン条約の再投票が来秋あたりに行われるとの見方が出ていた。アサヒコム参照→

記事の中で、アイルランドの外務大臣による「敗因」分析が書かれていた。「敗因」というのは、国民投票の結果が政府の意向に沿わない「否決」だったことの理由。「新条約によるEUの機構改革で、現在各国1人の欧州委員枠を失う懸念や、低い法人税率や軍事的中立性、中絶禁止などの伝統的なアイルランドの政策が損なわれることへの恐れが国民にある」

どれも理解できる。北海道の面積に400万人しか住んでいない小国がEU委員枠を確保できないとなったら、自分たちの生活がフランスや英国、ドイツなど大国のいいようにされちゃうんじゃないか。法人税率が低いから他国からの企業誘致に成功してケルティックタイガーが起こってここまで豊かになってきたのに、いまさら法人税を上げろと言われるのは困る。英国からの独立を果たして戦いも終わり、軍事的にも中立の立場を堅持してきたのに、それを揺るがされるのは嫌だ。カトリック教会は妊娠中絶禁止を何が何でも死守したい…。

そして、「EU加盟自体には「国民の7割は満足している」とし、最近の世論調査で賛成派が増えた…」。
確かに、いろいろな規制がEU基準になって、生活が向上した部分は大きいと思う。それに、もしユーロを導入しておらずアイリッシュポンドのままだったら、今回の金融危機でアイルランドもアイスランドのようになっていたかもしれない。

秋に国民投票なら、6月頃からまた騒がしくなるんだろうな。あと半年で政府がアイルランド国民の気持ちをどう動かせるか、経済の回復具合がどうなっているか…様々な要因がどんな結果をもたらすんだろう。
…またウォッチャーになろうっと。

2008/12/8

happy birthday to Me  


今日は真珠湾攻撃の日で、ジョン・レノンが死んだ日で、私の誕生日。産んで育ててくれた両親に感謝しつつ、今日で47歳である。来年は年女。あっという間に50歳になっちゃう。最近、年齢を隠してもつまらないわと思うようになったので、聞かれたらちゃんと言うようになった。聞かれてもいないブログに書いてるけど…。

テレビのコマーシャルで、女優の前田美波里さんが美しく齢を重ねている姿が流れている。60歳だそうだ。私もオットも20年以上前、美波里さんの近くで仕事をしたことがあって、きれいで明るくて、ひたむきな努力家でかわいらしい美波里さんに、昔も今もひたすらに憧れるばかりだ。こんなふうに齢を重ねられたらと、つくづく思う…思ってるだけじゃダメなんだけどね。

あっという間に過ぎていく毎日を書き留めておこうと思い立ち、5年連用日記を購入。母には80歳まで元気でがんばれるように3年日記を買ってプレゼントした。
クリックすると元のサイズで表示します

日記なんて、夏休みの宿題以外つけたこともないのに、5年も続けられるのか?という大いなる疑義はあるが、1日3行なら夕飯の献立記録でもいいやと気楽に構えて、今日からスタート。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/12/4

AOLとソフトバンクモバイル  


私はソフトバンクモバイルのユーザー。
ソフトバンクの携帯機種では、「Yahoo!(Y!)」ボタンを押すと自動的にインターネット接続のポータルサイトであるトップページが表示される。Y!ボタンは携帯本体の右上方にあって、右手で携帯を開く時やスライドさせる時に親指がさわって、押したくもないのに押してしまう時がある。つまり、用事がないのにトップページに接続してしまうことがしばしば。
今まではトップページへの接続は無料だった。ところが、来年2月からは有料になるという。さらにこのページ、フラッシュ多用でパケットが高く、「間違って押しちゃった」でも1回最大130円前後かかるかもしれないとか。子どもとかお年寄りとか、気がつかないうちに触っちゃってること、多いと思う。

インターネットに繋がる契約をしなきゃいいんだろうと思うけど、これを契約しておかないと他社キャリアとのメールがやりとりできない。それに災害用伝言板だって、ここから入るしかないのに!
これは「悪質なワンクリック詐欺」との声が高い。ソフトバンクは姑息な手段で小銭を集めるライアンエア並みか。もし断行するなら右手封印・左利きにならなきゃ。自衛のためにはこれが一番手っ取り早いかも。

…と、書いて投稿せずに2日放ったらかしておいた。この件よりもAOLのブログサービス終了の方がショッキングだったからさ…。
すると、昨日ソフトバンクがこの方針を撤回! あまりにユーザーの反応が厳しかったからだろう。あ〜よかった、右利きのままで。

AOLもブログ廃止撤回しないだろうか…しないな。AOLとソフトバンク、どっちも理由も言わず一方的で勝手極まりない。そして、私はそのユーザー…情けない。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ