2009/10/25

映画日和(DVD)C「人のセックスを笑うな」  

最近、松山ケンイチが可愛くて可愛くて仕方が無い。

ので、借りてみました、「人のセックスを笑うな」

原作は、題名がインパクトありすぎで、
一体どんな話なんだ?!と気にはなっていた。
作者の名前も「山崎ナオコーラ」とこちらもインパクト大。
作者のエッセイを何度か読むうちに、この人好きやわ、と思い
さっそく原作を手に取ったのが、ちょうど映画の公開前後。
原作は大好き。
ただ切なくて、キレイなだけではない。
ちょっとした「汚さ」がリアルで。
それは、感情だったり、彼女の体型だったり。

キャストは絶妙で。
楽しみにしてました。


見ました。


原作と全く違う。
設定と話の流れが一緒なだけ。
でも、映画は映画で完結していて、それはそれで良かった。
永作博美の自由奔放な感じがとっても魅力的。
松山ケンイチの素朴さが、せつなさ倍増させる。
蒼井優は上手だ。蒼井優の走ったり飛び跳ねたりしているところが好き。

映画が良かったのは、原作ではほんの脇役「えんちゃん」(=蒼井優)が
かなりの主要キャストになっていたこと。
この人が出てきたことで、映画は映画の世界が作れていたような気がする。

映画を見て思ったのは、
切ない思いは男子もしているのだなぁ、ってこと。
当たり前なんだけど。
なんせ女子なもので、気づきませんでした。
ケイタイがあると電話を待ってる。
話をすると会いたくなる。
それは、男子女子共通のものなんだなぁ。
これまた、当たり前だけど。

…と、今日は抽象的な表現が少なかったのではないかな?
いや、まだまだ散らばってるな…。
今まで綴ってきた映画や本の感想は、
どれも抽象的で、何がなんだか読んでてわからないなぁ、と
一人落ち込んでました。
「ずしーん」とか、擬音ばっか。
これぞ関西人。
これからは、抽象的な表現は避けて、
出来るだけ具体的に書くことにする。
じゃないと、相手に伝わらない。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ