究極のゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 口コミ

このブログは、株)Real Style 代表取締役 鍵谷健 ドラコン日本アマチュアチャンピオン安楽拓也さんの究極のゴルフスイング理論 口コミ 感想 評判 評価 レビュー 効果 検証 内容などの情報を公開しているブログです。

 

カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

リンク集

 

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

究極のゴルフスイング理論

詳細はこちら





ドラコン日本アマチュアチャンピオン安楽拓也 究極のゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 評判 評価 レビュー



いち早くこのスイング理論を手にした方々の声をご覧下さい。



K・Kさん(26歳)
プロゴルファー

研修生270ヤード→290ヤード(20ヤードアップ)

今までのゴルフスイングは腰をめいっぱい使って振っていたため、トップからダウンスイングの時にシャフトが寝てしまっていたため方向が悪かったんです。
でも、安楽さんのアドバイスで足を使ってクラブを振るようにしたら、トップからダウンスイングでシャフトが立ってくるようになり、方向も飛距離もアップするようになったのでゴルフがとても簡単になりました。





詳細はこちら




O・M さん

スライス系126.9ヤード→ミスの少ない186ヤードへ
(59.1ヤードアップ)

安楽拓也さんとの出会い
私は身長163cmで、自分で言うのもなんですがかなりスタイルも良い笑顔の可愛い20代後半の女の子です(笑)。最近よく言われるのが 「上手になったね。でも、ドライバーは以前のほうが飛んでいたよね」

そうなんです。スコアを良くしようとすると、知らない間にスイングをコンパクトにしすぎていたんです。
それによって100の壁は平均的にクリヤできましたが、今度は90の壁が越えられないようになってしまいました。今度は飛距離を取り戻して、ボギーを拾うゴルフからパーを取りに行くゴルフをしようと安楽さんのレッスンを受けました。

安楽さんにコーチをしていただいて
正直、びっくりでした。最初は「ドラコンチャンピオンが飛距離を伸ばす」ってことなので、筋力トレーニングとか、こと細かくスイングを強制されるかと思い今までのゴルフが出来なくなるんじゃないかと不安でしたが、私の不安は全くいらない心配でした。今のスイングのままでタイミングの取り方を、下半身を中心に教えていただき、ただリズムを取ることに集中しただけなのに59.1yも飛距離が伸びるなんて!!

今では、80台も徐々に出てベストスコアも更新しました。心配していたアイアンショットやアプローチショットも、逆にリズムが良くなってミスが減ったほどです。ゴルフを好きになり、好きになりすぎて難しく考えていたことに気づきました。飛距離で悩む女性ゴルファーの皆さん、無理なトレーニングもしないこのレッスン、凄く良いですよ。





詳細はこちら





S・Tさん


飛距離はパワーという概念が
ガラガラと音を立てて崩れ去りました

2008年ゴルフダイジェストドラコン日本選手権
世界ドラコン日本代表決定戦にも出場


安楽拓也さんとの出会い
僕は身長181cm 体重は90キロ前後 体格にも恵まれ、運動も中京大学の体育学部に進んだくらい好きですし得意でした。ゴルフを始めたときから「飛ばし屋」といわれ、ちょっと調子に乗って“ドラコン大会”というものに参加してみたのですが…みんな僕より大きいし、胸板なんかも厚くて「おいおい、ここはプロレス会場か!?」と思ったほどです。しかも、競技が始まれば「ブゥッン!!!」って凄い音ばかり。皆ヘッドスピードが半端じゃないんです。(汗;)

そしてスイングも、よく言えば個性的、悪く言えば、一発勝負な一か八かスイング。その中で、唯一、本当にゆっくり綺麗なスイングで勝ったのが安楽さんだったんです。ちなみに、安楽さんのスイングは、ドラコン界でプロも認める「NO.1ビューティフルスインガー」と呼ばれてます。

安楽さんにコーチをしていただいて
正直、これは画期的です。僕は今までは誰が見ても上半身のパワーでボールを弾いてました。しかし、安楽さんのスイングのポイントは下半身!!下半身に意識をおくことで、無駄な力を上半身で固まらせない、スムーズな力の流れをボールにぶつけるというものでした。これは本当に目からウロコでした。

飛距離はパワーという概念を崩されたんです。これは飛距離だけでなく通常のラウンドにも生かされました。安楽さんに会うまでは80台半ばのスコアをウロウロしてましたが、安楽さんの、理論により無駄な力が抜けて、ハーフ30台が連発するようになりました。
それは、やはり上半身の無駄な力を抜いて下半身始動のスイングを心がけているということでしょう。

安楽さんによく言われるのは「人間なんて、大きさも関節の柔軟性も筋力も人それぞれなんだから、絶対にこれだ!なんてスイングはない。ただ、リズムを大切に」。これを、頭に入れてスイングするだけで飛距離は20yアップ!アプローチは以前より50cmはピンに近づきます。





詳細はこちら





かつてこれほどまでに、ゴルフ初心者でも数分の練習で確実に結果を出せるスイング理論を手にしたことがありますか?

曲がらずに飛距離アップできる、と書かれた多くの理論は、私から見て大変難しくスグに結果がでないものばかりです。(ほとんどの商材が20〜30ヤードの飛距離アップのために、数時間から数ヶ月のレッスン時間がかかります。)

しかし、一人一人の体型や体の柔らかさ、筋肉量、運動神経などといった視点から、あなたのスイングを壊さず、良いところは伸ばし、悪いところを2・3ヶ所修正する。ただそれだけであなたのゴルフ人生が180度変わってしまうことを忘れないでください。


これからも無駄な時間とお金を費やし面白くないゴルフを続けるのか?それとも、あなたのカラダにあった正しいスイングを身につけ、最短で結果を手に入れゴルフを思いっきり楽しむか?


ドラコン日本アマチュアチャンピオン 安楽拓也


















0
投稿者:golufusuwingu78

teacup.ブログ START!

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0
投稿者:teacup.ブログ 運営担当
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ