2010/8/18

すごく…お久しぶりです。  単なる雑談

長い間、更新さぼってすいません。

実は4ヶ月くらい前、6年間お世話になったメインマシンのどっかのファンがちょっぴりオシャカになっちゃったっぽく、ゲームなどをするたびにおかしな挙動をするようになったので、一時中止せざるをえませんでした。それから1ヶ月後、貯金の半分をはたいてWindows 7 Home Premium搭載のパソコンを購入しました。初めのうちは今まで使えたものが使えなくなってしまうかもしれないという不安が大きかったのですが、幾つか使い続けて一部を除けばちゃんと動くことが判明したので、今では不安もなくゲームをやっております。

では…何から書き始めればよいんでしたっけ…。
0

2009/12/19

WC3と復活のカンパネラ その5  ゲームプレイ戦記

祝福のカンパネラ:
章末キャラクタートークに新たな選択肢が。今度は敵対者サイドですか。
物語の本当の始まりというものを彼らの視点で描いたものも悪くはありません。こういったものは、はぴねすの式守伊吹と上条兄妹が3人共通の思いを胸に秘めて瑞穂坂学園に集結するあたりを髣髴させてくれます。
しかし、はぴねすの時のように敵対者が物語と共にルートごとに違ったオチを見せてくれるかもしれないので、なかなかコンプリート出来なかったりするかもしれません。

ウイングコマンダー3:
「Disk3を入れてください。」
中盤の後半に入りました。Disk1の序盤に出てきたあの提督が再びやってきました。
0

2009/11/22

WC3と復活のカンパネラ その4  ゲームプレイ戦記

祝福のカンパネラ:
前回とは別物の最終決戦とオチをもってミネットルートクリア。
これはそう簡単にはコンプリートできない予感がする……。

ウィングコマンダー3:
一時期、選べる仲間が1人減ったが、しばらく進めてみたらはずされた選択肢が戻ってきた。選べる仲間の数はストーリーと連動しているようだ。
0

2009/10/24

WC3と復活のカンパネラ その3  ゲームプレイ戦記

ウイングコマンダー3:
敵が多い敵戦艦殲滅任務を何事も無くクリア。
ストーリーパートではフラッシュという新キャラも登場してDisc2に突入。

祝福のカンパネラ:
ミネットルートもいよいよクライマックスへ。
最期の戦闘の予感を感じつつセーブ、セーブっと。
0

2009/10/18

応用情報技術者+α戦記  単なる雑談

ブランクが長すぎた所為か、前より調子悪かったです。
こりゃ今回もだめかも……。

で、試験終えた後は例に漏れず帰りの汽車まで札幌の街をぶらっと行きました。
そんな中でゲットしたのが……。
サンダーフォース4(メガドライブ)
倉庫番(MSX)

そして、無事帰還。道中何事も無くてよかったですな。

関係ないけど、倉庫番って、実際に入力して変換しようとすると辞書が変な風に区切るからめんどいんだよね。
0

2009/10/15

WC3と復活のカンパネラ その2  ゲームプレイ戦記

応用情報技術者試験が近づいたため、プレイすること自体が難しくなった。特にウイングコマンダー3はムービー見ないとゲーム中にやるべきことなどが分からないため、ちょっとした休憩には不向きかもしれません。
0

2009/10/11

ちょっとくだらない小ネタをいくつか  Dots for 1chipMSX

その1:GMC−4でお遊び
音がでかい上に出来ることが少なすぎて家庭内デビューする気配の無い学研のマイコン『GMC−4』(分からない人は大人の科学公式サイトを見てね)。ひょんなことからGMC−4用プログラムが誕生しちゃいました。その内容は8〜F以外の数字ボタンが押されるたびに、2進LEDの右3つに押されたボタンの数字を2進数で表したもの、左3つにその鏡像みたいなのが表示されるというシンプルなものです。

クリックすると元のサイズで表示します

「たったこれだけですか!?」っとツッコまれること間違いなしです。



その2:はんだシュッ太郎
身内向けコンテンツ開発の為に、先々週に通販で買ったはんだ吸引機です。

クリックすると元のサイズで表示します
http://store.shopping.yahoo.co.jp/marutsu/0000000200001425.html

これを導入する以前はヒーターと近くのホームセンターで購入したはんだ吸引機をそれぞれ片手に持ち、某リサイクルショップで買ったジャンク基盤のはんだ吸引を行いました。はんだが完全に溶けた瞬間にヒーターを遠ざけ、固まらないうちに(この時間が非常に短い)吸引機を近づけて吸い取らなければならないので、素早さと確実さ、そして集中力が要求されます。
で、このアイテムはヒーターと吸引機が一つになっているため、こういった2つの作業が片手でできる上に変に集中力を消費しませんから、かなり便利です。息を止めて長くいるのが苦手な人でも安心。おかげで再チャレンジ数を大幅に減らすことが出来ましたとさ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ