膵臓癌を患い、他界した父の闘病記です。 父が旅立ってもう何年経つのでしょう・・・ 私の中では、あの時の父のまま・・・ ガンは早期発見ならば治る病気ですが、膵臓癌は発見された時には進行している場合が多いです。 沈黙の臓器・・・・ 私は、父が無くなってから毎年人間ドッグを受けるようになりました。 ガン家系と思われるので・・・ まだまだ残しては死ねない娘のためにも、検診を受けています。 家族の為に、皆さんも自分を大切にしてくださいね。 (過去から読んで頂ける方は、一番下に投稿順になる表示切替ボタンがあります)

2010/6/21

5年過ぎました・・・  父の居ない生活

18日は、父の命日でした。

もう5年です。

月日が経つのは早いなぁ〜・・・・

5年経っても、実家は片付いておりません。

まだ父の面影だらけですよ。

来年は、もう七回忌をするのよね・・・

この間のことのように覚えているのにね・・・


父の孫にあたる我が娘の成長を見れば、5年っていう月日を感じることができるの。

小学生だった娘も、もう高校生に!!

父も、喜んでくれてるかな・・・・





祖母が(父の母)が、100歳を迎えました!!おめでとう♪

父の分まで長生きしてるね〜!


私は、何歳まで生きるのかな・・・・
0

2009/10/24

久しぶりです  ひとりごと

とっても久しぶりにここを開きました。

父が亡くなって もう4年が経ってしまいました。
ついこの間のことのようなのに、子どもの成長をみると時の流れを感じます。
実家に帰ると、いまだに父の面影がそのままに残っています。
父の使っていたもの・・・ほとんどそのままです。
母もぼちぼち片付けてはいるようですが、なかなか進みませんね。
趣味のものが多すぎます!
植木の手入れの道具に大工道具に木材、釣り道具、自転車のパーツ・・・・

人のものはポンポン捨ててくれちゃう父だったのに、自分のものは溜め込んでたなぁ〜。
いつかは、すっきりさせないといけないんでしょうね。


そうそう・・・父が、この夏も我が家にやってきたようです。

ダイニングテーブルで夏休みの課題の自由研究を娘がやっていた時です。
私は隣に座っていました。

娘が急に焦った様子で振り返ったのです。

「どうしたの?」

「今ね、誰かにこの辺から覗き込まれた感じがしたの。ママかと思ったけど、遠いね。椅子も下がった感じがしたよ!」

「また、おじいちゃん来たのかな?」

「きっとそうだね〜〜!何やってるんだろって覗き込んだんだろうね!」


姿は見られなかったけど、気配を感じ取った娘。
きっとこれは、父だったと思います。
この夏休みは、塾の日が多く、実家へもあまり行かれなかったので 父のほうからやってきたのかな?



なんだかとっても会いたくなっちゃったなぁ〜!


1

2007/2/5

誕生日  父の居ない生活

今日は父が居なくなってから 2回目の誕生日だね・・・
最後の誕生日を忘れられない。

最近は夢にも出てきてくれなくて、ちょっと寂しい。
あの世の門を開けるために 最後の追い込み修行かな?
3回忌が終わったらまた来てくれるのかな・・・
0

2006/12/3

書いてないまま・・・  ひとりごと

闘病中のところで、書いていない部分があるんだっけ・・・
そのままになってる。
どうしよう・・・・







年賀状を買って来た。
気分じゃなくても 出さなきゃいけないんだよね・・・
めでたい気分になんかなれないなぁ〜。
0

2006/11/11

ラジオ  父の居ない生活

連休に里帰り・・・
やっぱり居心地が良い!!!


妹が「この間さ、突然お父ちゃんのラジオが鳴り出したんだよ。最初何の音かわからなくて探しまくってたら、引き出しの中にあるラジオが鳴ってたんだよね・・・
お父ちゃんラジオ聞きたくなったのかなぁって思ってしばらくつけっ放しにしといたよ。
入院中以来触ってなかったし、スイッチもパチって入れないとつかないのにね。。。」

父がラジオをつけたのかな・・・
何か意味があったのかな・・・


こういう現象って身内以外じゃ怖いけど、父だと思うと嬉しい。
父は 家に居るのかもしれない。
あっちとこっちに行ったり来たりかな・・・


1

2006/9/28

辛いね・・・  ひとりごと

父の闘病中に出合ったHPの管理人さんのお母様が旅立たれた・・・

膵臓癌 本当に憎い・・・・

その時の様子を書き記してくれていた管理人さん


父の時のことを思い出してしまったよ・・・

間に合わなかったね

ごめんね




闘病の末の死と言うものは あっけなくやってくるものなんだね・・・

別れを惜しむ時間もなく・・・



いつか私も死ぬんだ・・・
0

2006/9/12

ドライフルーツ?  父の居ない生活

また父の夢をみた。
覚えているのは 一言の会話だけなんだけどね・・・


父「ドライフルーツが食いてぇなぁ〜」

私「え?ドライフルーツ?レーズン?」

父「う〜〜〜ん?」


交わした会話はこれだけだった。



数日後 母に電話した。
「お父ちゃん ドライフルーツが食いたいって言ってたよ?」と・・・

母は「それさ・・・ドラゴンフルーツと間違えてんじゃない?お父さんドライフルーツなんて言わないよ!」



8月の終わりに 母と妹も一緒に連れて沖縄へ行ってきたんだ。
父が生きていた頃 一緒に行こうと誘ったけど、どうも飛行機が怖いらしく断られていたの。
母は行きたがっていたのにね・・・
だから 1周忌も済んだし 新盆も済んだし、一緒に行くことにしたんだ!!

最終日に母と私と二人で過ごす時間ができた。
そのときに 母と食べたドラゴンフルーツがおいしくて、3個ずつ買って帰ったの。
母は 生け花を嗜んでいるので、見事な色合いのドラゴンフルーツを棒切れに刺して生けたそうだ。
中身が赤いのと白いのを買って帰ったんだけど、白い方が甘くてサッパリとしていておいしかったから、生けておかないで食べた方がいいよ!とずっと勧めていたんだ。
母は 赤いの1個だけは食べたそうだけど、この赤い方・・・甘くなかったのよね。
赤い方が値段が高いのにさ!
結局 生けたままで腐らせてしまったドラゴンフルーツ・・・

父は珍しい果物を食べてみたかったんだろうか・・・

赤いドラゴンフルーツも仏壇には供えず食べちゃったからかな?と母は言ってる。


ドライフルーツとドラゴンフルーツ・・・・似てる(笑)
聞きなれない名前だからきっと間違えちゃったのかもしれないね!

お父ちゃん かわいいな〜と思ってしまったw

でもさ、どうしていつも私の夢の中なんだろうね。
お母ちゃんが寂しがってるよ・・・・
0

2006/8/16

送り火  父の居ない生活

クリックすると元のサイズで表示します


今日でお盆は終了・・・
普通のお盆よりも新盆は1日遅れで送っていくそうだ。
夕方 母と妹と私とお子で父を送って行った。
それぞれの地域での風習の違いもあるが、この辺りは提灯にろうそくを灯して魂をそこに乗せてお墓に送っていくのだ。

お墓に着き、掃除をしたり花を供えたりしていると・・・お墓の後にある塀の上をカマキリが歩いている。
このカマキリ・・・妙な動きをしてるんだ。
前後に大きく揺れながら進んでる。

まるでラッパー・・・・

お尻を直角に曲げてるし・・・

「カマキリだーーー!なんか変な動き方してるねー!!」
と、大騒ぎして見てると 時々 キッと顔をこちらに向けじーーーーっと見られる。
そして またラッパー動きで前進!!

「このカマキリさ・・・お父ちゃんのお迎えかなぁ〜〜〜。」
と、言いながら見ていると またこちらをキッと見る。お前達ゴチャゴチャうるさいぞ!!とでも言っているような目線・・・
しっかり目があってる気がする。
何度こちらを見ていただろう・・・・

母以外は気になって気になってしょうがなくて、ずっとカマキリを見ていた。
やっと父の墓の真後ろまでやってくると、体の方向を変え静止!
そして、ジャーーーーーーーーーーンプ!!
塔婆に乗り移った!!
そしてずんずん上に登って行く!!

これは絶対に父のお迎えに違いないと確信した。

一番てっぺんまで登ると動かなくなった。
極楽浄土があると言われているほうを見つめてる。

雨がポツポツと降ってきた・・・

早く帰れっていう合図かな・・・・

私達が居ると父もなかなか帰れないんだろう・・・
他の人よりも1日長居をしているから、帰るのは一人・・・だから迷わないようにお迎えに来てくれたのかな?
きっとそうだよね!!

母は御付きが居れば大丈夫だね・・・と安心していた。
お父さんはなんでもうまくいっちゃうんだから!!と・・・・



母を家の前で降ろし、私達3人は買い物に出かけた。
そうしたら 土砂降りの雨!!!
ワイパーが利かないほど・・・
帰りはカンカン照りになってた。

父があの世に戻る前に 植木の水遣りを思う存分していったのかな・・・
きっと 気になって気になってしょうがないだろうからね。
0

2006/8/2

新盆2  父の居ない生活

昨日から新盆入り・・・
私は行かれないはずだった。
母にも「ごめん・・・行かれないよ。何もできなくてごめんね。」と言ってたんだ。
子どもの予定があるからね。練習を休むと怒られる!!!
そしたら31日の夜に連絡網が回ってきて「明日の練習は中止になりました!」と・・・・

マジですか???わーい♪

ちょうど私の仕事も1日2日と休みだったの。
早速母に電話をして 明日行かれるから〜〜って言ったよ。

1日の朝早くに母と妹は お墓まで父をお迎えに行った。
おとうちゃんは早起きでせっかちだから、遅い遅いってきっと待ってるからねぇ〜〜。
入院してた時 外泊許可が出たときそうだったっけ・・・
すっかり仕度を終え、まだ時間前なのに待ちくだびれてて、迎えに行った母にぶつぶつ文句いってたね。

私と子どもが着いたのは昼頃・・・
父の母 姉 妹 そして従姉妹と揃って来てくれていたよ。
新盆に行ったからといって 私が何をするわけでもなく・・・お線香をあげて 顔を見せに来たって感じだわね。

日帰りで帰るつもりだったんだけど、パパが泊まってきちゃってもいいよと言ってくれたので結局1泊して今日の昼間に帰宅したんだ。


母が「これはお父さんの仕業だね。きっと仕向けたんだよね。」と・・・
タイミング良く子どもの練習がなくなったり、新盆が1日から始まるってことも知らずに仕事のシフトを決めていたのに 1日は私も妹も休みになってた。

「お父さん 来て欲しくてしょうがなかったんじゃない?だからこうなるように仕向けたんだよ!!」と・・・

私もそう思うよ。
あまりにもタイミングが良すぎる!!!
でも 新盆に顔が出せて良かった。うんうん・・・


夢に父が出てくるのを期待していたんだけど・・・父は出てこなかったわ。
夢に出てきたのは「卵焼き!!!」
これでもかって言うぐらい大きな卵焼き用のフライパンに いくつ使うんだ?っていうぐらいの卵を使って私が卵焼きを焼いてる夢をみた。
夢って起きた時は覚えてても時間が経つと忘れちゃうから、起きてすぐに母にこんな夢をみたよと話した。
そうしたら 母は「親子で同じような夢みたのかしら・・・今朝はお父さんに卵焼きを焼いてあげようって思ってたんだよ。お父さん甘じょっぱい卵焼き好きだったんだよねぇ〜。」

お父ちゃんが 卵焼きが好きだったなんて知らなかった。
どうしても食べたかったのかな???
だから 卵焼きの夢を見せたの???
びっくりするような笑っちゃうような・・・・

どうせならさ、おとうちゃんがちゃーんと出てきて「卵焼きが食べたいから焼いてくれ!」って言って欲しかったな〜〜!

次のリクエストは何だろうね?
新盆は1日から始まって お盆終了の翌日16日に送って行くんだって!!
まだまだ半月あるからね!!
きっと食いしん坊のおとうちゃんのことだから 食べたいものいっぱいあるでしょうね!!



0

2006/7/30


今年は新盆・・・
8月1日からだそうだ。
通常のお盆よりも長いのね?
本家の従姉妹がイロイロと面倒をみてやってくれてる。ほんと助かるわ。
従姉妹はすでに父親(お父ちゃんのお兄ちゃんにあたる)を亡くしているので、それに先祖代々の仏様も守っているからこういうことには詳しい。
従姉妹が新盆は1日からだよって教えてくれるまで 母は知らなかった。
初めてのことじゃ何がどうなってるんだかわかんないよね。
私は子どものこともあるから すぐに行ってイロイロ手伝うことがなかなかできなくて・・・
そばでイロイロ教えてくれて 行動してくれる従姉妹には本当に感謝!!!
ありがとう!!

母は昔から 霊感というか・・・身内だけなんだけどね、夢に出てくるのよね。
何々が食べたいとかそういう要望を伝えてきたりするのよ。
以前 母の父親(おじいちゃんね)が「ぼたもちが食いたいんだ〜」って言ってきて、母はおばあちゃんにそのことを伝えたら「最近忙しくて甘いものもあげてなかったんだよ」と言われたって!
従姉妹の父親も 父がまだ生きてた頃に現れて・・・
このときは話を聞いてびっくりしちゃったんだけど・・・
父が食事も採れなくなり 入院して高カロリー点滴で生きてたときの話・・・
母が家に帰ったら おじさんが来て「迎えにきたんだけどよ〜〜。居ないのかぁ?」って・・・・
母はびっくりしちゃって 慌てて「今用事あって出かけてるんだよ。」と言ったって・・・
「そうかそうか」とおじさんは帰っていっちゃったらしいけど、母はまだお迎えに来られちゃ早すぎるってとっさに思い 追い返しちゃったと話してくれた。
その時 父が家に居たらおじさんに連れて行かれちゃってたかもしれないね・・・

ちっとも母の夢に現れない父・・・
亡くなってすぐに「水をくれっ」て出てきただけだ。
新盆に何が食べたいとか言ってきて欲しいみたいよ。
大好きなお刺身はお供えするって言ってたけど・・・お父ちゃん何が食べたいの?
お赤飯も大好きだったよね。
病院で腹水を抜いてもらった帰りに お赤飯が食べたいって言って買って帰ったけど結局食べられなかったこと忘れられないよ。
食べたいものも最期のほうは思うように食べられなかったもんね・・・
帰ってきたら何が食べたいのか教えて?
母の夢に出てきてあげてほしい・・・


0

2006/7/22

幽体離脱??  ひとりごと

先日ここに座ってボーっとしてたら 頭のてっぺんからふわぁ〜〜〜〜って 何か変な感じに襲われた!!!
眩暈とかそういう感じじゃなくてね、ふわ〜〜って引き抜かれるような感覚なの。

ヤバッ!!!ダメダメ!!

とっさにそう思い、頭を思いっきり振ってみたらすーーーって元に戻ったんだよね。

立ち眩みって目の前真っ暗になるでしょ?
すっと立ち上がった時とかにクラッって来るのよねぇ〜〜。
でも 今回のはまったく違う!!
目はしっかり見えてるし・・・父の顔をずっと見てたよ。
写真が目の前にあるからね。
意識も目もはっきりしてるのに、何かが抜けていくような感覚!!
これって 幽体離脱ってやつなのかしら??

初めての体験だわ・・・

あのままぼーーーーっとしてたら 魂が体から離れてたのかしら?

あれっきりそういうのはないけど・・・
忘れられない感覚です。あまり気持ちのいい感じじゃなかったなぁ・・・
0

2006/6/18

一周忌  父の居ない生活

早いものでもう1年・・・
父の存在はまだ私の中で大きい。

今日は父の日・・・なのに 父はいないね。
昨日は 母の誕生日・・・

1年前のことを思い出すよ。
母の誕生日の翌日が命日なんてね・・・そこまで父は頑張ったのかな・・・


今日から父は極楽の門の開け方を1年かけて学ぶらしい。
学びの師匠となる観音様に出会うための儀式(とでも言うのでしょうか)が一周忌だと・・・
遺された者がちゃんと一周忌をしなければ 会うことができないらしい。
会ってちゃんと学んで そして晴れて極楽の中へ入れる。
勉強しなくても 極楽の門の前までは行かれるんだって!!
でも・・・開き方を知らないから中へ入ることができないと・・・

遺された者の責任だ!!!
一周忌ってとっても大事なことなんだって!!

住職さんの話を聞いていたら 来年が三回忌とな?
丸二年で三回忌???ん?
なんだか変だね・・・月日の数え方がよくわからないよ。
亡くなった年をすでに1年と数えるらしいが・・・・
一年目が一周忌、二年目で三回忌・・・んじゃ7回忌はいつになるんでしょうね・・・十三回忌は???

父は今は猛勉強中かな?
三回忌が過ぎたらきっと会いに来てくれるのかなぁ〜・・・
意外と真面目な父だから やるべきことはきっちりとやるんだろうね。
細かいこと好きだもんね!!


そうそう 御祖母ちゃんが 父のために集まってくれた人にお酌してまわってたよ。
すっかり腰が曲がってしまって 歩くのもしんどいの。
我が子の一周忌に参列するって辛いんだろうね・・・・
御祖母ちゃんは96歳!目指せ100歳?
でも 体が痛くて辛そうだ・・・心も体も痛いんだろうな・・・

「子どもらはいつ迎えに来てくれるんだろうな」って言ってる。

お酌して回ったときに 歳を聞かれ「私は56歳になりましたよ」って言ってた・・・
ちょっとボケ始めた御祖母ちゃん・・・

8月は新盆・・・昨年はしなくていいってことだったので 今年初めてする。
ちゃんとその時は帰ってきてね?その間は勉強もお休みでね!!


0

2006/6/13

夢をみた・・・  ひとりごと

また父の夢をみたよ。

大きな木の枝に座ってたね。

なんであんな高いとこに座ってるんだろう・・・って私は眺めていた。

父の周りが白っぽく光ってたっけ・・・



今度の日曜日は一周忌だね。
早いなぁ〜〜ほんと早い・・・・

今どこにいるの??
0

2006/5/16

一周忌かぁ・・  ひとりごと

実家から 先日一周忌の案内状が届いた。
出席するのはわかってるけど、こんな感じで皆に出したからと連絡が来た。
父の命日にとりおこなうことに前々から決定してはいたんだけど、改めて案内状を見て・・・「父の日」だということに気づいた。
父の日に父の一周忌・・・寂しさが増す・・・

ゴールデンウィークに実家に行った。
父が居なくなっても 父の大切にしていた木々は成長している。
今年も松ノ木の新しい芽が伸びていた。

それを 鋏で摘んだ・・・・

松ノ木の手入れに没頭し 病院へもなかなか行こうとしなかった父・・・
退院して一緒に摘んだこともあったっけ・・・
父はひとつずつ素手で摘んでいくんだよね。松脂で爪の中まで真っ黒になっちゃうのにね・・・
洗っても汚れたような父の手が嫌いな時もあった・・・若いころね(言い訳)
大事な大事な宝物だったんだよね・・・

もうすぐ1年になるなんて信じられない。
父の姿はあの時のまま私の頭の中に残ってるよ・・・

また泣いちゃいそうだわ・・・

0

2006/4/10

結婚記念日  ひとりごと

今日は 父母の結婚記念日だった。
41回目か・・・

結婚生活40年ってあっという間だっただろうね。
人生って長いようで短いな。。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ