無線ラン| 子ども生活| ベビードールの子供服| ワンピース| 住所変更.COM| 夫婦の性生活| 告白〜恋愛告白の仕方〜| 入学式のスーツ| おまじない|

2009/3/18

春のジャケットの色  春 服

春のファッションには、ジャケットがよく着られています。
ジャケット選びのポイントは、どんな色の服と合わせて着るかです。

ジャケットの上にさらにスプリングコートを着る場合は、ジャケットとコートが違った色になるようにします。
例えば、薄い色のコートを選んだときには濃い色のジャケットを着るようにします。
同系色で合わせると、ぼやけた印象になってしまうので注意しましょう。

ジャケットの中に着るトップスやボトムスは、ジャケットと同系色にするとすっきり見えます。
同系色といっても、色が近すぎるとちぐはぐな感じがするので、同系色にするならば色の濃い薄いをはっきりさせましょう。
ジャケットをフォーマルに着こなす場合は、ボトムスを同じ色にするのはもちろん、素材も同じものにします。
色だけ合わせても、素材が違っていると一体感がありませんので注意が必要です。

ジャケットにチェックなどの柄が入ったものを選ぶと、ファッションのアクセントになります。
もちろん、柄といっても春に着るわけですから控えめなものがお薦めです。
この場合は、中に着るトップスは無地でジャケットと同系色にするといいと思います。

また、春のジャケットには避けた方が良いという色もあります。
白は、清楚なイメージで春に合う色ではありますが、ジャケットに白を選んでしまうとはっきりし過ぎてしまって、きつい印象になってしまいます。
グレーは、ジャケットで着ると華やかさがなくて少し淋しい印象になってしまうのであまりお薦めはできません。
0

2009/3/18

春のワンピース  春 服

春にぴったりのファッションというと、ワンピースだと思います。
ワンピースのタイプは、エレガントなものからカジュアルなもの、スポーツテイストのものなどさまざまです。
形も、Aラインやハイウエストで細身のエンパイアライン、ミニ丈やロング丈などいろいろあります。
柄も、春の定番の花柄を始めとして、ジオメトリック、エスニック、ボヘミアンなど選ぶのに迷ってしまうほど種類が豊富です。

花柄のワンピースは春の定番です。
可愛らしい花柄から大人っぽいシックな花柄まで種類は豊富です。
花柄のワンピースを着ると、心までウキウキしてきますよね。

最近よく見かけるのは、ジオメトリックのワンピースです。
ジオメトリックとは幾何学模様の事です。
規則性のある直線や曲線、円やひし形などを組み合わせた模様をいいます。
奇抜な色合いが多いので、春らしいカラーを選びましょう。

エスニックのワンピースは、日本人と相性がいいのでよく似合います。
エスニックとは、中東やアジアの民族衣装をイメージしたスタイルです。
カジュアルにしたりシックにしたり、いろいろな着こなしができます。

ボヘミアンのワンピースも人気です。
ボヘミアンとは、ヨーロッパの民族衣装やジプシー風のファッションをイメージしたスタイルです。
刺繍やレース、フリルやパッチワークなど種類も豊富です。
可愛らしくしたり、大人っぽくしたり選ぶワンピースによって印象が変えられます。

いろいろなタイプのワンピースで、春のファッションをコーディネイトしてみるのもいいですね。
0

2009/3/18

レギンスの履き方のポイント  春 服

最近の春のファッションでは、レギンスがとても人気です。

レギンスとスパッツは同じものでは?と思っている方も多いかもしれません。
スパッツとは、タイツのように脚にぴったりとフィットしたパンツの事です。
どちらかというと、ファッションというよりスポーツの要素が高いと言えます。
スパッツに合わせる洋服も、ロングシャツ、パーカー、カットソー、ジャージ、などカジュアルなものが似合います。
レギンスは、スパッツよりもファッション性があると言えるでしょう。
種類も、カラーのもの、しわしわのもの、デニム素材のものなど種類も豊富で、年々流行を取り入れてデザインも増えてきています。
最近ではマタニティ用のレギンスもあり、妊婦さんにもファッションが楽しめるようになってきました。

誰でも似合うレギンスですが、細身なので履き方には注意しなければなりません。
レギンスは、「素足を見せるのはちょっと…」という、脚の太い方にとってはその足を隠すためのお助けアイテムと言えます。
しかし、合わせるワンピースやスカートとのバランスが悪いと、逆に脚を太く見せてしまう恐れがあります。
例えば、脚を細く見せるために黒のレギンスを選ぶ事が多いかと思いますが、春によく着る淡い色のワンピースやスカートと合わせた場合はどうでしょうか?
レギンスの黒の方が目立ってしまい、隠したかったはずの脚が強調されてしまいます。
そんな場合には、合わせるワンピースやスカートに目線がいくような、薄めな色のレギンスを選ぶ事がポイントです。
また、上に濃い色を持ってくる場合は、レギンスも黒などの濃いめを合わせると脚が目立たなくなりますよ。
0

2009/3/18

春のブーツ  春 服

最近では、春にもブーツファッションが人気です。
春なのにブーツ?と思う方もいるかもしれませんが、春だからこそブーツでおしゃれにきめたいものです。

しかし、春のブーツがおしゃれと言っても、冬のロングブーツをそのまま履くのはNGです。
冬には冬用の、春には春用のブーツに履き替えて季節を切り替えていきます。

春用のブーツを選ぶ場合は、白やベージュなどの明るくて薄い色を選びましょう。
最近では、ピンクや水色といった色も見かけます。
自分に合った春らしい色合いを選びたいですね。
また、短めな丈を選ぶ事も大切です。
冬のようにロングブーツだと春には重苦しい印象になってしまうので気をつけましょう。
とにかく春らしく軽やかなイメージにする事がポイントです。
レースアップブーツやウエスタンレースブーツなどが、春のふわっとした服装によく似合ってお薦めです。
また、ニットのブーツも春のファッションをコーディネイトするのに人気です。
冬に、少し明るめな色のニットブーツをゲットしておけば春にもそのまま使えます。
暖かいので、肌寒い日にはとても重宝します。

ブーツは、スカート、パンツ、ワンピースなど、いろいろなファッションに合わせる事ができるマルチアイテムと言えます。
そしてブーツの一番ありがたいところは、脚を細く見せてくれる事です。
日本人は、欧米人と比べてふくらはぎや足首が太くすねが短いのが特徴です。
ブーツは、そんな体型をすべて上手にカバーしてくれます。
誰でも、かっこ良く、スタイルよくおしゃれに見せてくれるブーツ、冬だけに限らず春にも履いてみてはどうですか?
0

2009/3/18

サングラス  春 服

4月も半ばを過ぎる頃になると、春の陽射しもだんだんと強くなってきます。
太陽の光がまぶしすぎて、手をかざしてしまう事もあるでしょう。
そこで、サングラスの登場となります。

近年の春のファッションのトレンドはフューチャリズムです。
サングラスにも、フューチャリズムを取り入れたデザインが増えてきています。

最近では、宇宙服に似合いそうなデザインのサングラスをよく見かけます。
レンズとフレームが一緒になって、目全体を覆ってしまう大きめのサングラスです。
サイドのフレームも幅広いのもこのサングラスの特徴です。
これに帽子を目深にかぶると、顔がほとんど隠れてしまいます。
まるでヘルメットをかぶっているような感じですが、この大きいレンズと幅広いサイドフレームのスタイルが紫外線をしっかりカットしてくれます。
また、顔をほとんど隠してしまう事で小顔効果もあります。

サングラスは、おしゃれなファッションとしてだけでなく、紫外線から目を守ってくれる実用品でもあります。
サングラスを選ぶ時は、紫外線カット仕様のレンズを選ぶようにしましょう。
レンズの仕様に、紫外線(UV−A、UV−B)をどのくらいカットしてくれるかが記載されています。
この記載のないレンズは、どんなに濃い色レンズでも紫外線カット仕様ではありませんので注意してください。
大きなレンズのサングラスを選ぶと太陽の散乱光をカットしてくれ、幅広のサイドフレームを選ぶと横からの光も遮ってくれるのでお薦めです。

春は、暖かくなってくると同時に紫外線が強くなってくる季節です。
サングラスをファッションとして、また実用品として大事な目をしっかりと守りましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ