物理のおた福 はっしー帝國

趣味は物理の不思議探求といいたいところですが…。(特殊相対論、特に回転運動に狂ってます)

あと、バンドでギターを弾いてました。
(いまは個人練習に勤しんでいます。)

指定難病IGG4関連疾患の患者を進行中。


※※
※※

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hasea_teikoku
あ、推定3歳ですね。秋ごろ4歳かな?
投稿者:hasea_teikoku
父親は違うかもしれませんが、ハナオと黒豆の鳴き声はとても似ています。顔の形は…違うかな?外ニャンの黒豆はワイルドな顔になりましたが、ハナオはまだ子猫っぽく頭が小さいです。
投稿者:T_NAKA
そうですか、お母さんは自ら去っていったのですね。
毛色ですが、野良ちゃんの場合は「同期複妊娠」というのが珍しくないので、黒豆くんのお父さんは他の兄妹とは違うという可能性もありますね。

http://teenaka.at.webry.info/
投稿者:hasea_teikoku
コメントありがとうございます。

お母さん猫は、いつものように黒豆君と家の玄関先でご飯食べていたのですが、いつのまにか姿を見せなくなってしまったんです。

いつか、黒豆が甘えて鳴くんで、外に出た時にお母さん猫がいたので、黒豆が「母さんが来た、ご飯を出してくれ」と鳴いていたんだと気づきました。
そのとき、お母さん猫は「子供たちをよろしくおねがいします」と言いに来たと思いました。

それ以降はお母さん猫をみることはなくなりました。エサ場を子猫に譲って姿を消したのかもしれませんね。

黒豆を家で飼う試みはして参りましたが、黒豆がすぐパニックになってしまって、怒って暴れるので、自由猫にすることにしました。エサは平等に与えています。いまは黒豆は人懐っこくなって、すり寄るし、撫でさせるし、短い時間なら抱っこもさせます。
エサを与えてるとき、鼻先を僕の頬に近づけるしぐさをしたり、家猫ではあまりやらないことをして、とてもかわいいです。生きるのに真剣なのでしょうね。

猫写真をアップするとすぐネタが尽きちゃうんですよね。ちまちまアップするマメさが僕にはなくて…。

お母さん猫は三毛猫でした。三毛猫が生む子はその遺伝子が薄れて(たぶん黒い色素が減少?して)赤トラが生まれるようです。たぶん、黒い色素は全部黒豆が引き継いじゃったんでしょうかね。アコの背中の一部に黒い毛が少しあります。
投稿者:T_NAKA
うむ、どの記事からコメントすれば良いのかなと迷ってしまうのですが、やはり動物からでしょう。
カワイイです。ハナオ君アコちゃん と ニャー助君 は血が繋がっていないのに、毛色が同じなんで、なかも良さそうですね。
黒豆君 は違うけど。。黒猫は人懐っこいと聞いていたのですが、違うのですかね。

ハナオ君アコちゃん と 黒豆君 のおかあさんはどこかに行ってしまったのですか?


http://teenaka.at.webry.info/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ