2017/6/19

ウエイトトレーニング(合気道家向けの体つくり)  合気道家向けのウエイトトレーニング

トレーニングスタジオ10(テン)にて

パーソナル(ウエイト)トレーニングを受けてきました。
トーレーニング内容は基本的に専門家の
関先生にお任せしています。
関先生、いつも熱意のある御指導ありがとうございます。

※定期的にトレーニングを受けています。

合気道家としては、下半身と背中、肩回りが特に重要と考えていますのでその部分を重点的に鍛えています。
一つのパーツのみを鍛えるのではなく全身を鍛えたうえで、特に合気道に必要な部位を重点的に鍛えるようにして、体のバランスを大切にしています。

私はウエイトトレーニングは専門ではないので
間違っている事もあるかもしれませんが、
伝統的な鍛錬法でも構えで静止したり、構えのまま掌底で押しあったりするのはアイソメトリクス的なトレーニング、
歩幅を広げて低い体勢で動く、すり足動作や回転動作は自重を使ったトレーニング、木刀の素振りは器具を使ったトレーニングとも言えますので、伝統の稽古にもウエイトトレーニングの要素はあると思います。

それらの伝統的な鍛錬法をやり込んだうえで、合気道に必要な部位をマシントレーニング、体幹トレーニングやインナーマッスルのトレーニングでさらに鍛えるのは有効だと思っています。
個人的にはマシントレーニングが好きですが、合気道との関連性を考えると体幹トレーニングやインナーマッスルを主体にして鍛えるのも良いようです。

(バランスを考えず、また合気道との関連を考えず、合気道にあまり必要ない部位をマシンにてひたすら鍛えるのは、合気道向けではないと思います)

実際にトレーニングジム10の関先生からは、ボディービル的な体つくりではなく
アスリートとして動ける体つくりをご指導いただいております。
最近はトレーニング法も発展し、各競技向けの動ける体つくりが可能になっているようです。
合気道家も合気道は力で行うものではないとは言え、最低限バランスを崩さず動ける、しっかりとした足腰を作るのは大切だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
↑フリーウエイト
クリックすると元のサイズで表示します
↑(左手側)キネシス+足上げの動作
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ