2017/8/17

実践合気道家としての体つくり トレーニングジム10にてウエイトトレーニング  合気道家向けのウエイトトレーニング

トレーニングジム10にてウエイトトレーニング

実践合気道家としての体つくり

クリックすると元のサイズで表示します
↑実践合気道家として、どの程度体を鍛えれば良いのかの最低限の目安ぐらいになれば幸いと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

合気道の達人はお若いころは筋力も強かったり、筋骨隆々であったという逸話は多いです。
ただ、何分昔なので体脂肪率や詳しいサイズ、どの程度の筋量なのかと言うデータがないので鍛え方の参考にしずらいのが残念です。勿論、ボディービルダーになるわけではないので、単純に体のサイズが大きければよいと言ったものではないので、一概には言えないと思いますが、データがあれば鍛えるうえでの目安になります。

合気道家向けの本格的な体つくりの参考となる物がないので、私は合気道で良く使う動きや重要だと思う部分を自分で考えながら鍛えています。

主に肩回り、背中、足腰を中心に鍛えています。トレーニングはロウ系を重視しています。

合気道の基本動作は好きなのでかなりやり込みました。(昔ほどではないですが、現在も維持するために行っています)
また素振りや柔軟も大切だと思います。それらの基本的な鍛錬法をやり込んだうえで補助鍛錬としてウエイトトレーニングに取り組むのは有効と考えています。

トレーニングの参考に

身長179センチ 体重99キロ(トレーニング量により88キロ〜100キロの間) 体脂肪率13%〜16%
上腕43センチ 前腕35センチ 大腿部64センチ 胸囲110センチ 肩周り134センチ
※素人採寸なので多少の誤差はあると思います。




0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ