2017/8/12

合気道におけるウエイトトレーニング  合気道家向けのウエイトトレーニング

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
↑覇天会杖素振り腰落し鍛錬法(器具を使ったウエイトトレーニングの一種とも言える)


ウエイトトレーニング


合気道においても適切にウエイトトレーニングを行い鍛えることは有効です。

1、ウエイトトレーニングを行うと筋肉で体が重くなり動きが遅くなる→間違えです。むしろ適切な範囲の筋力による増量は瞬発力が付きむしろ動きが早くなります。

2、ウエイトトレーニングを行うと体が固くなる→間違えです。ウエイトトレーニングを行っても体は固くなりません。体が固くなるのは柔軟運動の不足からくるものです。

プロの重量級ボディービルダーであれば筋肉が大きすぎて動きが制限されるという事はあり得ますが、それは才能のある一握りの方が筋肉に命を懸けてボディービルの為に体を作り上げた場合です。普通のトレーニングではそこまでの筋肉のつき方に到達できません。ですので心配無用です。

3、ウエイトトレーニングを行うと力む癖が着く→大きな間違えです。力む癖が付く、筋力で技を掛けるようになるので合気道に向かない体になるなどと言うのは、ウエイトトレーニングのせいではなく技術練習の不足 もしくは稽古の方向性の勘違いによるものです。

例えば、相手を崩す際に、合気道的な「相手との動きの合わせや力の受け流し、腰からの中心の力や回転による崩し」ではなく、腕力が強くなったので「腕の力で無理やり引っ張って崩す」としてしまえば、確かに良くありませんが、これは筋力が付いたのが悪いのではなく、技術を身に着けていないのが悪いのです。技術練習の際に力でごまかすのが良くないのであり、技は技として正しく身に着ける意識があれば問題ありません。

実際に技に習熟していれば筋量が多くても柔らかく動ける人はいますし、筋量が少なくヒョロヒョロの人でもガチガチに力が入っている人もいます。筋量の過多は動きの習熟度合いや力の抜き方とは関係ありません。筋量が増えても正しい動きを心がければ問題はありません。

また、実際の闘いの際に力を抜いて動けるようになるためには、組手の量をこなして、実際に動いた状態での経験を積むことが重要です。型で力が抜けていても、初めて戦った際はガチガチになる方が多いです。人間は初めてやることは、緊張して中々リラックスしてできないものです。その為、実際に戦った状態でも力を抜くためには戦うという状況になれる必要があります。

車の運転などでも初めての路上教習などは固くなりますが、数万キロ走ればリラックスして運転できるのと同じことです。組手も車で数万キロ走るのに相当する時間を行えば自然力は抜けてきます。

体重増量の目安

自分の平均体重+5キロ〜20キロ(最大25キロ程度)の筋量の増量は合気道においても有効です。
特に身長175センチ以上の大柄な方は、平均体重+10キロ〜20キロは筋肉で増量しても良いでしょう。

※トレーニングを行っても筋肉だけでの増量と言うのは難しく、増量の際は多少脂肪もついてしまいますが、体が出来た後に体脂肪を減らしていけば問題ありません。

ただし、自分の身長や骨格に対する適正な増量が大切です。重ければ重いほど良いというわけではないようです。

私は元々18歳のころは179センチ 68キロ、20歳で71キロからウエイトトレーニングを始て、半年で78キロ、1〜2年で83キロ、10年で90キロ、14年で約100キロになりました。

どこまで体を鍛えられるか、増量できるか、増量した際の合気道におけるパフォーマンスの変化などを自分の体を通じて知りたかったため、試しに約100キロまで増量してみました。

ただ、30キロ増量し179センチ100キロ体脂肪率14〜16%は私には少々重すぎる様です。88キロ〜92キロで体脂肪率13パーセントが私にはベストの様です。トレーニングによる増量を+30キロまで行う事で、自分の体のベストな体重と体脂肪が把握できました。

相撲のように体重が力になる競技であれば90キロよりも100キロが良いのでしょうが、合気道では回る捌く能力が重要です。体重を筋力で上げれば上げるほどパフォーマンスが向上するというわけでは無いことが分かりました。

この結果を踏まえて筋力による増量は平均体重+5キロ〜20キロ(最大25キロ)まで体脂肪率は10パーセント代の前半を推奨して行きたいと思います。(大凡の目安として小柄な方は+5キロ〜15キロ、大柄な方は+10キロ〜20キロ辺り)


※個人差はあります。スポーツエリートで平均体重+30キロでバリバリ動けていると言う方もいます。上記の推奨は一般的な方の場合です。



クリックすると元のサイズで表示します
↑100キロになりました。増量してみて分かったのは私の場合90キロの方がバランスが良いようです。今度は減量しベストなコンディションにします。適度な筋量の増加は合気道の競技力向上に役に立ちます。試行錯誤してベストな状態を探すことも大切です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ