自伐型林業  林とこころ

高知県で産声を上げた「自伐型林業」、いよいよ北海道でも名前が

使われるようになりそうだ。協議会が設立されたようだ。


自伐林家という呼び名の方はもともとあって使われていたから、

それと何が違うかと言えば、既存の森林組合や委託の仕組みに依存せず、

むしろ批判的な立場で取り組むあたりか。



当たり前の話だから何が変なの?と聞かれそうだが、かつては自ら林業を

するという行為は下火だった。しかし、地方創生の声の前後に、

地域資源を見直した時に、塩漬けされている地域の宝は森だと

いう、これまた当たり前の結論になった(のだと思う)。



多額の資本投資はせずに林を地域経済に役立て、環境保全と

雇用と修景に寄与するスモールビジネス的林業はわたしたちにも

一部共通する当たり前の活動だと思うし、道内各地のそのような

活動がメジャーに取り上げられなかったことの方が不思議だ。



その隙間に視点を与えネットワーク化し賛同者を集めてきたN氏の

足取りをわたしは遠くから見てきた。成否も妥当さもよくわからないが、

確かに賛同者は東北まで来ていて、このたび本格化する旗揚げのイベントが

あったのだ。



林は、立地も取り組む人も多様でどこも特殊事例だ。

それをつなげる名前のようでもある。

つなげていけば政治的な声にもなるが、ひょっとしてそこがねらい

かもしれない。



わたしはコモンズ的な林業はこれと分けておこうと思う。あくまでせいぜい

セカンドビジネスでしかないし、元来、保全緑地や保安林など制限林で行う

林業だからだ。ただもっとエリアを拡大的にする選択肢もあることは自覚している。

その踏ん切りはなかなかつかない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ