わたし流「風水と風土」  林とこころ

モノや場所には「気」があることを感じ取るようになってから、

「風土」というものと、実践的、あるいは実証的に付き合ってきたかも

しれません。風土はそれほど包括的な概念で、わたしにとっては生き物の

名前や分類を超越する上位概念になってきました。

このところ、古い日本の「風土記の世界」(三浦佑之著)と「風土学ことはじめ」

(谷川健一編 雄山閣出版,)を読んでいたら、目の覚めるような

仮説に遭遇しました。風土という言葉は、中国の風水の「水」が、

ありふれた日本においては「土」と解するのが良かろうと、つまりはほぼ同意だ、

というのです。



びっくりしました。そしてもうひとつ自然条件との付き合いでの、

AJUSTMENT について。同じアジャストメントでも

日本的な方法は「適応」で、自然に逆らわずいくもの。

もう一つは「対応」。これは開発の時などの「 control 」を含むのだという。

なるほど、こういう整理は本当にありがたい。


ちなみに、わたしはほぼ「適応」ばかり、かと。

雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ