林が再生するのに立ちはだかる壁  林とこころ

日曜日、先週に続いて今季2回目となる「ホッキとフキノトウのかき揚げ」をした。

ホッキは家人が午前中に店で確保したので、残るはフキノトウだった。

前回は家から1kmほど北の人里で採れたが、今回はさらに数百m行った

ところへ。そこにはまだ雪が残っており、雪線そばでは若いつぼみも

たくさん採れた。高速道路の北側のその一帯は小高い尾根筋があり、

写真左の如く広く雑木林が広がっていて、一部で風倒木処理のような

伐採も行われていた。尾根に登って伐採された切株を見て回って驚いた。

ナラのおよそ半分は萌芽が認められたが、すべてがことごとくシカかウサギの

食害を受けていたのだ。


これでは萌芽枝が伸びても樹木として再生は困難が予想され、果たして林と

して復元するのか、危ぶまれる。植苗病院周辺、新千歳空港周辺などのような、

旺盛な萌芽更新とは程遠い。国道234号の勇払川を渡って遠浅に向かう際の

国道とJRに挟まれたエリアも、萌芽更新が盛んでもうすぐ林になる。ナラ

などの広葉樹林は、萌芽更新をして3,40年で伐採と再生を繰り返す。胆振で

行われてきた「低林作業」の大原則どおり、きれいに皆伐して一斉に更新

させないと成功しないのか。極端に言えば、シカたちの食害をものともしない、

高密度の、「どうだ参ったか」というほどの「勢いをもった更新」を

つくらないといけないのか。シカなどの食害が目立たないほどの再生を創れ、

ということか。

陽だまりの切株に座って、安定的な、繰り返すことのできる更新と再生に

思いを馳せた。自然とはそういうことか。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
1
タグ: 里山 再生 食害



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ