2011/1/3  5:50

23回用ノンストップ  



↑一日一度クリック応援お願いします〜

23回用ノンストップ問題

老人福祉論 −介護保険関係問題−その他

問題
11 40歳から64歳までの第2号被保険者の保険料は,それぞれが加入する医療保険ごとに設定される。まら医療保険者は医療保険料と介護保険料を一括して徴収することになっている。
12 介護保険制度における訪問リハビリテーション計画は、医師及び理学療法士、作業療法士又は介護福祉士が作成しなければならない。
13 介護サービス事業者は、要介護者・要支援者の人格を尊重するとともに、要介護者・要支援者のために忠実にその職務を遂行しなければならない。
14 介護サービス事業者は地域のとの結びつきを重視し、市町村、他の介護予防サービス事業者、その他の保健医療サービス、福祉サービスを提供する者と連携をしなければならない。
15 指定居宅サービス事業者の指定は、6年ごとにその更新を受けなければ、その効力が失われることとされている。

解答
11:○
12:×医師、看護職員、理学療法士、作業療法士等が共同して利用者ごとに訪問リハビリテーション計画を作成します。当該訪問リハビリテーション計画に基づきこの記述のなかでリハビリテーション計画をできないのは介護福祉士です。
13:○
14:○
15:○その通り。6年ごとの更新、その他指定の取消、介護サービス情報の公表などの規定が設けられました。

管理人の今日のミニエッセイ

褒める…

私の教え方は
夢と希望を
持たせることです

「勝てるよ、
世界一になれるよ、
お前なら絶対出来る!」
…と

毎日誠心誠意
言い聞かせると

心が通じて人間の脳は
「なるほどな!」と
なるわけです

by 小出 義雄

これって
マラソン選手を
育てること以外にも
応用できそうです

褒められることで
人間の脳のなかで
幸福を感じられる
セロトニンという物質が
増えてくるそうです

そうすると
自然にやる気も出るし
実際にやれそうな気にも
なっていきます

もし誰も自分を
褒めてくれなければ?

その時は
頑張ってる自分を
褒めてあげましょう

それでも
元気が沸いてきますから


ラストメール


↑クリックでweb介護福祉士会

第23回受験用のサイトを立ち上げました。

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ