2011/1/4  5:51

23回用ノンストップ  



↑一日一度クリック応援お願いします〜

23回用ノンストップ問題

老人福祉論 −介護保険関係問題−苦情・相談等

問題
1 要介護認定の結果や決定された保険料に不服がある場合は、都道府県に設置された介護保険審査会に対して審査請求をすることができる。その請求は、決定内容を知ってから60日以内とされている。
2 介護サービスに関する苦情・相談窓口は、介護サービス事業者や市町村の窓口、平成18年度から市町村が設置する地域包括支援センター、都道府県毎に設置された国民健康保険団体連合会などがある。また、ケアマネジャーも苦情を受け付けている。

解答
1:○正解です。国保連の役割は具体的にいうと、居宅サービス事業者や介護保険施設が提供するサービス内容そのものや対応について、利用者からの苦情を受け付け、事実関係の調査を行ったり、その調査結果の如何によって改善の必要が認められる場合には、事業者や施設に対し指導・助言を行います。したがって不服審査をおこなう機関ではありませんので区別して覚えてください。
2:○

管理人の今日のミニエッセイ

経験をする…

自分が経験してないことを
経験している人から学ぶ…

これは
大事なことだと思います

経験した人でなければ
わからないことがある…

だから経験した人の
メッセージは強烈に
頭の中に残るのだ

でもせっかく
その経験から学んでも
身についていなければ
何の意味もない

じゃないといつまでも
「自分が一番正しい」と
勘違いする人間になって
しまいますからね

どんなに成功しようが
どんなに偉くなろうが

人から謙虚に経験を
学ぶことを忘れちゃ
ダメなんでしょうね

人生の答えなんて
そりゃぁ〜星の数ほど
あるんですから

経験から学び
自らもたくさん経験を積む

そこでいろんな
気づきができたらいい


ごめんね


↑クリックでweb介護福祉士会

第23回受験用のサイトを立ち上げました。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ