2018/5/19  21:09

失敗から学ぶ成功へのプロセス  クラブ活動

 本日をもってオーケストラ部は仮入部終了。あとは30日の保護者の方を対象とした部活動説明会。ここは大人の仕事なので、責任重大ですが、まずは多くの1年生にオーケストラ部に関心を持ってもらえたことを嬉しく思います。本入部という形で皆さんと一緒に演奏できる日を楽しみにしています。
 その最終仮入部はスタイルを変えて対応。弦楽器管楽器打楽器共に一つの部屋で練習し、途中から1年生と指導をしてくれている上級生とだけで合奏。最初にこの期間ずっと取り組んだ弦楽器はエクスプロレーションス、管楽器打楽器はカエルの合奏。こちらはさすがに慣れてきたなあというところ。音階練習をしながら合奏の基礎の基礎を体験してもらいました。そして、ウェーバーのコンサートマーチの合奏。こちらはまだまだ難しいかと。とはいえかなり音になっていました。そして、最後に上級生も全員加わり、今日いたメンバー全員で再びコンサートマーチを合奏。その後、先週もやったアンパンマンメドレーを再び合奏。この合奏にも一部経験者の1年生には加わってもらいました。また合奏に参加できない1年生にも楽譜を見てもらいながら聴いてもらいました。先週からちょうど1週間。1年生が帰ったあと、もちろんこの曲だけではありませんが、練習してきました。おそらく先週
聴いたこの曲よりも音楽が熟成されているのを感じられたはずです。練習を重ねて合奏の精度を高め、いい演奏を発信して行くのがオーケストラの活動。その一端を感じてもらえたならば嬉しいです。次回は6月1日(金)試験後の13時練習開始。講義室集合となります。その前に初めての定期試験しっかりと頑張って下さい。
 1年生が帰ったあとは再び合奏。ベートーベンのアレグレットもだいぶ輪郭が見えてきました。先日youtubのアドレスを教えましたが、この曲の経緯を説明したドキュメンタリーを見てくれた人はそれなりに曲の成立の経緯等がわかったものと思います。もっと悲嘆にくれるベートーベンの気持ちが音に表現できるように試験後は取り組んでいきましょう。その後、ポップス系作品を2つ演奏し、試験前練習は終了となりました。
 その後のミーティングでは演奏委員、企画委員、環境管理委員それぞれから発信がありましたが、私に言われたことを間に合わせているような状態。今回は仕方ないと思います。しかし、次のサイクル、具体的には長期的には「かんらんさい」まで、短期的にはオープンキャンパスまでの一区切りとして、運営面を考えていってほしいと思います。各委員会で検討し、肯定的立場、否定的立場で考えること、またインペクはその案を顧問がどう考えるのかという観点でも考えられるとベストかと。また、議論をしていくと忘れがちなのが、なぜこのことをやるのかという初心。始動の1ヶ月、運営に関しての「やる気」は評価しています。もう少しだけ準備と工夫をしていけば成功へのプロセスが見えてくるものと思います。
 ただし、これも常に言っていることですが、私たちは「会議部」ではありません。練習をしていい演奏を作り出す「オーケストラ部」なのです。練習をする上での個々の責任やモラル、この部分のスキルアップこそが今年度目標としている「こだわり」なのです。6月1日にようやく正式に5学年での活動が開始されます。その中でまた頑張っていきましょう!本日練習終了時に6月の目標を記載する用紙及びアンサンブル通信の今年度第1号を配布しました。どちらも生徒向けではありますが、保護者の方もよろしければご覧下さい。
 このブログも活動再開までは不定期更新とします。まずは定期試験で結果を!
6

2018/5/18  21:32

あと1回  クラブ活動

 仮入部もあと2回。今日は一年生で何やら諸行事があったりでやや集まりが悪かったですが、熱心に頑張ってくれていました。今日は管楽器と合奏。スケール練習もだいぶ一緒に参加している感じになっていて心強かったです。このあと、全員で取り組む
最初の合奏曲「コンサートマーチ」を初めて練習してみました。もちろんまだ上級生と一緒に音を出している状況ではありますが、かなり参加できている人もいて、驚きました。長かった見学仮入部期間もいよいよ明日で終了。明日は初めて1年生だけで合奏、そして上級生も入れてのコンサートマーチの合奏等を考えています。とはいえ、今日も初参加の人が。まだまだ大歓迎です。
 1年生が帰った後はアンパンマンマーチの合奏。予想通り、かなり仕上がってきました。ただ、言われやら直すというよりも、こういう演奏がしたいという感覚が前面に出てくることを期待します。その方がオーケストラのサウンド作りの早道です。その後今日はオケフェスの曲の選曲のために早めに終了。オケフェスはカリンニコフの交響曲第1番に決定しました。
 さて、曲が決まるのはいいことですが、それがどのように練習されていくのか。少なくとも取り組みの計画ぐらいは立案してほしいと思います。また、Tシャツの色等で調査が行われている模様ですが、まだかんらんさいのステージ概要も決まっていない中で本当に大丈夫なのでしょうか?演奏曲とマッチした色彩も大切だと思いますが。また、なぜこの時期に作ろうとしたのかというコンセプトも高校生は今一度思い出してほしいです。@部活動の名前を入れることで、これを着た際に誇りを持つこと。Aインペクが決めた年間のスローガンを常に意識できるもの。というのがコンセプトだったかと。少なくとも今季は「パジャマ」ではなく「ユニフォーム」であるべきです。そういうものを作るはずだったのではありませんか?
2

2018/5/16  20:53

先を見据えた活動  クラブ活動

 仮入部も今日を入れてあと3回。いよいよ大詰めです。ただし、熱心な1年生のみなさんの取り組みでパートの方はほぼ本入部を待たずに確定できそうな様子。また、今日は弦楽器1年生と一緒に練習をしましたが、Ddurのスケールもかなり精度があがり、先週の金曜との比較ではものすごく成長していると思います。正直に嬉しく思いました。
 ただ、こうなると今度は気になるのが、中間試験後の練習再開時からのプランニング。交響曲はチャイコフスキーの交響曲第5番に決まったけれど、ではそれを練習するのか、それともまだやらないのか?かんらんさいのステージはどうするのか?そうなのです。例年ならばかんらんさいは11月。しかし今年からは9月。しかも直前は前期期末試験!夏合宿前にはある程度形が整っていないと大変厳しいことになるのです。それだけでなく、Tシャツはどうなっちゃたのか?かなりスピーディーにデザイン案が上がったのはもう4月のこと。それから、ずっと検討しているというのならば、それはそれでいいですが、ちょっとそういう雰囲気でもない。6月は最初の2日練習をしたら校外活動期間で1週間お休み。さらにはそのあとはほぼ毎週なにかイベントがある状況。今年最初のイベントを終了してすでに1ヶ月。しかし、楽譜回収もない模様。それで本当にいいのだろうか?日々の練習日程が見えない活動ならば仕方ないという主張も理解しますが、オーケストラの活動はすでに年間単位で日程が提示されているのです。みんなが「その日暮らし」ではリーダーシップの発信などありあえませんね。
 そういう私も、数十分前にようやく明日の高2香柏会の資料作成を終えて、このまま帰宅してまたパソコンはいやだなというところで職場で更新でした。あまり偉そうなことは言えませんが、お互い「その日暮らし」を打破して、先を見据えた活動にしていきましょう!
6

2018/5/14  20:49

一年生を迎える準備  クラブ活動

 練習再開。試験前の練習もあと4回。今日は明日が延期になった中学校運動会の前日のため、やや準備等で中学生の集合が遅かったですが、講義室では管楽器が、メイビー礼拝堂と下の敷地の多目的室棟で弦楽器と打楽器が練習。私は一年生管楽器の人と時間を共にしました。自分だけでやるとできることでも他人と一緒にやると上手くいかないということは多々あること。というよりも音楽では当たり前のこと。ただ、自分だけでやっても、全体でやっても同じことができないと合奏のスキルが上がらない。このため、今日は音階練習を順番にやり、少しだけ合奏するスキルアップの練習をしました。みんなよく頑張っていたと思います。本入部後もぜひ今の気持ちを大切にして取り組んでいけば、不安なく秋のかんらんさいではオーケストラの一員として演奏できるようになります。一生懸命な気持ちをいつまでも大切にして下さい。
 さて、1年生が帰った後は管楽器と打楽器と分奏。打楽器の生命線は強弱とリズム感。管楽器は音程とハーモニー感。まもなくこの中に1年生が入ってくるのです。丁寧に教えるという点で1年生に合わせる必要性はもちろん必須ですが、合奏の際の標準を新人に合わせる必要はないのです。音程はみんながあっていない状況ではなくて、上級生はぴっちりと合わせている、その純度の高いアンサンブルの中でならば、音程が合わないのはすぐにわかるもの。あっていない人が合わせられるように努力さえすれば解決すること。リズムや強弱も同様。昨年少しずつ成果を上げてきたアンサンブル力、ぜひ今一度精度を高めた状態で新入部員を迎え入れたいと思います。
 明日は中学運動会。部活対抗リレーの結果が楽しみですが、日頃はそこまで運動が得意ではない人々の集団。頑張りすぎて怪我などしないように気をつけて下さい。とはいえ応援してます。そして楽しんで下さい。
6

2018/5/12  21:23

あと4回  クラブ活動

 1年生のパートも9割が確定。気づくと仮入部もあと4回。同時に中間試験前の練習もあと4回となりました。今日も熱心な1年生が参加。昨日のトランペット、打楽器のレッスンをふまえ、ある程度管楽器のパートも確定しました。なかなか希望通りにはいかない人が多いのもわかりますが、それぞれ適性を考慮してのことです。今取り組んでいる楽器に縁を感じてほしいと思います。今日は管楽器打楽器、弦楽器共に合奏。さらに楽器経験者の人には「アンパンマンメドレー」で全体の合奏にも入ってもらいました。
 1年生が帰った後は引き続き合奏。最初に「アレグレット」。予想通りというか、予想以上に苦戦中。音の持つ意味とか、どういう音色が必要かという観点で音楽を奏でてほしいと思います。一つにはプロオケの演奏をCDとかユーチューブ等で聴いて見てもいいかと。その後、再びアンパンマンメドレー。逆にこういうタイプの曲は何をすればいいのかが、わかっている模様。おそらくあと4回で形になるものと思います。ただ、音楽には明るい曲も暗い曲も、スピーディーな曲もゆっくりした曲もあるのです。明らかに私たちのオーケストラは暗い曲やゆっくりした曲が苦手です。シーズンの最初だからこそ、そういう苦手な部分にしっかりと向き合っていきたいと思います。試験前ラスト1週間。来週も頑張りましょう!
6

2018/5/9  21:38

リーダーシップの発信  クラブ活動

 今シーズンに入り、まずやってみようという姿勢で取り組むメンバーと心地よく活動をしています。本当に楽しみなことです。しかし、それゆえか、私が一方的にハードルを上げてしまっているのか,,,。というのが今日の練習でした。
 まずは、1年生の仮入部。こちらは熱心な1年生の参加で、全員のパート希望をどのように叶えていくのかというのが、心からの目下の悩み。その中で今日は管楽器打楽器のメンバーと時間を共にしました。その前にちょっと様々な案件があり、練習場に来るのが遅くなってしまいましたが、一応予定していた作業はできたかと。そのあとに管楽器打楽器の1年生と「かえるの合奏」を実施。弦楽器のエクスプロレーションスと同様、いつも管打楽器の1年生と最初にやる合奏。その上でタイミングを揃えること等を少々練習しました。とにかく一生懸命な1年生。無理なこととはわかっていますが、ぜひいつまでもこの初心を大切にして欲しいと思います。本当に一生懸命なみんなと時間を共にすると、私自身が勇気をもらいます。次回金曜は弦楽器と合奏予定。どのようにこの前から進化したかが楽しみです。管楽器打楽器とは土曜に時間を共にします。
 1年生が帰った後は管楽器打楽器との合奏。これは今年度すでに会議を開催している演奏委員会とも相談済みの計画。月曜は弦楽器と木管楽器がベト7、その間に金管楽器打楽器はパートで譜読み。逆に水曜は弦がパート別、木管金管打楽器が合奏で各曲の輪郭をつかむ予定。しかし、一番時間があったはずの金管楽器がまるで譜読みができていない。出来ていないことも問題だけれど、その曲をやるよという事態になった際、できていないならば、できていないということも必要かと。そういう意味で練習は中断。以降は個人練習となりました。その間、私は講義室の中で別な作業をしていました。いたからなのか、無関係なのかはわかりませんが、結果その時間よくみんなは練習していたと思います。しかし、練習がストップしてしまったからというきっかけで必死に練習をするのは、やはり情けない。
 終了間際にそのメンバーに質問。「金曜にパートのレッスンがあるけれど、一体に何をみていただくの?」「考えてませんでした」「同じような質問だけれど、では今日の合奏は何を見てもらおうとしていたの?」「.......。」せっかく練習計画を立てても、そのそれぞれの時間内でやることを決めていかなければ。その調整をするのが練習計画であると思います。日々の学習も結局その中で何をやるかですよね。私たちは「会議部」ではないのです。話し合いは必要です。でもそれよりも大切なのが練習なのです。その練習で工夫し、合奏で工夫し、結果いい演奏を作り出すことこそがオーケストラ部の活動なのです。そのための「リーダーシップ」及び全学年のメンバーの「こだわり」を再度期待します。
 今日の昼休みに中学3年生の協力で講義室に全員のクリップボードが設置されました。練習後にはそのボードに全員の新シーズンスタートの日に提出された 今年度の目標とそのために 4月5月の目標とそのために という各自で記載されたプリントを掲示しました。こうなると他人が何をこだわるのかが気になるところですが、まずは自分が何にこだわることに決めたのか、またその該当月も半分消化された現在、実現に向けて前進中なのかどうかをまずはチェックしてほしいと思います。その上で、他人よりは各自が少しでもその決めた目標に向けて前進していることが肝要です。
4

2018/5/7  21:39

不滅のアレグレット  クラブ活動

 連休も終了。月曜から再開の1週間は長いと文句を言っても何も好転しないので、頑張ることにします。皆さんも普通の生活に慣れていきましょう!
 さて、仮入部もいよいよ今日を含めあと8回。だいぶパートも見えてきたかなというところです。今日は弦楽器が講義室、管楽器打楽器が下の多目的室で活動。私は弦楽器と一緒にいました。いつも必ずやっているエクスプロレーションスという曲で弦楽器全員で合奏。弓を合わせること等、合奏の基本中の基本をみんなでやりました。その後、ちょっとだけDdurのスケールの練習。弦楽器の人は水曜は下でじっくりと練習。金曜に再び講義室で合奏をするときにはこのスケール練習の技術を使って、エクスプロレーションスの2曲目までやって見たいと思います。今日は管楽器、打楽器希望の人とは関わりがありませんでしたが、カードはしっかりと読んでいます。100%やりたい楽器にパートが決まるということは不可能ですが、何回かの楽器演奏の様子や各自の意識等の中でみんなが納得するパートに決定していかれるよう努力したいと思います。水曜は管打楽器の人との関わりを中心とする予定です。
 1年生が帰った後は、金管と打楽器の人は新譜の譜読み。講義室では弦楽器と木管楽器のメンバーでベートーベンの交響曲第7番の2楽章の譜読みをしました。若い皆さんが最も苦手とする条件が揃っている曲です。@ゆっくり A曲想が暗い Bパッと見はリズムが単調。しかし、だからこそ取り組みたい曲。こういうタイプの曲が演奏できるようになると、オーケストラにもう一色の色が加わるものと確信します。がんばりましょう。ちなみにこの楽章は「不滅のアレグレット」と言われています。ぜひ次回までに音源を聴いておきましょう。
5

2018/5/2  21:40

仮入部初日  クラブ活動

 オーケストラ部は昨日は練習休み。故に今日が仮入部初日。受付は講義室。今日はコントラバスと管楽器が講義室で活動、他の弦楽器と打楽器は下の多目的室で活動。今日からは楽器体験の時間を長くしました。今年は本当にみんな熱心に繰り返しきてくれる。そういう意味では本入部を待たずに多くの人は連休明けにパート決定という感じになっていくかと。しかし、そのような中でも今日初めてという人も数人。せっかくこれだけ体験期間があるのですから、是非とも多くの部活動を回り、自分にフィットする活動を見つけて欲しいと思います。ただし、小学校のクラブ活動とは違い、楽しいだけが前提ではありません。どの活動だったら大変だけれど頑張れるかという観点も必要になります。オーケストラの場合も楽器の音が出て楽しいは、正直活動が楽しいと同義語ではありません。楽器の音を工夫し、合奏の中で自分の役割を実感した時に楽しいが実感できるはず。そこまでの道のりはやや険しい。でも、それが体感できた時には絶対にやってよかったと思えるはず。初めての人も含め連休明けにまた待っています。
 1年生が帰った後は新譜の練習。今後のイベント用に誰でも知っている「アンパンマンメドレー」を開始。とはいえけっこう本格的なオーケストレーションで年度の最初としての学習要素も非常にある作品。まずは一度合奏し、30分各自で練習、最後に再度合奏という形で今日は終了しましたが、この後に着実な個人練習が行われることを期待します。
 練習後はミーティング合宿以降初のインペクとの打ち合わせ。スタートの1ヶ月はよくみんなで協力して動いていると思います。しかし、それとともにやらなければいけないことも。まずは1年生の仮入部をどういうスタイルにしていくのか。少々、顧問に依存しすぎではないでしょうか。またコンビニやファミリーレスントランのような同じマニュアルでとは思いませんが、指導もやや個人のスキルに頼りすぎているように思います。少なくとも誰が教えても同じ内容となる必要性があるかと。また、指導は思い出すという観点でも、中学2年生、3年生が中心であるべきかと。その辺の体制づくりをぜひ行って下さい。
6

2018/4/29  19:53

ルフロン本番終了  クラブ活動

 ちょっと風が強かったですが、幸い天気にも恵まれ、川崎ルフロンの1階スペースでの演奏は2回とも盛況のうちに終えることができました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。
 定期演奏会終了から3週間後のイベントということで、当初はどうしようかなとも考えましたが、なんとか形にすることができてホッとしております。久々のショッピングセンターでの演奏でしたが、音楽を聴いて、だんだん足を止めてくださる方が増えていく本番というのもいいものですよね。もちろんコンサートホールでの演奏会も好きですが、音楽を聴くことが目的ではなく、その場にいらっしゃる方がどんどん聴衆になっていただける、ある意味演奏に対してのお客様の反応がわかりやすい、こういう本番は私は大好きです。
 さあ、次はオープンキャンパスと台湾の中高生オーケストラとの交流演奏会。今回は比較的レパートリーとなっている曲を中心に演奏しましたが、次回は新譜も入っていきます。そして、未だ決まらない交響曲の練習もスタートするはず。気づくと早くも4月は終了。流れ行く時間を大切にしていきましょう。
 本日のお客様の中には保護者のみなさまや新中学1年生も多数。本当にありがとうございました。1年生の皆さん、次回は一緒に演奏しましょうね!クリックすると元のサイズで表示します
8

2018/4/28  21:58

明日は今季初イベント出演  クラブ活動

 明日は川崎ルフロンにて今季初イベント出演です。13時〜と15時〜。よろしければぜひお出かけ下さい。
http://www.lefront.jp/event/detail.html?CN=244105
 さて今日は先週はミーティング合宿でしたので、見学期間初の土曜の活動。どのくらい参加があるかなと思いましたが、引き続き熱心な一年生が参加下さり、充実した時間でした。そろそろパート調整を始めていますが、早くパートを決めてじっくりとその楽器を練習したい人、初志貫徹でやりたい楽器をひたすら志したい人と様々かと。とはいえ、何かの要素で決定した楽器が縁というもの。ぜひ早くみんなが納得してパートが決定されていくことを願っています。入部に際してのご質問は本当にどのようなことでも歓迎です。むしろ入ったあとで知らなかったとかこんなはずではなかったという方が困ります。お気軽に私の電子メールまでお問い合わせ下さい。
 1年生が帰った後は再びグレセットで合奏。明日の出演は原則は中3以上ですが、このプログラムはこの後のイベントでもレパートリーにする予定。そういう意味では突貫作業だったとはいえ、だいぶ形になって来ました。明日、多くの方が足を止めて聴いてくださることになるといいなあと思います。何にしても最初というのはたった1回。充実した時間にしていきましょう!
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ