2017/1/15  11:47

2017年度選曲会議  クラブ活動

 金曜、土曜は練習後に所用があり、更新できませんでした。学校の方は予想以上にインフルエンザの流行があり、状況によっては学年閉鎖や部活中止等があるかもしれません。やはり練習ができるうちにやれることを確実にこなしていくということが肝要だと思います。
 金曜は今週たった1回の全体練習。最初から合奏。まずは1.2楽章を通しました。みんな自身が決めた予定ではありますが、やっている本人が一番わかっていると思いますが、特に2楽章は全く形を成していませんでした。1楽章については、2楽章に比べたら出来上がっていますが、こちらもこのあと3月まで練習しなくて大丈夫というような、目指している状況とはかけ離れたものでした。今日現在、来週(明日からの)の練習をどのように取り組む予定なのか、インペクや演奏委員会からはまるで連絡がありませんが、当初の予定通り、明日からは3楽章でいいのでしょうか?
 昨日土曜はセンター試験。例年ですが、高2は(一部は高1も)プレセンター試験という形で模試形式で同じ問題を解くということがあるので、全体での練習はお休み。2017年度 第11回定期演奏会に向けての最初の選曲会議を開催しました。これは学年を問わず参加者には1票の投票権があり、やって見たい曲をお互いにプレゼンするという形で毎年開催しています。例年は私からも候補を提案するのですが、今年はちょっと考えるところがあり、私からの提案はなしという形でスタート。中1から高1までの約40名が参加して開催されました。持ち寄って来た曲はドボルザークの交響曲第8番とチャイコフスキーの交響曲第4番の2つ。例年に比べると少ないかなと思いましたが、どちらも堅実な名曲。やりたい人たちのプレゼンも的を得ていたように思いました。その場で投票。圧倒的にドボルザークの票数が多かったのは意外でしたが、候補が2曲ということで、今後は両方の曲を各自で勉強(スコアを見る CD等で演奏を聴く コンサートに出かける等)をしてもらい、例年通り3月に再び投票し、そこで決定する予定です。
 KGウェブでも連絡しておりますが、締め切りまでの期間が短く申し訳ありませんが、明後日(火曜)が学院クリスマスコンサートのDVDの申し込みの締め切りとなります。用紙が出せない方はひとまずメールでも構いませんので、希望される方は火曜までに連絡いただけますよう、お願いいたします。
6

2017/1/12  20:15

なぜみんなで話せないのだろう?  クラブ活動

 昨日は弦分奏、ブラームスの1楽章をみっちりやりました。雰囲気だけで弾いていた最初は細かな8分音符の刻み等が全く聴こえませんでしたが、はまってくると、不思議とそれらのリズムも聴こえてくるもの。本当はここぐらいまではパート練習でやっておいてほしいというのはさておいて、2楽章は全く手付かず状態。これで金曜に1.2楽章を完成という域まで持って行けるとは到底思えませんが練習終了。
 今日はトロンボーンがレッスン。他は管楽器分奏をみっちりやりました。こちらは1楽章すら通りませんでした。なんで
自分で演奏していて、しっくりしない箇所がそのままになっているのか、私には理解不能です。
 そして、共通することはこの2日間の練習後のミーティングで誰一人、21日に全曲通しだということに触れなかったことです。なんで、そういう目的意識を作るようなことができないのか。なんのために練習計画を立てたのでしょうか?これでは、言い方悪いけれど、試験前に試験勉強の計画を立てて、それに満足して、結果勉強をしない人とまるで一緒かと。
 水曜も木曜も昼休みや放課後に各担当の高校生が私のところに来ています。
 演奏委員会には、2月になってから全楽章通しはありえないわけで、とすれば21日か28日だろうけれど、この状況で21日通しで本当に大丈夫なの?強行して結果が伴わないのでは、悲しい思いをするのはみんなだよ?とも。また、細かな計画はみんなに伝わっているの?はい、パートを通じて伝わっていますとのこと。しかし、昨日の分奏ではチューニング終わって静かにみんな座っていたので、「今日は1楽章からやるの?2楽章からやるの?」と質問。すると、その場で相談し「昨日、レッスンで1楽章を見ていただいたので、1楽章からお願いします」とのこと。この突貫作業の最中ならば2楽章からだろうと思いながらも、1楽章を練習しました。いったいみんなの練習計画とはなんだろう?????という感じなのです。
 集客の件に関しても、では一体部員全体で何人ぐらいの方に来ていただこうという目安のような話し合いはしたの?と聞くとしていないとのこと。パンフレットについてもページわり案は見ましたが、このパンフレットや今年の演奏会は一体どういうコンセプトなの?というところは、何も考えがない模様。
 たしかに3つのセクションに分かれて作業はしてもらっているけれど、みんなが出演する演奏会なのです。自分の担当している箇所もそうではない箇所でも、なんでもっと干渉し会えないのだろう。無関心の集団でいい音楽は絶対に作れません。
 そういう中、練習場所がだいぶ出来上がって来ました。28日使用開始はようやく実現しそう。ご尽力いただいている皆様に感謝です。クリックすると元のサイズで表示します
8

2017/1/10  20:10

それぞれの目標のために  クラブ活動

 今日から練習再開。今日は弦楽器が活動日。Y先生にお願いして、1楽章2楽章の分奏という形でした。私は会議とその後ちょっと体調不良のため、病院に薬をもらいにいくため、練習は早退しました。練習内容はこのため現段階では不明です。
 昨年各委員会にいくつかの案件を期限を区切って検討をお願いしています。細かくはまた別途としますが、一番大きな問題は演奏委員会に対して、今後の練習計画を作ってほしいということです。遅くとも1月中にはブラームスを通す必要性があります。というのは、2月には委嘱してあるディズニーのメドレーが納品されます。2月は合唱コンクールもあり、ただでさえ少ない時間。2月は相当数の時間をディズニーに当てる必要性があります。また3月は期末試験が終わればすぐに集中練習。さすがに先生方のレッスンを譜読みには使いたくない。そこは共通理解のはずですが、さらに卒業生との合同演奏を展覧会の絵にするという。一体いつ練習するのだろうというところですが、なんとなくできるわけでもないので、では、ブラームスはいつ通せるのかを考えてほしいと依頼したというわけ。今日が練習初日だったので、今日を締め切りにしましたが、今週の練習で1.2
楽章は通り、来週の3回の練習で3楽章が通り、来週末21日には全楽章が通せるとのこと。言ったらやらないとね。でも明日の練習は合奏がいいとのこと。パート練習でお願いしますという感じだと、よく考えているなあというところですが、他人依存が抜け出せないのが今年の特徴なのかもしれませんね。まあお手並み拝見です。
 環境管理委員会には主に集客等広報関連をお願いしています。現在チラシの印刷が7000部。クリスマスコンサートで2000部配布。ではあと5000部の配布計画やコンサートに何人来ていただくことを目標にするのかを立案してほしいと依頼。こちらは年末に一度集まった模様ですが、○○ホールに何枚というように細く立案したのはいいけれど、集客目標が何名なのか?部員一人が何人呼ぶことを目標にするのかが不明な状態。何故、昨年までの流れを研究してプランニングしないのかが、私には理解不能です。
 さて、でも演奏会の日はやってくるのです。練習や演奏会準備で上級生が動き出すと、必然的に演奏会が近いなあという雰囲気になっていきます。団体全体を実はそういう雰囲気にしていくことが、いちばん大切でもあり、そして演奏会を成功させるたった一つの道であると考えます。再三お話している「こだわり」を今こそ見せてほしいと思います。
 
10

2017/1/9  18:58

オケフェス終了、さあ新学期  クラブ活動

 4日から練習していたオーケストラフェスタへ向けての準備。5日は幕張総合高校にお邪魔し、岡山朝日高校と日本を代表する2つの学校と一緒に練習させていただきました。私自身は4日の夜から泊まり込み。5日はフェスタ1日目だったので、朝から会場で仕込み。1日目のステージが動き出してから、大至急幕張に電車で移動という感じだったので、一番肝心だった3校合同でのパート練習がどういう感じだったのかは、現段階ではわかっていません。しかし、きっと練習ということに向けての自分たちとは違うこだわり等を感じてもらえたのではないかなと思っています。
 各校ごとの発表は2番目。もっと雰囲気に飲まれるかなと、私としては思っていましたが、音程や最低限の表現等は忘れていなかった模様。そこは手応えを感じました。しかし、他の2校の演奏を聴いて、関東学院という学校のオーケストラより、もっと、もっとうまい団体があるんだということを正直に感じてもらえたら、それでこの練習の目的は達成できたのかなと思います。このところ、オケフェスでも後ろの方の発表が多くなり(私がステージの責任者である為に、段取り的に楽)本当にうまい団体の演奏を聴く機会が少なくなり、それと同時に自分たちがうまいと感じている人々が多くなっていることを危惧していました。
 6日はオケフェス当日。今年は前半の発表のため、選抜オケを聴くと、すぐにチューニングへ。その途中に私もチューニング室に入りました。と同時に短い時間音出しをして、再び私はステージへ。この数年この形で対応していますが、オケフェスの本番自体は毎年なかなかいい演奏ができているように思います。今年も同様。短い時間を集中して演奏するというスキルは10年で本当に向上したなあと思います。メッセージカードも概ね好評。講師の先生方からも関心を持って演奏を聴いていただけているようで、本当にありがたいことです。
 また、今年は運営面でも卒業生5人が泊まり込みでスタッフをやってくれて、私としても非常に仕事がしやすかったです。次のステップとして、学内でいちばん大きな団体とか、オケフェス一番の参加人数とか、そういうことではなく、何か関東学院中高オーケストラ部としてのカラーというかブランドというかを徹底させたいなあと思います。そういう点で今回ご一緒に練習させていただいた2校は、この学校の演奏を楽しみにしているという全国のファンが確実にいる学校だと思います。私も模索しますが、まずは定期演奏会に向けて何をこだわるのか、みんなも考えて欲しいなあと思います。
 さあ、明日からは授業。早速練習計画の締め切りでもありますが、この後の一回一回の練習が全て定期演奏会のためにあるという時間にできたらと願っています。保護者のみなさまも新春早々、様々なご協力ありがとうございました。
9

2017/1/1  21:47

新年おめでとうございます  

 新年おめでとうございます。今年の元旦は快晴でしたね。穏やかなお正月をお過ごしのことと存じます。今年もよろしくお願いします。
 毎年はどこかに出かけて年越しというのが多かったのですが、今年は家で年越しとなりました。さらには仕事の全て終わった29日夜より久々に38度を超える発熱をし、年末はちょっとへばっていました。しかし、大晦日には復活。熱も下がったのでインフルエンザとかではなかったかなと。大晦日に攻めて年賀状ぐらい作成しようと作業を開始すると、ものの見事に我が家のプリンタが故障。買い替えとなりました。その再設定等でかなり時間がたち、残り数時間で少々大掃除をして、快速なだったん人を聴いて年越しとなりました。
 今日は年賀状作成。その後、奥さん実家に挨拶。先ほどまではウィーンフィルのコンサートをテレビ鑑賞していました。3年前からこのコンサートに合わせて、ウィーンのフェイスブックの友人が曲ごとにコメントをしてくれるのが面白く、気分はウィーンというところです。本当にもう少し近かったら、2泊で行けるような場所ならば、年間に何度でも行きたい、本当に素敵な場所です。
 4日から活動再開となります。つかの間の正月休みですが、皆さんも健康に留意して、休みを楽しんでください。オーケストラの卒業生に定例の通信を発送しました。現高校2年生が引退すると、オケの卒業生も早くも200人近く(正確には195人)になることに気づきました。今後はその卒業生の皆さんと現役部員の皆さんの接点も作っていきたいなあと思う次第です。
17

2016/12/28  19:18

2016年お世話になりました。  仕事

 練習はとうに終了していますが、今日をもって私も2016年の仕事納め。今日はクラスの保護者の方との面談と高校3年生の講習。その後は事務作業を処理し、最後にオケフェスの事務局の仕事。さきほどようやくメールで発送し、仕事納めというところです。またすぐ4日から仕事ですが、それでも一段落。ちょっとほっとした気分です。
 2016年度のオーケストラ部は道半ばというところ。このところブログでも記載していますが、どういう活動がしたいのか、今一度その部分をつめていかないといけないなあと思います。と書いていて、一つやり残した仕事を思い出しましたので、まだ納められないです…。
 写真は今日現在のプレハブ。基礎工事は終わった模様。このスペースが使用開始できれば、もう少し活動もしやすくなるとは思います。でも、今は環境よりも中身かな。
クリックすると元のサイズで表示します
これは先週の写真
クリックすると元のサイズで表示します
こっちが今日の写真。
 2016年もお世話になりました。まだ年賀状も一枚も作っていませんが、明日からは少々プライベートな時間にしたいと思います。更新は新年とさせて下さい。2017年も引き続きよろしくお願い致します。
16

2016/12/25  20:26

何のための部活  クラブ活動



 年内最終練習。今日こそは幸せな気分でお互いに終われるように、心から願って学校へ。13時音だし、余裕を持って13時2分に練習場に。しかし、未だチューニングが行われていない…。知っていながら、いきなり合奏。通したところで「今の演奏がオケフェスのステージだったら、納得いく時間だった人?」と質問。そういう聞き方だったからか、「よくなかった」という人が4割?あとはよくわからないという感じ。「問題は、よくなかったと感じた人よりも、よくわからないという人だよね、どういう演奏をしようとするのか、そういう気持ちを持たないとね。私はチューニングもしていない割にはやりたいことが全面に出るいい演奏だったと思うよ。じゃあもう一回」もう一度通し。「明らかに1回目より2回目の方がいいよね。ただ、オケフェスは指や身体があったまるまでじっくりとリハーサルができるわけでもないし、少なくとも6日まではその日の最初の演奏にこだわらないとね、では楽器を置いて全員音楽室に移動して下さい。」と指示を出し、音楽室に移動。全員でNHKのやや古い番組ですが、名曲探偵アマデウスというシリーズのフィンランディアを見ました。解釈はかなり独創的ですが、この曲の持つイメージ等をわかりやすく説明してくれています。終了後、「どうだろう?適当な番組があったからみんなで見たけれど、本当はこういう番組がなくても、この曲はどういうイメージなんだろう等を調べることも演奏するうえで必要なことだよね。楽譜を音にする際、どういう意図があるのかを考え表現することは、ブラームスやほかの作品でも同じだね。では、これを参考にして、各パートで1時間パート練習してみよう」と解散。
 廊下から各パートの練習を見ていました。わかりやすい番組があったせいか、あるいはようやく上級生のお尻に火がついてきたのか、気になる(こだわる)ところのあるパートは早速曲の内部を練習開始。しかし、あるパートのみ延々と基礎練習。開始から30分が経過したところで教室内に入り、今日最初のお小言を言ってしまいました。大切な練習時間の半分以上を基礎練習されてしまっては、イメージ作りどころではありません。基礎が不要なのではないのです。ただ何が必要なのか取捨選択をしないと。
 その後、礼拝堂に再集合。入場から全員でやり、2回通して合奏は終了。今の切なる願いはこの状態から4日の練習が再開されることです。その後、年度最後の練習なので、パートで分担し、礼拝堂掃除、講義室掃除、楽器庫掃除、選抜用運搬準備に分かれて作業。最後に全体ミーティング、そして高校生だけでオケフェスの細かな流れを確認して解散しました。終了すると、明日のトラック積み込みは行かないけれど楽器は積み込みたいという生徒がいたり、最終確認で講義室に行くと、掃除で満載のゴミ箱のゴミは放置されたまま。最後まで残っていたお二人にお願いして終了しましたが、今年は最後まで本当に大丈夫かという複雑な思いで練習終了です。
 大学入試の改革が話題になっています。以下はあるサイトからの引用です。
 現行の大学入試が知識の暗記・再生に偏りがちで、思考力・判断力・表現力や、主体性を持って多様な人々と協働する態度など、真の「学力」を十分に育成・評価していないという危機感があります。
「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」導入のねらいは、単なる「センター試験のリニューアル」ではなく、大学入試制度全体を、真の「学力」を評価するシステムへと変革することです。各大学は、従来の画一的なペーパーテストから、「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」とアドミッションポリシーに基づく様々な評価方法(面接、集団討論、小論文、高校での学習・活動成果など)を組み合わせ、受検者の学力を多面的・総合的に評価する入試へと、選抜方法を転換することが求められています。これにより、高校生が大学に入るための教育も、知識の暗記・再生が中心となるペーパーテスト対策から、真の「学力」を育成するための主体的な学びへと変わっていくでしょう。
 ぜんぜんオーケストラの活動と関係ないように思うかもしれません。あるいは最近そういうことを念頭にボランティア活動には熱心な生徒がオーケストラにもいます。しかし、オーケストラの活動こそ、こういう価値観に密接な関係があります。今日やったように、作曲家がどういう気持ちで作品を書いているのか、どういう演奏を各自がしたいのか。あるいは指揮者はどういう意図を演奏で要求しているのか。私は音楽を通して、相手の気持ちをくみとり、自分がそこに向き合うことが演奏活動だと思います。それこそが前述の「主体性を持って多様な人々と協働する態度など」につながるのです。
 オーケストラ部の活動で専門家になってほしいとは、これぽっちも思っていません。でも、今のみんなを見ていると、到底社会で生きていけないよと強く言いたいです。高校生には定期演奏会までの「行程表」をお渡ししました。きっと押し付けられたと思っていることかと。期日は区切りましたが、それでもまだ創意工夫の余地は残っています。新しい2017年が創意工夫に満ちあふれた活動に変身することを期待して、新年を迎えたいと思います。
12

2016/12/24  20:40

部活動って何?  クラブ活動

 最初に断ります。かなり主観が入ります。いやな方は読まないで下さい。
 年に1回か2回強く考えさせられるときがあります。年間にいったいどれぐらいの時間を部活動に費やしているのだろう?うまくいった演奏会やイベントのあとは、やった人にしかわからない強い達成感で、費やした時間そのものが結果に結びついたと、誰に評価されることもなく、一人で喜びます。
 逆にうまくいかなかったとき、本当に悩みます。あのときのやり方が違ったのか、こういう練習をしておけばよかったよか等。5学年の生徒がいる活動なわけで、特に最終シーズンはたった1回。なんとかベストなシーズンであったと感じてもらいたい。
 ただ、最善の結果というのは、着実な準備がなくて、味わえることはありえません。これだけははっきりしています。この前のクリスマスコンサートの成功はもちろんシュミット先生の力の影響は大です。しかし、それ以前に着実に譜読み等の練習があり、基礎ができていたから、本番に向けて爆発的な力が働いたのです。
 2016年度の活動もいよいよまとめの時。卒業生の皆さんとの演奏曲も一応確定。オケフェスそして定期演奏会と本当の意味で追い込みです。しかし、いったいみんなは何がやりたいのか?まるでわかりません。理解したくてお話しても、それがお仕着せと感じてしまうのだろうとも思います。こんなに悩むならいっそのこと練習辞めちゃおうかなとも。世間はクリスマスイブ。私も皆さんもお互いに膨大な時間を練習に費やしているのです。費やした時間ぐらいの達成感を味わうためにも、何をやろうとしているのか、今一度考えませんか?
 流れ行く時間だけ、その速さに、私だけが焦っているのかもしれません。またそういう団体にしてしまった責任は確実に私にあります。しかし、やはり言われたことだけに対応し、自分たちで創意工夫をしない。これは本来のオーケストラ部ではないと私は考えます。明日は年内最終練習。ほかの学校と一番接触の多い、オーケストラフェスタ。よその学校の活動の良さをぜひとも吸収してほしいと思います。
10

2016/12/23  18:54

ラストクリスマスフェスティバル  クラブ活動

 今日は学校が模試会場となっており、再び会場での説明会前に演奏。それも午前午後2回という形。しかし、その合間には練習ができるということで、オケフェス間近、集中練習という感じでした。
 まずは10時集合。そこにいるはずの人がいなかったりのハプニングはありましたが、そのまま本番に突入。説明会と説明会の合間だったのと、クリスマスソングだったということもあってか、和やかな感じで演奏ができたかなというところでした。終了後は講義室に戻り、みなさん的には休憩かなとか思っていたようですが、即フィンランディアの合奏。午後のパート別に備えての課題を抽出したつもりです。なんとなくフィンランディア=易しい というような雰囲気があるようですが、本日合奏で指摘したことは、本当にこだわりたいところです。とはいえ、その部分を修正していくと、予想以上によくなっていく。これならば、午後の本番はフィンランディアをやりたいなあと思いましたが、やはりクリスマスソングにして下さいという、説明会コーディネーターの一言で没…。私としてはもうクリスマスが終わった気分ですが、世の中は明日がクリスマスイブですしね。
 昼休みをはさんで、パート練習。そして再度合奏。ちょっと輪郭のぼやけた演奏だったのが、いい意味でシャイプアップされた感じで、年明けが楽しみになってきました。そして、再び本番。今年はこのクリスマスフェスティバルを全部で4回演奏する機会に恵まれました。来年もまた各所でクリスマスソングが演奏できるといいなあと思います。この曲は7年前?学院クリスマスコンサートがリニューアルして、オーケストラ部として初出演した際に演奏した曲。以来、お蔵入りしていましたが、そのころと比べると本当にまとまった演奏ができるようになってきたなあと、少々しみじみと感じています。
 本番後、短く2楽章を通しましたが、こっちは昨日の練習が何も反映されていない、ふりだしに戻ったみたいな感じでした。
 さあ、これで年内練習はあと2回。さらに本番もオケフェスと定期演奏会だけになりました。レパートリー作り頑張らないと。
8

2016/12/22  21:33

2時間半ぶっ通し  クラブ活動

今日は最初に弦分奏。その間管楽器はパート練習。ブラームスの2楽章の弦を固めたく、この形でスタート。とはいえ管楽器も見たいのですが時間がなく、管楽器は一応明日のつもり。この楽章はこれぞブラームスというような、各パートのリズムが入り混じり、各拍の頭しか合わないということが頻繁になっています。それらを各パートごとに細かくチェック。1時間ちょっとの時間でしたが、なかなか整理されてきたように思いました。そのまま管楽器も座ったので引き続き合奏。ちょっと管楽器は細かなチェックをしていないので気になる箇所はありましたが、これで2楽章も輪郭はつかめたかなというところ。その後、そのまま3楽章に突入しましたが、こちらはまだ何も準備できていないという感じ。日曜までに少しだけでも踏みこみたいところです。
終了後は明日の本番用に一度クリスマスフェスティバルを通し、移動があったので今日は終了。気づくと弦楽器は結果2時間半、まるで休憩のないハードな時間となってしまいました。申し訳なかったです。明日は短い本番二回とその間はみっちりパート練習予定です。10時練習開始です。よろしくお願いします。今年の練習もあと3回。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ