共和金型製作所HPへ戻る

2015/8/8

「コスト」「品質」「納期」  ビジネス

「コスト」「品質」「納期」
この三つはどれも重要な要素ですが、あえて順番を付けるとしたらどれが一番重要なんでしょうか?
今回は、これについて考えたいと思います。

取引先が一番重視するのは「コスト」です。
「高品質の金型を納期通りに完成させる」というのは、取引先からすれば「それは当然でしょう」という事なんです。
そもそも過去の実績から「品質」と「納期」において合格点を取れている金型メーカーに見積もり依頼しているわけですから、コストが他社より「目立って」高ければ、仕事は受注出来ないんです。
初めての取引の場合はもっと単純で、コストしか比較する手段がありません。
他社との価格競争は不可欠であり、これに勝ち上がって仕事を獲得しなければ、品質の良さをアピールする事も出来ないのです。

仕事が決まり金型の製作に進むと、当然取引先は「納期」を重視します。
我々も納期に間に合うように工程管理して作業を進めます。
単に「納期」だけを考えるのではなく、当然「コスト」と「品質」も考えながら作業します。
加工ミスは防ぎ、無駄な時間や工程を削減し、時間をかける必要がある工程はじっくり作業します。
100%内作では納期に間に合わないのならば、コストを考慮しながら外注加工も利用します。

金型が完成し、納期通りに取引先に納入し終えると、最後は「品質」段階になります。
まずは問題なく鋳造出来て、品物が無事に取り出せるかという事が重要です。
試作が中止になってしまうようなトラブルが発生しては、取引先に多大なご迷惑をお掛けしてしまうのですから。
無事に品物が取り出せたら、次は測定検査待ちとなります。
我々としては一発合格を目指していますが、たとえ図面通りに金型が出来ていても、アルミの収縮率の誤差により多少の修正箇所は出てしまいます。
とにかく修正箇所を早急に改修し、金型を合格させ、出来る限り早く量産に入れる事を目指します。

どんな事でもそうですが、一番重要なのは「結果」です。
取引先の納得出来る「コスト」と「納期」であったとしても、試作が中止になってしまったり、5回くらい試作と修正を繰り返してやっと合格するような金型では、お客様は評価してくれません。
「あの金型屋は安いけど駄目だ。もう頼まない」となってしまうでしょう。
つまり、中長期の視点で見れば「品質」が最も大事なんです。
高品質の金型を作り続ければ取引先からの評価も上がるわけですし、たとえコストが他社に負けていたとしても「金額は高いけど、良い金型を作るから」と仕事を頂けるようになるわけです。
それに、質の良い金型を作れるという事は、コストパフォーマンスやタイムマネジメントに関してもしっかり管理されているはずなんです。

さて、「コスト」「品質」「納期」の三つの重要性について考えてきましたが、実はもっと重要な事があります。
それは「意識」です。
ただ闇雲に仕事しても、何も考えずに同じことを毎日繰り返しても、良い仕事は出来ません。
「コスト削減」「品質向上」「納期短縮」を常に作業者が意識して仕事するからこそ、それらが実現するわけです。

仮に「コスト」「品質」「納期」のすべてが全く同じ金型メーカーが複数あったとします。
こんな時、どこに依頼するのか迷ってしまう事でしょう。
ただ、「コスト」「品質」「納期」が全く同じでも、中で働いている人は違います。
ここでも「意識」が重要で、営業担当者の仕事に対する姿勢や熱意などから「この人になら仕事を任せられる」と取引先から評価される事で、仕事の受注につながるのです。
そのためには、常日頃からコミュニケーションを取ることを「意識」する事が重要なんです。

仕事に限らずどんな事でも「夢」や「目標」を持ち、それを実現さるせためにはどうするべきかを「意識」して行動しましょう。
そうしなければ、「夢」も「目標」も永久に実現しませんから。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ