共和金型製作所HPへ戻る

2015/10/11

来年の手帳  手帳

この時期になると、書店や文房具店などで来年の手帳が店頭に並びます。
さっそく私も、来年の手帳を買いに行きました。

2012年から今年まで4年連続で高橋書店『リシェル』のリンクアップ式を使っていました。
使い勝手に慣れてしまったので同じ手帳でも良いのですが、そろそろ別の手帳も使ってみたくなりました。

雑誌やネットで色々と調べてみると、コクヨの「ジブン手帳」が人気があるようなので、とりあえず実物を見てみようと思い、事務キチの富士吉原店に行きました。

「ジブン手帳」は、スケジュール管理の「DAIARY」、メモ書き用として自由に使える「IDEA」、そして人生のあらゆる事が書き込めるライフログ帳の「LIFE」の3冊がセットになった手帳です。
「DAIARY」は年間、月間予定表はもちろん、24時間軸のバーチカルタイプの週間予定表に加え、プロジェクト管理に便利なガントチャートや口約束を文字管理するプロミスリスト、さらには「お金の管理」「お気に入りの言葉」「プレゼント管理」「読書記録」「映画鑑賞記録」など、いろいろついてます。

「ジブン手帳」が他の手帳と一番大きな違いは、やはり「LIFE」ですね。
0歳から99歳までの自分史を記録出来る「ジブン年表」や、「人生でやりたい100のリスト」「人生の夢リスト」「座右の銘リスト」「記念日リスト」「家系図」「パスワードヒントリスト」など、今までは各自が手帳のフリーページや別のノートに書いていた事を、「ジブン手帳」は標準装備しているわけです。

店頭のサンプルを5分くらいは見ていたかと思います。
「DAIARY」は、今までバーチカルタイプの手帳を使ったことがないので、使いこなせるか不安ではあります。
ですが、ガントチャートがある手帳は、まだまだ少数派なので魅力的です。
「LIFE」は他の手帳にはない機能なので、非常に興味を持ちました。
今回「ジブン手帳」に決めた最大の理由は、「LIFE」を是非とも使ってみたくなったからです。

サイズはA5スリムサイズのスタンダートと、B6スリムサイズのminiの2種類があります。
価格はスタンダードが定価3800円、miniが3500円、事務キチは20%オフですが、それでも今までの手帳の倍の価格です。
文字サイズ的にはスタンダードが良いのですが、持ち運びはminiの方が便利です。
かなり悩みましたが、初めて使うので、今回は価格の安いminiを購入しました。

ネット検索すると、皆さんが色々な使い方やカスタマイズしているのを見ることができます。
それらを参考にして、自分なりの使い方をこれから考えたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ