共和金型製作所HPへ戻る

2017/5/21

車の「D」ランプが点かない  

私は自家用として、スズキのkeiという軽自動車を所持しております。
新車で購入してから今年で12年目、走行距離は約8万5000キロです。
6年目と10年目にタイヤとバッテリーを交換した以外、特に不具合はありませんでした。
しかし去年くらいから急激に調子が悪くなりまして、部品交換や修理をしてもらう事が多くなりました。

昨日の夜、運転中にドライブの「D」ランプが消えているのに気が付きました。
出発時は点灯していたのですが、長い信号待ちの時にニュートラルにしようとしたら、「D」ランプが点いておりません。
コンビニの駐車場に停止させ、再度エンジンをかけましたが、やはり点灯しませんでした。
「D」は一番使う場所ですから、たぶん玉切れだろうと想定し、ネットで修理費を検索してみると、
2〜6千円くらいのようです。
「明日の朝、親戚の修理工場に電話してみるか」とも思ったのですが、色々とネット検索していると、自分で修理してといる人のブログを発見しました。


という事で、今日はこのブログを参考にして、作業してみました。
ブログに書いてあるように、メーターカバーの取り付けが硬くて苦労しましたが、はめ込み部の破損もなく、上手く外す事が出来ました。
「D」のランプを外して新しい物と交換するつもりでしたが、電球が硬くて全然外れないため、新品を買うのはあきらめて、殆ど使用しない「L」のランプと入れ替えました。

あとは元通りに組み付け、エンジンをかけると無事に「D」が点灯しました。
作業時間としては5分くらいですね。

今後も何か不具合が出た時は、まず自分で修理や交換が出来るのか調べるようにしようと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ