2011/2/5

阿蘇草千里早春  
阿蘇草千里早春です
昔の火口跡がちょうどお皿のようで、火口縁の高い所と
くぼ地に残った雨水の対比が、火口の広大さと荒れ地に
生えた背丈の低い草ぐさが印象深くしています。
どの季節に来ても人の心を掴んで離しません。クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/2/5

オンフルール町のヨットハーバー  
フランスノルマンジー地方のオンフルール町のヨットハーバーです。
大西洋を眺めるこじんまりしたハーバーです。
時間は夕方近くでした。潮風は凪いで水面は穏やかでした。
ヨットと建物の調和が素晴らしく、異国情緒を感じました。
寒さ厳しい様で、暖炉の煙突が、各建物にあるのが印象的でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/2/5

ノートルダム寺院後面からの眺め  
パリ・ノートルダム寺院後面からの眺めです
セーヌ河中州シテ島に鎮座します有名な寺院で
正面の眺めより後面の方が、優美な飛び梁が
眺められ、ゴシック建築の工夫が偲ばれます。
イタリアミラノの大聖堂もダイナミックですが
こちらは、フランス人のエスプリ感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/17

岩国錦帯橋にて遊ぶ女人  
岩国錦帯橋にて遊ぶ女人です。
錦帯橋全体像は描いていますが、
何か不満で他に探していました。
天界から天女が雲に乗って下界に降りてくる
情況に似た構図を考え絵にしたものです。
住吉大社の太鼓橋等では空中に浮かぶ浮揚感は
出ません。やはり錦帯橋ならではと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/1/17

阿蘇外輪山的石  
外輪山内側にある絶壁部分を阿蘇火山側から見て
弓矢の的に見立てたもので地名がついています。
裾野はなだらかで木々がありますが
急峻な部分は荒れ地で草しかはえません。
上のほうにある帯状の段差は火口湖の喫水線の
名残のようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/17

阿蘇外輪山尾ヶ石  
太古の阿蘇山が大爆発して残した火口壁を
内側から眺望したもので火口原との標高差は
約300m有りその断崖絶壁は英人コナン・ドイル
秘境物語失われた世界を彷彿させます。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/12/7

ベニスドォカーレ宮殿とサンマルコ寺院  
ベニスドォカーレ宮殿とサンマルコ寺院です。
この構図は3回目です。
その雰囲気を掴もうと都度配置、配色を変えて
トライしております。今回はF6号で前作のF30号
より縮小サイズですが感じは良く出ていると
自賛しています。大作の苦労が実りました。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/12/7

イタリアフィレンツェ 花の教会  
イタリアフィレンツェ 花の教会です。
2回目のトライです。ドウモを主体に
よりクローズアップしました。
平板な街並みの中にニュツと飛び出て
主張している姿はさすがカトリックの
国と感心しました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/7

吉野蔵王堂仁王門  
国宝の吉野蔵王堂仁王門です。
1338年建立で高さ20mあり重層
入母屋造りです。実際の風景では
画面右半分は民家に邪魔され見えません。
近くで確認し画面上で制作しました。
豪壮な感じで修験者もこれを見て
安堵したことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/7

岩国錦帯橋  
岩国錦帯橋です。
6月O.B会で宮島と錦帯橋への
1泊旅行で見物した場所で
青葉の候石と木の組み合わせが妙で
感心しました。
独特のアーチと季節を彩る背景の
山の木々も、勢いを感じました。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ