菊川市茶業協会「新着情報」

 
 こちらは、静岡県菊川市特産のお茶“菊川茶”のPRを行っている、菊川市茶業協会の新着情報を掲載しています。
 菊川市では茶葉の特長から「深蒸し茶」が多く生産されています。ぜひ、菊川の深蒸し茶をお試しください。

菊川茶イメージキャラクターちゃこちゃん
菊川茶イメージキャラクターちゃこちゃん
Illust:Y.Koyama
菊川市茶業協会
 〒439-8650 静岡県菊川市堀之内61(菊川市役所内)
  TEL 0537-35-0954 / FAX 0537-35-2114

菊川市茶業協会のホームページへ


★本サイト内の画像や文章などの無断転載を禁じます。

カレンダー

2016年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2012/5/11

交流定住促進
   グリーンツーリズム事業を開催
 
クリックすると元のサイズで表示します

4月29日(日)菊川市東横地の赤堀逸夫さんの茶園において、山梨県・神奈川県から166名のお客様をお迎えして、お茶摘み体験ツアーが開催されました。
 このイベントは、菊川市を五感で感じていただき、菊川市の魅力を人から人へ情報発信していこうという企画です。
 午前10時前に大型バス4台で到着した皆さんは、到着早々、お茶摘みに熱中!!!!2時間余の間に約150kgを摘み取りました。

クリックすると元のサイズで表示します休憩の間には、地元観光協会や農業振興会が用意した特産のメロン・トマト・イチゴ・農産加工品、かりんとう饅頭・ラスク・抹茶大福・地酒の試食を楽しみ、菊川市を満喫していました。

クリックすると元のサイズで表示します新緑の茶園と自然豊かな景観が更に住みよい菊川市をアピールし、参加者からは「自然豊かで空気が美味しい。人が住むには理想だね。来年もまた来ます。」とのうれしいお言葉もいただきました。
 このイベントを通じ、菊川市の名前を知っていただき、菊川茶を飲む人、菊川市に足を運ぶ人、菊川市に住みたいと思う人が一人でも増えてほしいと願うばかりです。
本年度の秋には、同様なイベントを3回予定していますので、お楽しみに・・・・・!


1
タグ:  茶摘み 菊川

2011/10/28

菊川茶でインフルエンザを予防

 「深蒸し茶発祥の地」菊川市の児童の緑茶飲用とインフルエンザ発症の関係を研究する静岡県立大学薬学部(医薬品情報解析学分野)山田浩教授らの研究グループの論文が、アメリカの栄養学会の雑誌「ジャーナル オブ ニュートリッション」(世界が認める科学雑誌)に掲載されました。

 臨床研究は菊川市立総合病院の松下久美先生と協力し、2008年11月〜09年3月の冬場に掛けて菊川市の全小学校児童2,663人を対象に、2回の調査が行われました。インフルエンザの発症は,緑茶の飲用習慣が1日1杯(200ml)未満の小学生と比べて,1日1〜2杯で38%,1日3〜5杯では46%も減少していたと報告されています。
 山田教授は「緑茶をほぼ毎日、適量飲み続けるとインフルエンザを予防できる傾向が見られた」「世界で貴重なデータと認めてくれたことは、緑茶の効能を世界にアピールできる機会となる」喜びを語っています。

 菊川市内の小学校児童は毎日、水筒を持参します。中身は緑茶が大半。他の地域からするとちょっとビックリな習慣です。加えて、23年度には市内全小学校に給茶機が設置されました。
 菊川市は、茶産業の発展とともに子ども達の健康を願い、インフルエンザの予防だけでなく、多くの効能がある緑茶を飲む機会の創設に取り組んでいます。


3

2011/9/26

4代目菊川茶娘決定! 
 
 菊川茶を全国にPRします。

 9月23日(金・祝日)、菊川市町部地区センターにて、4代目菊川茶娘コンテストの二次審査会が行われました。18歳以上の県内在住の方からの募集を行ったところ、46名の応募があり、一次審査(書類審査)を通過した30名が、二次審査(面接審査)に挑みました。
 自己PRによる私服審査を行った後、質疑応答による茶娘衣装審査を行ない、10名の4代目菊川茶娘が決定しました。
 10月30日(日)に開催される「ODORA THE 菊川」が、4代目菊川茶娘の初仕事となり、今後2年間、菊川茶のPR活動に協力していただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 茶娘 静岡 菊川
投稿者: 菊川市茶業協会
詳細ページ - コメント(0) | トラックバック(0)

2011/7/29

 福島第一原発の事故により放出された放射性物質の影響が心配され、関東・東北を中心とした各地点で計測が行われています。特に低年齢層への影響が心配され、小学校などのグラウンド、プールなどが重点的に検査されています。
 メディアでよく聞く放射性物質はセシウムとヨウ素です。ヨウ素131は半減期が8日、セシウム137は30年と公表されています。セシウムは体に取り込まれても40〜60日で半分ほどが排出されるということです。この排出をもっと促す食べ物や飲み物は無いものか、というところで、某週刊誌に「りんごに含まれる成分でアップルペクチンが子供たちを救ってくれるかも」と過去の研究成果を添えて報告しています。
 さて本題です。放射性物質の除染強化食品(放射線の人体への影響の軽減が期待できる食品)として、お茶のエピガロカテキンガレールという成分が上げられています。お茶には、活性酸素の成分を抑え、消し去る成分が含まれているということです。どこでも手に入り、日常的に飲まれているお茶に効果が期待できるなら、こんな手軽な対策はありませんね。
 菊川茶は、放射性物質の検査も実施され、暫定規制値以下で安全が確認されています。菊川の深蒸し茶は、渋味が少なくまろやかな味と濃い水色が特徴で、夏場は冷茶でも美味しくいただけます。放射性物質から身を守る成分が含まれ、体にも良い成分が沢山含まれる「菊川茶」を是非、お飲みいただければと、ご紹介します。
4
タグ: 静岡 菊川 
投稿者: 菊川市茶業協会
詳細ページ - コメント(0) | トラックバック(0)
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/14 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ