2014/8/28

アカヤマドリのクリームパスタ  料理

待ってました!今夜はアカヤマドリ料理。

クリームパスタです。

こちらが完成図。
クリックすると元のサイズで表示します


昨年食べた時の濃厚な風味が忘れられません。

日中は出荷作業、山にも入ります。子供の野球に学校に保育園に掃除に洗濯に・・・
と、忙しい嫁なので、リクエストしてもなかなか叶わず・・・。
(自分で作れって話ですね)

あいにく私は料理は全くダメなので、全て聞きかじりです。

1)まず、アカヤマドリ、お好みの大きさに切ります。
 ひとくちサイズでいいかと思います。

2)みじん切りにしたニンニクと一緒に、オリーブオイルで炒めます。

クリックすると元のサイズで表示します


3)塩、胡椒、鷹の爪(輪切り)で味付け。

4)生クリームを注いで混ぜます。

クリックすると元のサイズで表示します


5)茹でたパスタを入れてできあがり。

家に帰ると玄関ですぐにそれと分かります。
濃厚な香り。

おそらく当店で扱うきのこの中でも1,2を争うほど、濃厚です。

味も負けずに超のつく濃厚具合!

いろんな横文字調味料や隠し味をふんだんに使用して生み出した味か、とおもいきや、

「え!? 塩コショウだけ!?!?」

信じられませんっ!!

聞けば3番目の息子。
炒めた段階で味見させたら・・・

「おかわり!」 

「おかわり!」

の連続攻撃だったそうな・・・

4歳児の胃袋をも鷲掴みです(^^)

しかも料理の途中段階で!

彼は、あみ茸は苦手だったみたいですが、アカヤマドリはたいそう気に入った模様。

あみ茸は僅かしか無いので、パパのおつまみに残してアカヤマドリを食べてくれ(^^)
アカヤマドリは大豊作のため、今のところ、いっぱいあります。

松茸、しめじや舞茸ばかりがきのこではありません。

ヨーロッパでは大人気のポルチーニ?セップ?の近種だそうです。

確かに、洋風料理によく合います。

何故でしょうか?
昨年、今年と2回しか味わったことがないメニューですが、非常に懐かしく、昔から食べていたような錯覚を起こすので不思議です。

虫の入りやすいきのこですが、あまりに美味いため、全く気になりません。
我が家では「虫出し」すらしません。
(風味が逃げてしまうのがもったいないので)

オリーブオイルで炒めた段階のものをパンに挟んで食べましたが、こちらも美味でした。

今年は大豊作ですが、さすがに終了が近いと思われます。
最後のチャンス、是非お試しください。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ